第11章 アルバイト採用試験

116 第11章 アルバイト採用試験

 キーナのアルバイト採用試験は、瀬戸灰音が店に顔を出さない日に予定されていた。

 以前からキーナは、銀髪おかっぱ頭のあの少女のことを、どこか警戒けいかいしている。

 そこで僕は――気をまわしすぎなのかもしれないけれど――灰音のシフトが入っていない日を選んで、キーナの採用試験の予定を組んでおいたのだ。


 その日の学校の授業がすべて終わると、僕たちはジャリ研の部室で待ち合わせをした。

 二人きりの部室で僕は、


「採用試験中にあの禁断症状きんだんしょうじょうがでると、困ったことになるからなあ」


 と言って苦笑いを浮かべると、キーナに首筋を差し出す。

 キーナには試験の前に、首筋を思う存分舐めてもらっておこうと考えたわけだ。


 いつものようにキーナは僕の背後にまわった。

 そして首筋をチロチロ舐め終えると、両手でキュッと握りこぶしをむすぶ。


「うッス! 冬市郎くんの首筋をがっつり舐めて気合も入ったッス! さあ、採用試験に向かうッスよ!」


 人の首筋を舐めて気合を入れる女子高生は、おそらくこの国で彼女だけだと思う。

 もはや僕もキーナも、お互い首筋を舐めたり舐められたりすることに、抵抗を感じなくなってきているのが怖かった。

 とにかく僕は、そんな気合い充分なキーナを連れて、中二病喫茶へと向かったのである。




『中二病喫茶・ブラックエリクサー』


 という店名の書かれた派手な電飾看板でんしょくかんばんが、店先で僕たちの訪問を待ち構えていた。

 店の外観がいかんは、姉が気が向いたときに多少イジッたりもしているようで、今朝家を出たときには目にしなかった『西洋甲冑せいようかっちゅうかぶと』が、金属製のワイヤーで軒先のきさきにブラブラと吊り下げられている。

 キーナが小首をかしげた。


「冬市郎くん、店先にぶら下がっている銀色のこの兜は……?」

「あはは……こりゃあ、何だろうね」

「以前はなかったッスよね?」

「ああ。今朝まではなかったよ。姉ちゃんが昼間にどこかで、西洋の騎士でもち取ってきたのかな? あはは……」


 銀色の鎖や十字架。アンティーク臭のするカンテラ。

 そして何かトゲトゲしたわけのわからないオブジェなどなど――。

 そんなもので店先は、普段からごちゃごちゃとにぎわっている。そこにまたひとつ、存在感のあるオブジェが加えられていたのだった。


 ガラス扉をカランコロンと開けて店に入ると、壁に掛けられたコウモリのオブジェが、赤い両目をひっそりと光らせた。

 しかし、仕掛けが地味すぎて、キーナはまったく気がついていない様子だ。


 このコウモリの目の光に気がつく訪問者を、僕はこれまで一人も知らない。

 たぶん目の光が弱すぎるのである。


「姉ちゃん、店先にぶら下がっているあの兜はなんだよ?」


 僕はさっそく姉に尋ねた。

 店内には相変あいかわらず客が一人もいない。

 それなのに、ゴスロリ衣装に身を包んだ二十五歳の姉は、胸の下で両腕を組んで『えらそうに』、『堂々と』、『仁王立におうだちして』僕たちを迎え入れた。

 まあ、潰れそうな店の店長がとる態度ではない。


「ふふっ……。さっそく兜に気がついたのね、冬市郎」


 そう口にした僕の姉・印場美冬いんば・みふゆは、いつも通り右目に白い眼帯をし、左腕を包帯でグルグル巻きにしていた。


「ああ。店先に銀色の兜が加わってやがったぜ、姉ちゃん」

「クククッ……冬市郎。あの兜によって、店先の守備力が上がったわ」


 僕は軽くため息をついてから話を続けた。


「いや……姉ちゃん、あの防具は人間用だ……」

「んっ?」

「RPGだったらお店の人が、『店先はこの兜を装備できないけど、本当に買うのかい?』みたいな確認をしてくれる場合もあるんだけど……。現実世界のお店では、一度も確認してくれなかったのか?」


 黒いゴスロリ衣装と茶色い巻き髪をふわりと揺らしながら、姉が首を小さく横に振った。


「あの兜なら、買っていないわよ、冬市郎」

「えっ?」

「そんなお金、もうこのお店にはないもの」

「じゃあ?」

「知り合いからタダでもらったのよ」


 姉はそう言うと、くちびるの端を上げて「ふふっ」と得意げな表情を浮かべる。


「いやいや、姉ちゃん。タダだからって、なんでもかんでももらってくるなよな」

「どうしてよ?」

「いずれこの店が、ゴミ屋敷になるぜ?」


 僕はそう告げて口をとがらせた。

 すると姉は、包帯の巻かれた左手で顔を半分だけおおい隠す。

 そして、不敵な笑みを浮かべながらこう言い切った。


「クククッ……この店は、ゴミ屋敷にはならない」


 説得力が……ない。


 僕は周囲を見渡した。

 店内の壁には、それはそれはぶっとい剣が、相変わらず何本も飾られている。

 姉が、どこぞの店で調達してきた『ドラゴンキラー』と『ゾンビキラー』のレプリカで、完成度は高いのだが、その分高価なものだ。


 最近はその剣たちの中に、見るからに安っぽい『賢者けんじゃつえ』が加わった。

 姉がどこかで拾ってきた曲がった木の枝を、自分でせっせと加工し、


「冬市郎、偉大いだいなる賢者が使っていた伝説の杖が、お店に加わったわ」


 と言い放って壁に飾ったのである。


 あれは拾ってきた『ただのゴミ』だと思う。

 資金難はそういうところから徐々に、この店をむしばみはじめているのだった。

 当時、姉は僕にこう説明してくれた。


「この賢者の杖はね、攻撃力はほとんど上がらないけれど、魔力が大幅に上がるのよ」


 だが、店内の壁に飾られたその杖を目にするたびに――。

『僕の姉に対しての攻撃力』が、日に日に上がっていく効果があるようだった。


 やがて姉は、僕の背後に隠れているキーナに視線を向けた。


「それで、冬市郎。そのポニーテールの子が、あんたの言っていたチーナちゃんね?」

「おしいなあ。チーナじゃなくて、キーナだよ、姉ちゃん」

「あら。カタカナで書けば、画数かくすうは同じじゃない。オマケで正解よ」

「人の名前を間違えておいて、反省はゼロかよ。ごめんな、キーナ」


 姉の代わりに僕が謝ると、キーナは微笑みながら首を小さく横に振る。


「い、いいッスよー、冬市郎くん。名前を間違われたくらい、自分は気にしないッスから」


 キーナのそんな言葉を耳にして、姉が小さくうなずく。


「あら、いい子じゃない。見た目も可愛いし、真面目そうだし。さっきは名前を間違えてごめんね、キーナちゃん」

「だ、大丈夫ッス。お姉さん、気にしないでくださいッスね」


 それからキーナは、姉に深々と頭を下げ、きちんと自己紹介をはじめる。


「はじめまして。栄町樹衣菜さかえまち・きーなと申しますッス。冬市郎くんとは高校一年生のときから『友人』として、学校で仲良くさせていただいているッス」

「はじめまして、キーナちゃん。冬市郎の姉の印場美冬よ。この店の店長をしているの」


 キーナなのだが以前、変装して一度だけこの店に来たことがあった。

 灰音との接触をけつつ、僕に『アイメイボックス』を渡すために変装して店にやって来たのだ。


 もしかするとキーナはそのとき、姉の姿を目にしていたかもしれない。

 けれどまあ、僕とキーナで事前に相談して、


『キーナが店に来たのは今日がはじめて』


 ということにしておいたのだ。

 周囲に対しての説明が色々と面倒臭い――以前、どうしてキーナが変装して店に来たのか、周囲にうまく説明できない――からである。


「お姉さん、今日はよろしくお願いしますッス」

「こちらこそ、よろしくね、キーナちゃん」


 姉は、にこやかにキーナと微笑み合うと、こんな質問をする。


「それで確認なんだけど。キーナちゃんと冬市郎は『友人』なのよね? 『恋人』ではないのよね?」

「はいッス。自分は冬市郎くんのことを『親友』だと思っているッス」

「ふーん」


 本当は『恋人』になりたいと願っている僕としては、黙って聞いているのが辛い会話である。

 姉は僕の方をチラリと向いて言った。


「ねえ、冬市郎。確認なんだけど、灰音ちゃんはあんたの『恋人』なんだっけ?」


 キーナの身体がピクッと震えた。

 あわてて僕は否定する。


「だから違うよ、姉ちゃん」

「ああ、うん。灰音ちゃんとは『前世で夫婦だった』って設定なんだっけ? うーん……」


 姉は眉間みけんにシワを寄せて少しうなると、「――まあ、どうでもいっか。私の恋愛じゃないしね」と言って、すぐに考えることをやめたようだ。

 それから姉は、再びキーナに視線を戻すと言った。


「あと、キーナちゃん」

「はいッス」

「しゃべり方、なんか変って言われない?」


 姉はそう口にして、首をかしげる。

 すかさず僕は、二人の会話に割り込んだ。


「ね、ね、姉ちゃん、中二病喫茶で働くんだから、しゃべり方に少しクセがあるくらいがちょうどいいんだよ」

「うーん……。それもそうかもね。灰音ちゃんだって、しゃべり方は変だしね」


 物事をあまり深く考えない姉は、簡単に納得したようだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます