スクラップボーイ

作者 濱太郎

28

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

8話まで読みました。冒頭からこのご作品には『そこはどんな世界なのか?』を読み手に強く訴えかけてくる印象を受け、そこが非常に素晴らしいと思いました。これから世界がさらに広がっていくのでしょう、その冒険心にも似た気持ちを読み手は抱かずにはいられないはずです。ぜひ濱太郎さんには完結まで頑張っていただきたいですね(笑)。




Good!

作品ごとに色々と工夫が凝らされているキャッチコピーの中で、ド直球過ぎるキャッチコピーはすごく面白いと思いました。これも一つの魅力だと思います。

小説の内容は、読みやすい作品だと思いました。あまり難しい言葉や表現を使わず、かといって語彙に乏しいわけでもなく、読み手としてはあまりストレスなく読む事が出来ます。

読んでいる時点でまだ序盤までしか物語が進んでいないので評価しづらいですが、冒険者といった単語や追い風で体が浮くといった事など、成程キャッチコピーに違わずファンタジーを見せてくれそうな作品だと思いました。

個人的には三点リーダーと読点の使用の多さが気になり、あと読みやすさの代償とも言えますが独創的な表現が少なくて惹きつける所が乏しいかなと思って評価は辛めですが、なかなかうまく纏められた小説だと思います。

★★★ Excellent!!!

まだ序章かとは思いますが、とても惹きつけられる内容です!謎の少女と冒険者を夢見る少年が、これからどんな風に冒険していくのか楽しみです!

話や書き方はずっしりとしてますが、キャラクターの個性や描写のわかりやすさがライトに読ませてくれるのが嬉しいです。凄い(語彙力)