幻の処女短編を公開しました。既存作で公開してなかったのはたぶんこれが最後になります。アルファにしてオメガというやつです。

ここまで公開を渋っていた理由は、改作を考えているからです。情報開示の段取りを整理し、もっとすっきりした構成にしようと。

ただ、プロットを練り直してみると構想の柱だった「体感型デートノベル」という趣向を破棄せざるを得なくなり、また語り手の性格もだいぶ変わってしまいそうなので、なんだかそれもったいないよなあと公開を決めました。

というか、最初から改作版の後に公開する予定だったんですが、いっこうに書きそうにないので痺れを切らした格好です。

ミステリとしては間違いなく改作版の方が研ぎ澄まされたものになるでしょうが、読みくらべたうえでオリジナルの方がいいという方も少なからず出てきそうな気がします。

最近、「わたしと幼馴染みのどっちが大事なんですか!」という短編が過去最高PVを記録したのですが、この作品はその原点とも言うべき内容になっています。女の子の独白体で聞き手を詰問していくという。

たぶん、これがわたしにできる最高のデレ表現なんですよね。詰問によって嫉妬と愛情の大きさを表現する。

そんなわけでいろんな意味で原点となった作品なので、よければお読みください。