第5話 ぼくの名はフウチ


ぼくの名は、風知という

フウチ、と読む


ぼくは森の番人ではない

気ままに暮らし、旅をするスナフキンでもない


まいにち街の学校に通っている学生だ


帰り道にはいつも玻璃の音*書房 で

庭のコリスと遊び

クウヘンさんと音楽を聴き

ミルクがいっぱいの珈琲と 午後を共に

柚子さんの作ってくれる よるごはんを食べる


訳あって二人は ぼくの保護者のような存在

ここで一緒に住もうと言ってくれているけれど

ぼくには ぼくがいるべき家がある

歩いて50秒だしね



柚子さんが「ほら、おんなじなまえ」といって

1冊の小冊子を貸してくれた


ぼくのことを 物語を紡ぐ少年と 柚子さんは呼ぶ

でもここのところ、何も書けない


ぼくは今は この森に住んでいることがうれしくて

ただそれだけで何も考えられず

そういう日々もあってもいいのかなと思っている


でもいつか、旅に出る自分を知っているんだ

風が吹くと、誰かが呼ぶ声が 聴こえる






*今日の1冊 「fu-chi」

 こちらは漢字で書くと風致

 特集は 猪熊弦一郎の世界と CAFE*SHOZO




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る