「エンジェル・ストライクに気をつけろ」
https://kakuyomu.jp/works/1177354054895934057

 2ヶ月と10日をかけて第2章が完結しました!
 丸1ヶ月、ほぼ毎日投稿で書き上げた第1章と分量は同じなのですが、「龍狩り」や他の作品もあって少しゆっくりしてしまいました。第1章はテレワークの恩恵もあったかもしれません。
 
 とはいえ第2章はもともと第1章の半分くらいの長さにしようと思っていたのです。第1章が10万字ちょいなので、5万くらいかなーと。
 対天使の戦いをメインに「死」や「殺し」をテーマに描こうというのを決めていて、それなら第1章ほど複雑な展開にはならないだろうと思っていました。
 確かに展開自体はかなりストレートでシーンも少ない。ただひとつのシーンの描写にかなり文字数を割いたというか、第1章がかなり駆け抜け気味だったので、もう少し丁寧にやってもいいかなと思って書いていたのです。そしたらいつの間にか、です。
 結果ちょっと展開が遅くなって、戦闘シーンも長引き気味に。マンネリ?冗長?
 第1章くらいぽんぽん話が進んで詰め込んだ感じの方がいいでしょうか?
 PVの伸びを見た感じそんな気もします。

 一応昨日最後まで上げましたが、今日各所手直ししてこれでOKかな、と。
 改稿点はざっと
・〈サルベージ〉にクローディアとモルの絡みを追加
・〈ターニングポイント〉と〈レールガン〉にミリタリー的な描写をちょっと追加
・ラストのキアラの心理描写を追加
 でしょうか。

 2章の内容としてはクローディアに友達ができて、カイは第1章での自分の行いを見直すという、そんな感じです。もともと2人がエトルキアとの付き合い方を考える章にしようと思っていたので、それは達成できたかな、と。
 全体の流れを見てもらうとわかると思うんですけど、第2章は物語時間が3日しか経過してないんですよね。第1章もラストで1週間使ってるものの、やっぱり3日くらい。
 この作品、展開がすごく濃密です。このあたりはジェットコースターを意識しているのが反映できてるかな、という感じです。
 そんなせいもあってか結局タールベルグであまりゆっくりできなかったので、次の2人の物語はきちんとタールベルグを舞台にやってみようかなと思っています。


 あとタイトルのもう半分ですが、ようやっと応援数が100を超えました。(延べ数だとすでに超えてたんですけどね) ここ20日くらいまったく伸びてなかったので嬉しいです。自己作品で初めて応援数3桁、ありがとうございます!