どうも太刀川です。

そういえばそろそろコンテスト終了ですね。いやはや、色んな所でカオス極まる展開が起こりまくって、なんていうかクライマックスって感じですね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。
 各位に起きましてはこのままアクセル全開で最後まで突っ走りましょう。

自分はというと、SFランキングが中々動かないので、これ以上投稿するのも気が引け、かと言って書いていないとどうも頭がすっきりしないので、ファンタジーにチャレンジしてみることにしました。

幸い、昔書いたファンタジーのネタがあったので、それを改稿してみたのですが、自分の書いたものを書き直すってのは難しいですね。なんていうか、昔の表現にどうしても引きずられてしまうというか。

「お、こんな文章書いてたんだ。これは今見ても中々いいぞ?」という文章もあれば「うわ~~これは未熟!」と驚くような文章もあり。いろんな発見があります。
というか、私、登場人物の名前、普通に間違って書いてた所何箇所かありました。昔から誤字は多い方なのですが、これはいくらなんでもひどすぎでしょう……というレベルですね。ポジティブに考えれば、誤字を見つける能力が上がったのかもしれません。誤字を見つけた方はご気軽にご連絡ください……と言ってもこのサイトレビューするのに評価必須なんですよね。システムのデザインとしては中々良いと思っていますが、こういう時にはちょっと困る。twitterで連絡を貰うとかの方が良いんでしょうかね。ああ、そうなると、読者の方に余計な手間をかけさせることになってしまいますか。うーん。

まあ、それは置いておいて、ファンタジーを投稿したんです。嘘じゃないです。

竜より邪悪な僕たちは
https://kakuyomu.jp/works/1177354054880776939/episodes/1177354054880776985

これは過去作の改稿なので、次は新作を書いてみようかなと思うのですが、ファンタジーって発想が難しいですね。本当に上手い人とかだと、見たこともない世界をサラッと描いたりするのでしょうけれど、自分はまだ苦労しています。いくつかネタが溜まっているので、次はそれで投稿しようと思います。