第19話 ほろ苦いチョコレートパフェ


夜 一人で想う

この想いを全て 夜空に放すことができたなら


ちょっとつき合ってほしい ひとりごとだから



柚子さんは まっすぐに揃えた黒髪と

少し琥珀がかった瞳が 印象的な人


その知的な大人っぽい雰囲気でまとった空気は

そこだけ風向きを変えて さらさらと存在している


同時に くすっと肩をすくめるようなことをする人で

今日も両足にちがう靴を履いているのに 気付かなかったね



言葉をてのひらにすくう様に大切にする人で

気に入った言葉に出逢うと 何度も甘い声で口ずさむ


おかしなかんちがいも多い人で

「キツネにつままれる」をずっと

「きつねに包まれる」なんてすてきって 気に入ってたね


他愛ないことで ふわりと嬉しそうに笑う

その屈託ない笑顔が ぼくの中にストンと落ちてくる



小さな発見をするたびに ぼくは

めちゃくちゃに彼女が愛おしく思えてしまって

すきだ が何年も幾層にも重なってしまった

ほろ苦いチョコレートパフェの地層のように


ビターなチョコのかけら 至らないナッツの痛さ

甘いクリームが 時々現れては、口に入れる前に融け

スプーンで掬うと ラズベリーの甘酸っぱさが 時折顔を出すような

いとしいマリンカ



柚子さんは クウヘンさんのお嫁さんで

ぼくとの関係は この先一生変わらないこともわかっていて

どうしたいとか こうしたい なんてことより

勝手にすきを積み重ねているだけなんだ


ぼくは、いつも柚子さんを見ている

見ていない時にも 心はいつも意識している 感じている


ふと目が合うと、にこっと微笑んでくれる

ぼくもいつも 同じ笑顔を返していた はず


最近少しずつ どんな顔をすればいいかわからなくなって

中途半端な情けない顔になっているんだろうな


手が届かない だいすきな人



明日の朝になったらきっと このページは破られるだろう


ぼくの胸の中にだけあれば それでいい





*今日の1本  ドラマ 「失恋ショコラティエ」

 だいすきな妄想ショコラティエの恋のお話

 片思いを どこまでも追いかけていく主人公が せつなく

 想いが 叶ったかのように見えた後半は もっと悲しく

 ここに登場するショコラは一粒の 宝石のよう

 性格のちがう ショラコ・ヴィ・ リクドー共に 三浦直樹氏のショコラ



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る