久しぶりにやります。
今やマイノリティである活字好きな方々の中にあって、さらにマイナーな翻訳もの好きな人間のために。そう私のためにです。自己満足。

では、いっきまーす。




『どろぼうの神さま』
コルネーリア・フンケ

マジかよ……まだ紹介してなかったのかよというくらい面白い本。すき。
児童書ですがとある探偵からはじまります。行方知れずになった甥っ子ふたりを見つけてほしいという夫婦からの依頼。
ふたりの兄弟がいたのはイタリア、水の都ヴェネツィア。孤児たちがあつまって暮らしていた廃映画館では、どろぼうの神さまスキピオがいて……
とにかく分厚いけれど、最高に面白い。スキピオがねえ、かっこいいんです。



『肩甲骨は翼のなごり』
ディヴィッド・アーモンド

引っ越し先の家の庭には崩れかけたガレージがある。
そのガレージにこっそり入ってみた主人公は、不可思議なものと出逢う。
ああ、なんと素晴らしきディヴィッド・アーモンド!
『ヘヴン・アイズ』といい、読んでいてひやひやするというか、胸がつまるというか、こんな不思議な感情を抱かせる作家ってなかなかいない。



『13ヶ月と13週と13日と満月の夜』
アレックス・シアラー

あれ?
そういえばアレックス・シアラーをまだ紹介してなかったじゃん!
『青空のむこう』や『チョコレート・アンダーグラウンド』なら知っている方もいるかもしれない。主人公をとことん追い詰めるのが本当にお上手で、「え、無理じゃんこれ、え、バッドエンドじゃんどうするの?」と思わせておいてからの、大団円への無理のない持って行き方よ。
ほんと尊敬する。



『ハリー・オーガスト、15回目の人生』
クレア・ノース

さて、これは大人向け。
この世には人生を何度も繰り返す体質の人間がいる。
ハリー・オーガストもそのひとり。かれは死に際に見知らぬ少女から告げられる……世界が滅びる。それは世の常なれど、滅びるのがどんどん早まっていると。
タイムリープものでこんなによく出来た創作ってなかなかない。というか、そうくるか! という感じ。主人公が生まれ変わるたびに職業を変えるのがいい。



『サイモンvs人類平等化計画』
ベッキー・アルバータリ

映画化もとても良かった。
サイモンはどこにでもいる普通の高校生である。ただ、彼には秘密がある。だれにも、自分がゲイだと言っていないのだ――。
海外YAってLGBTものがたくさん出ているイメージがあるけれど、まだ年に十冊くらいらしい。わりに少ない。
でもこれは単純に小説として面白い。腐女子じゃなくてもキュンキュンできること間違いなし。ミステリの要素もちょっとある。



『アルケミスト』
パウロ・コエーリョ

私はこれを哲学本と呼んでいる。
『星の王子さま』、『モモ』、『アミ、小さな宇宙人』。『ムーミン』シリーズもそうかな?
とにかく、ぐっと来るのだ。ああ、読んでよかったなあ、と思える。この作者に影響を受けたというラウラ・ガジェゴガルシアの『漂泊の王の伝説』もとても良かった。バトルが好きな人は、読んじゃダメ。




久しぶりにやってみたけど面白いですね。
好きな本は布教したい。これは人間の真理です。

さて、同士はいかほどいることか……。

4件のコメント

  • ここに需要がありますよ!
    本屋で良作見つけるの大変なので、こういう情報はホントに助かります!
    この中に上がってるのだと、星の王子様とモモしか読んだ事ない…。
    本屋覗いてみます!

    また良い情報ありましたら、教えてくださーい(´ω`)♪

  • やったーぽちさん!
    ここにあげたのはお気に入りばかりですよ( *´艸`)

    てか、まじか……ふたつだけ(;´∀`)
    まぁそうなりますよね~~私は逆に日本人作家の作品を読まなさすぎるし(;´∀`)

    また思い出したら書きます!
    ありがとうです( ゚∀゚)人(゚∀゚ )♪

  •  星の王子さまとムーミンしか読んでいないのですよ……
     うう、チェーンソーのエンジン音が近付いてきそうだよ~

     言い訳をすると、2000年代になってから、会社でイジメに遭ったりとしたせいで、小説から離れた時期があったのですよ~

     ということで、代わりに私からお薦めする「マンガ本」を書きます~

    「私と彼女のお泊り映画」

     これは、映画の感想マンガなのです。
     それだけでは、みりあむさんの琴線にはふれないでしょう。
     でもですね、このマンガはLGBTものでもあるのですよ~

     高校の頃から、お泊りの映画鑑賞会を開いている、麻由美と小春。
     麻由美は女の子が好きな人なのですけれども、それをカミングアウト出来ないでいるのです。
     何故なら、自分が好きな人も「女の子が好き」なんて、なかなかないと考えているからなのですよ~
     読んでいるとですね、麻由美の秘めた想いが、やんわりと込められているのが感じられるのです。
     おっかなビックリしながら、少しづつ自分の気持ちを小春へ伝える麻由美。
     その様子が良かったです。

  • やっぱり星の王子さまは根強い人気ですね〜〜わかります、でも私、「この本を寝っ転がって読んでほしくない」のところを読むとき、いつも寝っ転がっている最中だったりするのですよ……だから哲学本なら、アルケミストがいちばんお気に入りなのです。。(*´艸`*)

    マンガですね?!
    みかんあき様はけっこうマンガをたしなまれますよね〜〜ふむふむ。試し読みで一話を読んでみました!
    『神さまは〜』みたいな空気がいたしますね?(*´艸`*)笑
    も〜ほんとにお好きなんだから♡
    でも私はあんまり恋愛ものは読まないのですよ?笑
    でも、教えてくださってありがとうございます! マッドマックスちゃんと観なきゃ←

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン