角川主催のカクヨムコンだったかな?
再来月とかにやるやつ見てたんだけれどもちょっとこの区分けがわからないのだけれど皆さんはどうなのだろうか?

私は
ラズコメ……恋愛要素がありコメディが含まれるもの
恋愛……純粋な男女の恋愛物語

と認識というか思ってたのだけれど
コンテストというか、角川はというのか?は
ラブコメ……男性むけ恋愛
恋愛……女性むけ恋愛
と書いてました。

これに私は?をたくさん浮かべてしまったのだけれど……これおかしくない? と思うのは私だけか?

となると、私の作品はラブコメになるわけなんだけど、ボケとツッコミみたいな表現は書いたけど、自分としてはジャンルは恋愛
けどこうなると男主人公だからラブコメになるんだが……腑に落ちない

4件のコメント

  •  これについては言われてることが多いですね。
     偏見ではないかと思いつつ、例えば少年マンガに掲載される恋愛ものって、多くはラブコメなんですよね。
     都合よくもてまくりの主人公とヒロインを取り巻くドタバタ劇を描いたラブコメが非常に多いです。
     もちろん『boys be』とか先日作者が亡くなられた『きまぐれオレンジロード』とか、ちゃんとした恋愛もので支持を得た作品もありますが。
     逆に少女マンガではラブコメ作品の比率が少なくなる、そんな傾向から分けているんじゃないかなぁと、個人的には思っています。

  • 確かに少年誌と少女誌はそんな感じかなぁ。
    というかそれ一昔前で、今はどうかしらないけどたぶん今もだろうけど、ジャンプだけじゃない?
    マガジンとか正当恋愛のそのあげたやつだとか、君嘘とか泣ける正当恋愛は今は当たり前に両方あって、少女誌も昔から花とゆめとかコメディあったけどなぁ。
    結構前だけど私がモテてどうするなんてラブコメだし。
    角川は慣性が古いのかな?
    何かの記事で予算削減で解雇してから有能な人いなくなったとか言われてる記事あったけどw

    それにしても気まぐれオレンジロードの作者亡くなったのか。
    病気さえなかったら一発屋作家にはならなかったかもなのにね。
    気まぐれのあとの作品も惜しい作品だった記憶があるよ。残念ですね。

  • 同じように疑問に思いました。

    男性向け、女性向け、よく基準が分からないですね。

  • 男性向けとか女性向けとかいう概念はいらないと思ってます。
    どうしてもわけたければ、作者がタグに入れたら良いだけだと思いますし。

    恋愛とラブコメの差異は純粋な恋愛物語か、コメディ要素あり(多目)で良いと思います。

    主人公が男女両方のダブル主人公だったらどうするの?となりますよね。

    松本先生は残念でした。
    きまぐれオレンジロードは漫画も、その後の小説も持ってるので。
    赤いボルボに轢かれた恭介。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン