108 彼女は「オー、フー……」とため息をついた

 金髪の少女は間違いなく僕の背後に立っていた。

 けれどキーナの目には、彼女の姿は映っていない様子だった。


「キーナ、確認なんだけど。ここにいる金髪の女の子、見えていない?」

「冬市郎くん、ごめんなさいッス。自分には、そこには誰もいないように見えるッス」


 金髪の少女は、『それ見たことかデスますポス!』とでも言いたげな様子で、僕の顔を見ながらニヤリと笑った。

 彼女が笑うと、口から二本のきばが飛び出す。


 僕はすぐに、ヴァンピール団長の『きば』を思い出した。

 団長の吸血鬼の牙とそっくりだった。


「オー。だから言ったかしらネ。ワガ輩様は『吸血鬼の幽霊』デスわヨ。その黒髪の女には、ワガ輩様の姿は見えないのデスますポス!」


 こりゃあ、もしかして……。

 本当に吸血鬼の幽霊なのかっ!?


 それを確かめるために僕は、キーナの異能に頼ってみることを思いつく。


「キーナ、悪いんだけど僕の背後のこの辺りを、例の異能の力で調べてみてくれないか?」


 キーナは「うッス」と、うなずいてからこう言った。


「背後といえば、冬市郎くん――」

「んっ?」

「実は自分、背中がかゆくて、今からこうと思っていたところだったんスよ」

「お、おぉ……」

「けれど、冬市郎くんの頼みとあらばそちらを最優先し、背中を掻くのを後回しにして、異能の力を先に使うッスね!」

「い、いや……。別に背中を掻いた後でもいいんだけど……」


 しかしキーナは背中を掻かずに、すぐに右手の手のひらを広げると、僕の背後の空間に向かってその手をかざした。

 その顔は、背中の痒みと戦っているのか、眉間に小さなシワが寄っている。


 続いてキーナは空間をでるかのように、右手を左から右へと素早くスライド移動させ、その異能の力を発動させた。


「うッス! 確認したッスよ。確かに冬市郎くんの背後には、なんらかのバグがあるッスね」


 背中をポリポリと掻きながらキーナはそう言った。


 キーナによると――。

 僕たちが生きているこの世界は、何者かの手によるプログラムである。『プログラムによって創られた世界』だそうだ。

 そして『幽霊』や『心霊現象』みたいなものは、この世界におけるプログラムのバグとのことだった。


 まあ、それはあくまでもキーナの考えであって、真実かどうかは判断しようがないのだけど――。


「ありがとう、キーナ」

「いえいえッス。冬市郎くん、自分には見えていないんスけど、そこにあるバグが金髪の女の子なんスか?」

「うん。詳しいことは後で説明するよ」

「うッス」

「僕はこれからしばらく、このバグと会話してみるから」

「わかったッス。それでは自分は、ここで冬市郎くんのことを見守っているッスね」


 そうしてキーナと話が付くと、僕は再び金髪の少女と会話をはじめた。


「お待たせしました、吸血鬼の幽霊さん」


 金髪の少女は、胸の前で腕組みをしながら口を開いた。


「ンー。貴様らが二人で何をしてイたのか、ワガ輩様にはよくわからなかったデスますが――」

「あはは……」

「とにかくワガ輩様のことを、幽霊だと理解してくれたようかしらネ?」

「はい。本当に幽霊のような存在なんですね。正直、完全に疑っていました。すみませんデスますポス! どうか僕を許してほしいデスますポス!」


 僕は『ポスポス』言いながら頭を下げて謝罪した。

 普通に謝罪するよりも、相手をマネて、相手と同じように謝罪した方が、より誠意が伝わるのではないかと考えての行動だ。


「ウィ。いやいや、わかればよいのデスわヨ」


 吸血鬼の幽霊は、にこやかな表情を浮かべる。

 二本の牙が、口からほんの少し顔をのぞかせた。


 どうやら、『ポスポス』言いながらの僕の謝罪は、正解だったようだ。


「それでは、吸血鬼の幽霊さん。まず、名前を教えていただけませんか? 僕の名前は印場冬市郎いんば・とういちろうです」

「貴様の名前は、『トウイチロウ・インバ』デスわネ――」


 金髪の少女は、僕の名前と名字をわざわざ入れ替えて言うと、話の先を続ける。


「オー。まあ、進路指導室にイたときから、貴様のことはずっと観察していまシたデスから、ぼんやりと名前は知っていたのデスます」

「進路指導室にいたんですね。気がつかなかったです」

「ウィウィ」

「それで、幽霊さんのお名前は?」

「ノン。いや、悪いのデスますが……。実は、ワガ輩様は、自分の名前すら思い出せなくて困っているかしらネ?」

「えっ?」


 幽霊は、金髪の頭をポリポリと掻いた。

 それから「オー、フー……」とため息をつくと、自分の置かれた状況について語りはじめる。


「ンー。あれは一月ひとつきほど前のことデスます……。気がつくとワガ輩様は、喜多山きたやまヴィヴィアンヌ一穂かずほの背後に立っていたのデスわヨ」


 んっ? その人って……。

 確か、ピエロの姉の名前だ。


「『ヴァンピール・モンスターサーカス』のボーカル……『ヴァンピール団長』さんのことですか?」

「ウィ。そうデスます。一月ほど前にワガ輩様は、彼女の背後に立っていたのデスます。それがこの世界において、ワガ輩様の持つ最初の記憶なのデスわヨ」

「それが、最初の記憶……」


 僕がそう繰り返すと、金髪の幽霊は苦笑いを浮かべる。


「ウィ。デスから、この世界でワガ輩様が最初に目にしたモノは、『ヴァンピール団長』と呼ばれている少女のうし姿すがたなのデスます。それより以前の記憶はないのデスわネ」


 話を聞く限り――。

 この金髪の幽霊の見た目や雰囲気が、あの団長と似ているのには、何か理由がある気がした。

 そして団長が『吸血鬼キャラ』を演じているのも、この『吸血鬼の幽霊』と何か関係があるのかもしれない。


「とにかく幽霊さんの記憶は、一月前の団長さんの背後からスタートしているんですね?」

「ウィ」

「そして、自分の名前も思い出せない、と――」

「ウィ。その通りデスます」


 そう口にすると吸血鬼の幽霊は、長い金髪を一度かき上げてから、こう話を付け加える。


「ただし、記憶はないのデスますが、ワガ輩様の心の中ではっきりとわかっていることが、いくつかあるのデスわヨ」

「んっ? はっきりとわかっていること?」

「ウィ。まず、ワガ輩様が『吸血鬼の幽霊』であるということデスわネ」

「ああ、はい」

「ワガ輩様は自身の名前すらわからナイのに、自分が吸血鬼であるということは、はっきりと自覚しているのデスます」


 そう言って幽霊は、二本の牙を見せながら薄っすらと微笑む。


「ああ……まあ、その牙は確かに吸血鬼っぽいですよね」

「ウィウィ」

「他に自覚していることはなんですか?」

「オー。あとは、ワガ輩様は本来『この世界』の存在ではなく、『別の世界』から来た存在であるということかしらネ――」

「えっ……別の世界?」


 金髪の少女は、こくりとうなずく。


「ウィ。ワガ輩様は、別の世界からやって来まシた。そのことも、はっきりと自覚しているのデスます。そして、トウイチロウ――」


 僕の名前を呼んでから少女は、こちらを指差してこう告げる。


「貴様は、ワガ輩様にとって『何か重要な存在である』ということ――そのことも、はっきりと自覚しているのデスますポス!」

「えっ……?」


 と、僕は首をかしげた。

 金髪の少女は話の先を続ける。


「ウィ。進路指導室で貴様の姿を一目見たときカラ、『重要な存在である』ことは、わかったのデスわヨ。けれど、貴様がワガ輩様にとって、どう重要な存在なのか……正直そこまではわからないのデスますポス」


 そう言うと吸血鬼の幽霊は、僕の肩に手を伸ばしてきた。

 けれどその手は、僕の身体を通り抜けていく――。

 空気でも切り裂いているかのように、少女の手がスカッと僕の身体を通過していった。


 これは……。

 彼女は本当に『幽霊』的な存在なのだろう……。


「オー……。やっぱーり、肉体がないデスから、ワガ輩様はトウイチロウに、触れることができナイのかしらネ?」


 そう言うと金髪の少女はそっと両目を閉じ、どこか悲しげに首を横に振った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます