113 異世界の吸血鬼の女王様

「あの、幽霊さん。僕たちがこれからやることに、少し付き合ってもらえませんか?」

「ウィ。別に構わないデスますけど。その黒髪の女が、ワガ輩様に何かするデスますか?」

「ええ」

「ワガ輩様の姿は、その黒髪の女には見えてイないんデスますよネ?」

「はい。でも大丈夫ですよ、幽霊さん」


 金髪の幽霊と僕がそんな会話をしている横で、キーナがピクッ、ピクッと身体を小さく震わせていた。

『幽霊さん』と、僕が口にしているのが原因だと思う。『幽霊などいない』というのがキーナの主張なのだ。

 それでキーナは、『幽霊さん』という部分を『世界のバグさん』に訂正したくて、身体を震わせていたのだろう。


 しかし――。

 話がややこしくなりそうなので、僕はキーナのそれには気がつかないフリをした。

 目の前の金髪の少女を『幽霊さん』と呼び続けることにしたわけである。


「とりあえず幽霊さんは、しばらくそこでじっと立っていてください」

「ウィ。わかったデスます。ワガ輩様はここで、廊下の壁を背にして立っていレば、いいデスわネ?」


 幽霊の立ち位置が決まると、僕はキーナにそれを伝えた。

 キーナは少しだけ何か言いたげな表情をこちらに見せる。

 けれど、「こほん」と軽く一度咳払いをしただけで、彼女はすぐに幽霊に向かって右手をかざした。


「うッス! では、冬市郎くん。はじめるッスよ!」


 もちろんキーナには、幽霊の姿は見えていないはずだ。

 そのため彼女は、何もない空間に手をかざしている感覚だろう。


 それから数分間――。

 キーナは何も見えない空間に何度も右手をかざしては、その手を左から右へとスライド移動させ続けた。


 キーナのひたいに薄っすらと汗がにじむ。

 やはり、体力と集中力をかなり必要とする作業のようだ。

 後でコンビニにでも寄って、チョコレートか、羊羹ようかんか、何か甘いものを買ってキーナに渡そう。


 そんなことを考えながら僕が、キーナのがんばりを見守っていると――。

 タイミングの悪いことに、女子生徒二人組が、僕たちのいる廊下を通った。

 女子高等部のセーラー服を着た女の子たちである。


 キーナは集中しているため、彼女たちの存在に気がついていない様子だった。

 ポニーテールを踊らせながら、何も見えない空間にかざした右手を、左から右へと繰り返しスライド移動させ続けていた。


 女子生徒二人にも、まず間違いなく金髪の幽霊の姿は見えていないだろう。

 だから――。

 かわいそうにキーナは、


『廊下で不思議な踊りを踊っている他校の変な女子生徒』


 と、白い目で見られてしまったと思われる。


「気ノ毒ダナ、キーナ」と右足が言った。

「冬市郎ノセイダゼ」と左足が続ける。


 足の裏たちの言う通りだった。

 僕の頼みごとのせいで、キーナには悪いことをしてしまった。


 やがてキーナは、右手の動きを止めて僕の方を向く。


「冬市郎くん。ここにある『世界のバグ』の正体が、少しだけわかったッスよ……」


 ポニーテールの少女はそう言うと、「ふー」と大きく息を吐き出して呼吸を整えた。

 それから彼女は、額の汗にハンカチを当てながら話の先を続ける。


「この世界ではなく異世界で、身体を消滅しょうめつさせられた『吸血鬼の女王様』みたいッスね。それがこのバグの正体ッス」

「吸血鬼の女王様……」


 僕がそう繰り返すと、キーナはこくりとうなずいた。


「そうッス。身体を消滅させられた吸血鬼の女王様が、この世界に転生しようとこころみたみたいッスよ。でも、この通り失敗したようッスね」

「転生に失敗したのか……」

「それで、肉体を持てなかった思念しねんのようなものが、この世界のプログラムのバグとしてただよっているのだと自分は判断するッス」


 それを聞いて僕は、ごくりとつばを飲み込んだ。

 とあるひとつの考えが、自分の中に浮かんだからである。


「――もしかして『ヴァンピール団長』さんの身体って……。吸血鬼の女王様が、この世界で肉体にする予定だった身体なのかな? 金髪碧眼で、見た目がすごく似ているし……」


 そんな僕の質問に、キーナは首を横に振った。


「ごめんなさいッス。自分には、さすがにそこまではわからなかったッスよ」

「ああ、うん」

「でも、団長さんがバンドで『吸血鬼キャラ』を演じているのは、何かしら影響を受けている可能性が高そうッスよね」


 僕とキーナがそんな会話を続けていると。

 突然――。金髪の幽霊が深くうつむき、身体を小刻みに震わせはじめた。

 金色の長い髪が左右に揺れる。


「んっ? 大丈夫ですか、幽霊さん?」


 僕がそう尋ねると、幽霊はうつむいたまま答えた。


「トウイチロウ……思い出したデスわヨ……」

「えっ、何か記憶が戻ったんですか?」

「ウィ。その黒髪の女の話を聞いてイたら、少しばかり思い出せたデスます……。ワガ輩様は確かに、転生に失敗した吸血鬼の女王かしらネ……」


 どうやら彼女の正体は、キーナの言った通りのようだった。

 幽霊は話の先を続ける。


「そして、トウイチロウ……」

「はい」

「貴様があのときの……『吸血鬼殺し』の生まれ変わりなのデスますっ!」


 金髪の幽霊は、ガバッと勢いよく顔を上げると、その青い両目で僕のことをにらみつけてきた。

 そして彼女は、威嚇いかくするかのように二本の牙を僕に見せつけながら「シャー!!」とけものみたいな声を出す。


 しかし、僕はその姿を目にして――。

 なんとなく『飛び掛かってくる前の猫みたいだなぁ』という感想がすぐに浮かんでしまう。

 そのため、驚きはしたのだが、彼女に対して恐怖を抱くことはなかった。

 それに――。


『吸血鬼殺し』だって……?

 僕は異世界で『ヴァンパイアハンター』みたいな職業にいていたのか?


 そんなことも気になってしまったのである。


「トウイチロウ! ワガ輩様の身体を消滅さセた、憎っくき人間の生まれ変わりデスわネ!」


 金髪の幽霊は、その青い両目をギラギラさせながら僕の顔を睨み続ける。

 そして再び「シャー!!」と、二本の牙を僕に見せつけるとこう言った。


「貴様、ここで殺してやるのデスますっ!」

「なっ! ぶ、物騒ぶっそうなことを言わないでください!」

覚悟かくごするのデスますポス! ワガ輩様は貴様に復讐ふくしゅうするために、わざわざこの世界に転生してきたのデスわヨ!」

「いやいや、幽霊さん。転生には失敗しているんですよね?」

「オー! うるさいデスます! まずは貴様のそののどを今すぐつぶしてやるのデスますポースっ!」


 吸血鬼の幽霊が、僕の首に両手を伸ばす。

 だが――。


「クゥゥ……。触ることができないのデスますっ!」


 彼女の両手は、むなしく僕の身体をすり抜けていくのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます