【状態異常耐性】を手に入れたがパーティーを追い出されたEランク冒険者、危険度SSアルラウネ(美少女)と出会う。そして幸せになる。

https://kakuyomu.jp/works/1177354054895668766


こんにちは、シトラス=ライスです。

 最終章までご覧いただいたばかりか、こちらまで足を運んでくださり誠にありがとうございます。
 本作には約1年ほど関わっておりましたが、ようやくゴールインです。正直とても大変でした。
 一章のプロットなんて、早起きして手持ち無沙汰になってしまったカプセルホテルの部屋の中で、スマホのメール機能を使って書いたのは、良い思い出です(笑)

 当初本作は前作と全くつながりがない形で企画をしました。しかし、前作DSSをたくさんの方にご覧いただけましたので、ならば関連させてはどうかと思い、執筆をいたしました。
 本当はアルラウネと出会ったクルスが、彼女との生活をよりよくするために樹海を改造して、他の森の住人や、冒険者と戦って陣地をどんどん広げてゆく、なんて想定でした。もしかしてこっちのほうがワンチャンあったか? なんて思ったり思わなかったり。
ですけどDSSと関連付けで、やりたいことはできたと思うので、あたし個人としては良しとしています。

 さて、今回のキャラのネーミングは基本的にガン〇ムF91から取っておりますが、“ラフレシア”を出したのがきっかけです。
そこから発展をさせました。個人的にツボっているのは“デナン山のゾン地区”です。

 実はあたし、ファンタジー書いてくるせ、横文字の名前が苦手なのです。これはヨーロッパだと男の名前だとか、奇をてらって付けると読みづらいし、だからといってよくある名前を使うのは個人的にどうかと思うし――など考え出すと、それこそ何日かかることやら……だからこそ、作業軽減のために元ネタを探してつけるようにしています。

 また企画段階と執筆段階で大きく設定を変えたキャラクターもいます。

 まずは二人目のヒロインといっても過言ではないビギナ。この子、本当はクルスさんを見捨てて、ざまぁされちゃう子だったんです。でも、クルスを慕っているわけだし、それで裏切るなんてなんだかひどい話だ――ということで、今の彼女になったわけです。
 もう一人が大剣使いのゼラ。この子、最初は男の子だったんです。だけど本作は“ハーレム”を強く意識して作ったわけで、そんな中に男などいらん! 可愛い女の子たちだけにする! 男キャラなんて糞喰らえ!(笑)と思い返し、性転換をしていただいたわけです。

 今後「聖王国物語」を続けるとすれば「魔神皇ライン・オルツタイラーゲ」「聖王キングジムことイーディオン=ジム」のそれぞれの視点からのお話。そして、ESS最終章終盤で突然現れて、なんか妙に細かな描写のされていた「三戦騎(ちなみに予定では五戦騎です)」を使った、実質物語の最終編。
 復活した魔神皇へ最後の戦いを挑む、第三皇子のクゥエル=ジムと聖王国精鋭五戦騎、そしてこれまで国を救い続けてきた英雄豪傑たちが織りなす一大スペクタクル巨編! ……なんてのをできたらいいなぁ、と。

 だけど最終編、書くとするとものすごくハードルが高い! なにせDSS&ESSからもキャラを出すので、登場キャラが総勢20名以上! こりゃ小説なんて媒体じゃなくて、漫画とかゲームの方が良いんじゃないかと思いますが、残念そんな伝手はありません(笑)

 でも良いなゲーム。アクアプラス製作でありそうな、SRPG!

 リンカとロナの合体魔法とか、ビギナとサリスの妖精連撃とか、ゼラとゼフィのフレンズ同士の奥義発動とか、主人公に好感度の高いヒロインを並べると恋愛補正で能力アップとか、おっさん主人公同士の酒盛りのシーンとか(笑)

 さて、書いておきたいことは以上となります。
 これまでお楽しみ頂けたのなら幸いです。

 最後になりますが、少しでも本作を良かったと思ってくださいましたらご感想・評価・レヴューなどをお寄せいただけるとありがたく存じます。今後の執筆モチベーションへ繋がりますし、聖王国物語最終編がずずっと現実味を増してまいります(笑)
 アプリからご覧になっている方にはログインをしていただく必要があり、ご面倒をおかけしますが、どうかよろしくお願いいたします。

 それではまた最新作でお会いしましょう。

 ありがとうございました!