いつもお読みいただき、ありがとうございます。

表題の作品、公開してました。三日くらい前に。

この作品は、KAC企画の6日目「最後の三分間」で書いた「レイン・カーネーション」という作品の続編にあたります。だいたい四十年後くらい……でしょうか?前作同様、「音楽」を前面に押し出した作品になっています。

前作でつながった「夢」は、世代を越えてさらに引き継がれます。

もともとは、板野かもさん主催の「匿名短編コンテスト・光VS闇編」に応募するために書いていたのですが、作者がバレてしまってはいけない企画なので、自分のページで普通に上げることにしました。
(果たして前作を読んでくださっていて、作者に気づく方がいたのか……というところですが、念のため)

ちなみに、書いてる途中で次の展開を思いついたので、三作目もいずれ投稿すると思います。