今月で「カクヨム」に参加させて頂き一年が過ぎました。

 ネット時代。
 自分が書いた文章を公開し、同じ嗜好の人々と批評し合える。良い時代になったモノです。

 強く「作家志望」がある訳でも無く、「誰に評価されずとも、自分の中で満足いくものであれば良い」そう言うスタンスだったのですが、、、、

 思うトコロあって「作品としてはともかく、文章として人が読むに耐えられるのか?」それが気になりだしました。

「つまらない」はともかく、「読めないよコレ、何かいてあるか解らない」では、お話になりません。

 誤字脱字はともかく、文章的にはマトモなはず?と、本人は思っているのですが、はたしてそうか?


 ワタクシ、実は過去に一話だけ書いた小説(未完)を同人即売会で300円で売る、簡単な旅行記を100円で売ると言う「犯罪」に手を染めた事があります。m(*T▽T*)m オ、オユルシヲ・・・

 あ、友人と合同の同人誌で、ま~ごちゃ混ぜっぽい作品で、友達同士の付き合い的な売買でソコソコは売れたようですが、感想などはもらってもないし、中身の評価を確認もしていません。

 「自分が書いた」ただソコに満足があっただけです。

 あれから、、、年!!


 ある事がキッカケで「シ・ノ・ビ」を書きあげ、そして満足しておりました。
 これは色々とあって短いながらも完結まで書ききった自身初の作品となります。


 シナリオ作りと言うモノはTRPGと言うゲームを嗜んでいたおかげで100は作ったと思います。大体この遊びをやると、自分も話がつくれる、文章が書けると言う錯覚に陥り、いざ書き始めると挫折します。

 「シ・ノ・ビ」も切っ掛けはTRPGシナリオ制作経験が自身に筆をとらせる動機の一部だった訳ですが、書き始めから完結させるまで、「書ききる」と言う非常に強い動機と「締め切り」まで存在しました。(自分ルールです) テヘヘッ(*゚ー゚)>

 おかげさまで「物語を書くと言うコト」を知る事が出来ました。

 それはそれで良い経験だったのですが、それから1年後、2作目「夏休みの国」を書いた後に「フッと、知りたくなった。」と言うのが「カクヨム」投稿の次第で御座います。


 おかげさまを持ちまして、「詩」
「その身に「知性」と「決意」の角を備え。迷い、引き返しながらも道を探り、山の頂を目指さんとするケモノよ。」
 には、幸先から星を頂きましたコトを感謝しております。
 (システムになれるコトと、練習のつもりだったのですが、何でこんなタイトルになったかな~。 ((^┰^))ゞ テヘヘ)

 「夏休みの国」も、評価頂いたことに感謝しております。
 何よりもこの作品は「絶対に書く事は無い」と思っていた「恋愛」小説!!
 いや~人生って何があるか解らないね。 ぉお!!(゚ロ゚屮)屮

 才能は無かったと言う現実と共に、少なくとも「読めない文章」では無いと言うコトが分っただけでも今後の励みになった一年でした。

 これからも我が道を行く「道標」を見た気がします。書きたい物語は沢山あるのですが、文章が中々まとまりません。
 でも、ま~ぼちぼちとこれからも「物語」かきづづりたいと思います。


 いつか来るかもしれない、目的達成のその日まで。
 
 読んで頂いた皆様に。
 応援、コメントレビュー下さった皆様に!
 :*:゜・☆ヾ(TωT。)了└|力"├♪

 

8件のコメント

  • こんにちは。
    ありま氷炎です。
    状況ノートの内容とは関係のない、コメント書いてしまうことをお許しください。

    自主企画にご参加いただきありがとうございます。
    「ブライド プレパレーション(Bride Preparations)」
    2期14まで読みました。
    ネタばれ感想になると思い、空欄を多少開けてから書きます。




    独自の世界観、用語から、かなりの時間を使って設定を練っているのだなと感心してしまいました。
    オークなどはファンタジーでは定番なのですが、それにも独自の感性を入れていて興味深いです。
    内容は花嫁戦記と題してあるので、もっと甘い話を想像してました。
    ところが、本当に戦記、戦い、剣、魔法、流血で、心が躍りました。
    一期ではアリアが、奥様とか夫人と呼ばれ、喜んでいる様子がとても乙女でしたね。
    二期では、アリアが小さいとき、あの人が可愛らしくて驚きました。
    どのようにして、彼女が恋に落ち、「あの人」と呼ぶようになるのか楽しみです。

  • また来ました。ありまです。
    花嫁戦記 3-2まで読みました。

    あの人の出番が終わってしまった!しかも子供のときだけ?心の変化もまだ微妙なところで終わってしまって、花嫁戦記三に来ましたね。

    二のアビザルとベールデナの戦いよかったですねぇ!(回想でしたけど)
    男の戦いでした。
    ずっとアビザルを応援しておりました。
    彼は何か苦労人、いや人じゃなかった。
    苦労オーク(鋭鬼)ですね。

    あの人の出番を待ちつつ、アリアの動きに期待しております。

  • こんにちは。また遊びにきました。ありまです。
    花嫁戦記3-15まで読みました。

    いよいよ9万文字を越えましたね。
    明日、いえ今日までで10万文字越え頑張ってください。

    さて、下記が感想です。
    今回は女の子のお風呂シーンがなかなかムフフでしたね。
    オチがついてましたけど。

    押し付けられた命がけの任務の前に、サールの過去ですね。サールは本当よくできた美男騎士ですよねぇ。
    金髪君……。
    これから明かされる、過去。
    どうなっちゃうのかな。

    そういえば、個人的にアリアが幼少の時は、完全に竜族で「優しく」なかったのに、今は「死んで欲しくない」というくらい、「優しく」なった理由が知りたいですねぇ。
    まあ、それがあの人とのかかわりからだとは思うのですけど。

    10万文字まであと少し。
    がんばってください。

  • こんにちは。
    状況ノートへのご返信ありがとうございます。
    さーて金髪君の過去ですが、アリアの過去がまだはっきり書かれていないまま、書くのはやはり主人公としてちょっと薄くなる感はありますね。
    あくまでも私の主観です。

    「もう一人の花嫁」まで読みましたが、レティシアの存在感がぐっと増しました!
    次回からはアリアに戻るので、大丈夫かな??
    主人公はあくまでも奥様ですからね。


    それでも、金髪君の過去を書くのはいいことだと思いますよ。イケメン、しかも、幸うすそうなイケメンは女性には人気なのです。(ここも主観)

    バランスが難しいですよね。

  • こんばんは。久々の更新ですねー。

    戦記も4の2まできました。
    やっとアリアの話に戻ってきた。
    レティシアとサールの過去、目的はまだいまいちはっきりわからないのですが、濃かったですね。
    特にレティシアが。あんなに情熱的だなんて思いもしなかったです。
    きっとサールも知らないそう。
    というか、サールは思ったよりも純粋なんですね。

    さーて、アリアの作戦はうまくいくかな。

    早く、成長したマリシアスを見たいなあ(ア、読みたいか)

  • 今日もこちらにきちゃいました。
    4-6までの更新お疲れ様です。
    応援メッセから感想書けたらいいのですが、今日も規定を読んだらだめっぽかったので、こちらに書きます。(フォローはブックマークであり、評価ではないと説明するつもりです。なにかあれば)

    さーて、サールはやはりいいですね。
    好青年。鬼火というか残火を「自由の神」の「国」に届けてあげたいとか、どんだけ好青年だ!
    レティシアもにまにましそうですね。(←してない、してない)


    コボルトがんばった!
    アリアも頭領として成長していってますね。
    ほろっとマリシアスを思い出したり、乙女を残しつつ。

    これからもっと辛い戦いになるんですね!

    バトルを書くのは好きなんですが、下手の横好きなので、参考にしたいなあと思ってます。

  • こんばんは。
    4-9まで読みました。
    スフィーネとパセットの話でしたね。
    えっと見逃していたっけ?と少し読み返しましたが、応援コメントにお邪魔して、新キャラであること、後別に色々深い設定と話があることがわかりました。
    マリシアスの話も別にあるようなので、書いてほしいなあ。アリアの話が終わったらで。

    設定が苦手なので、本当に細かい設定と描写がいいですね。
    最初の飛ぶところは映画の一シーンのようでした。

    次回はアリアの視線に戻りますね。
    コボルトにも触れられていたので、どう戦うかが楽しみです。

  • 更新お疲れ様です。
    4-12 まで読みました。
    いよいよアリアの作戦が本格的に始まりましたね。
    スフィーネ側から書かれているので不思議な感じです。
    と思っているのですがもしかして勘違い??
    少し読み返したのですがアリアが砦攻略を目指しそれをスフィーネが守るってことだと理解しているのですが。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン