皆さま、こんばんわ(-"-)篁です。

この度は昨年書いた古い作品に目を通して頂き、
誠にありがとうございます。

ワンダフルワールド15は15㎝と言うお題で書いた、
コンテスト用のショートだったのですが、
ラノベ風に書いた一作でした。

アニメ大好きな私は、ジャンプ小説賞(三回落ちたけどw)や、
小学館様の小説賞、ポプラ社様、幻冬舎様……。
えーっと、後何処出したっけな?もう忘れた(笑)
兎に角「映像化」出来そうな所は数を打って来ました。
アニメ化なんて夢のまた夢であっても、
可能性がゼロじゃない限りは、そっちへ向かっていたい。
そして今は角川様一択です。靴賞とか靴賞とかノベルゼロとか!
角川様だけです!(笑)←(大事な事だから二回言いましたww

まぁ、結果は掠りもしませんでしたけど、
カクヨム始めて初期の頃に書いた物だったので、
皆さまがフォローして下さったり、コメントくれるのが嬉しくて、
書く喜びを教えて貰った大切な一作でもあります。

『すぐ傍に潜んでいた、素晴らしき世界』
と言う素敵なタイトルレビューを頂き、読んで貰えて、
下手な描写まで褒めて頂いて、心から嬉しく思います。

心理描写に集中しがちな私は、背景は風景描写が苦手で、
無意識に書いていると「ここ何処? ((((;゚Д゚))))」みたいな、
全く風景の浮かばない物語になっている事もしばしばあります(笑)

五感と言う言葉を念頭に置く様に気を付けながら書いているのですが、
それでも自分をコントロールするのは難しいですね。

そんな拙い表現にリアルに体感できる、と仰っていただけたことは、
本当に有難いお言葉です。

それから、ミステリーの長編「白薔薇」にも☆を付けて頂きました。
長い上に硬い文章で、
さぞ読むのが大変だったのではないかと思うのですが、
「読み始めたら止められなかった」と言うお言葉を、
違う場所で頂いて、涙が出るかと思った(笑)

こちらもノベルゼロコンテストの為に書いたものでしたが、
掠りもせずに落下した拙い作品です。

なかなか自分の理想通りには書けないのですが、
こうして皆様からの御心を頂く度に、
書いていて良かったな、と思います。

本当は映像化して貰える様な、
ファンタジーラノベを書きたいと思っていたのですが、
多くの失敗と経験を重ねて、ミステリーとBLに辿り着き、
今やBL一択になりつつある私です(笑)
ミステリーはどこかで諦めがつかない自分もいるので、
ミステリー要素を含ませたBLが書ける様になったら、
一石二鳥じゃね?(・∀・)なんて、思っていたりします(笑)

何にせよ、拙い作品に温かいお言葉を頂けて、
☆を沢山貰えて幸せです♡

これからも、お時間の許す限りお付き合い頂けますと幸いに思います。

1件のコメント

  • カゲロウさん、こんにちわ^^

    お返事が遅くなって申し訳ありません。

    お言葉を頂けたことは、何より励みになります^^
    金色に乗りたいですよね!私も乗りたい(笑)
    私は雪豹が好きで、ネコ科動物は全般好きなんですけど、
    いつか本物をもふれる日を夢見ていますww

    風景描写はやはりセンスが見て取れると言うか、
    仲の良い方にも技巧の素晴らしい方がいたりして、
    自分は苦手なんだと自覚しておりますが、
    場景の見えない小説はそれなりの「他の世界観」が必要で、
    カゲロウさんのような個性がやはり必要かと自分は思うのです。

    自分が書き始めて、自分の世界とはどんなものか、
    まだ良く分かってないのですが、
    色や温度を表現出来るようになりたい願望はまだ持っていますね(笑)

    少年漫画の原作、やりたいですねぇ~♡

    でも、妄想領域が狭い私には夢を描く事が難しいようです(笑)
    だからよりリアルな恋愛ものを極める方が、
    向いているのかも知れませんが、
    色んな試行錯誤を経て、BL執筆に辿り着いた今は、
    結構自分の書きたい世界が書けている様な気もしています。

    ミステリーも好きですけど、
    あの世界は単純な知能指数が私には足りてないwww
    いつか、もっと完成度の高いミステリーが書ける様に、
    今は精進してまいります。

    いつも暖かいお心と、お言葉と、
    それから優しい目を向けて頂いている事。
    心より、お礼申し上げます。

    カゲロウさんの新作も、亀の歩みで追わせて頂きますので、
    またひょっこり顔を出した時にはお相手して頂ければ光栄に思います。

コメントの投稿にはユーザー登録(無料)が必要です。もしくは、ログイン