どうも、こんばんは。Q式といいます。
今晩から三日間くらいで「愚者の炎にくちづけを」という現代異能×おねショタラブコメの第一話を公開します。

これはもともと同一プロット企画に寄稿したもので、特設ホームページでもサンプルとして該当部分が公開されています。
が、今回投稿する分はあくまで加筆あり&長編連載予告的な新しいものなので、是非ふつーにニュートラルな気分でお読み頂ければと思います!


【同一プロット企画とは?】

同一のプロットを用いて複数人がめいめいに小説を書いたら、果たしてどんな作品が生まれるのか? という企画。
そして生まれたのが同一プロットアンソロジー「あるべき時、あるべき場所で」というオリジナル小説アンソロだったりします。

<a href="http://mozamoza.the-ninja.jp/arubekitoki.html">「あるべき時、あるべき場所で」特設サイト</a>

拙作以外にも収録作品全部の冒頭をサンプルとして公開していたりしますよ。
(結末まで待ちきれない、という方はサイトから通販へどうぞ!)

で、これ、愚者火。自分で書くのもなんですが、もう超絶面白い。おもしろカッコえろい。
今回は意味もなくおねショタに挑戦したんですが、おねいさんがめちゃくちゃカッコ可愛いし、コミックボン●ンなみに思春期少年の性癖を捻じ曲げること間違いないし、ショタは強いし、あっと言わせる謎だって仕込んである。とにかく色々なひとに読まれたい。

なので、せっかくだからこっちでも同じ分だけ予告サンプルを公開して、そのうえで大幅に手を加えた連載作品としてブラッシュアップさせてしまおう、という薄汚い商魂と清い創作意欲から投稿した次第です。

出来れば秋冬に、ほとぼりがいったん冷めた頃合いに長編版を投稿開始……なんて出来たらいいなと企てています。企てるだけならタダです。
なにかご意見ご感想などありましたらお気軽にご指摘いただければと思います。
ここでも、ツイッターなどでも。

それでは、どうぞよしなに。