カクヨムにも掲載しております『担当者の憂鬱』シリーズの第一短編であり、昨年末にマイナビ出版が開催した『お仕事小説コン』で、何故か予選通過作品となりました『唯一神の憂鬱』が、2016年6月30日に同社より電子書籍として販売されることになりました。

 同社より「電子書籍化したい」という打診があった時、私は「冗談のつもりですか」と本気で考えましたが、実際に販売してしまうとは恐ろしい出版社もあったものです。(いや、担当の方々には本当にお世話になりました。要求が多くてすみませんでした) ちなみに定価は「270円」という強気の設定です。

 なお、これに伴いまして某所で公開しておりましたWEB版の掲載は終了させて頂くことと致しました。本作をご愛顧頂きました皆様、本当に有り難うございました。無料で読めてよかったですね。

 今後とも質の高い作品が発信できるよう心掛けて参りますので、引き続きご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。