第10章 首筋を舐める少女

106 第10章 首筋を舐める少女

 インタビューが終わると、僕とキーナは二人だけで進路指導室を後にした。

 ピエロは部屋に残るとのことだ。『ヴァンピール・モンスターサーカス』と、まだ少し相談することがあるらしい。


 五人に別れを告げて廊下に出ると、キーナと二人で赤絨毯あかじゅうたんの上を歩いた。

 すると、足の裏たちがしゃべりはじめる。


「クククッ……冬市郎ヨ。今更イマサラナガラ、コノ赤絨毯ハ、『魔王』ニ相応フサワシイト思ワンカネ?」と右足が言った。

「クククッ……イヤイヤ、冬市郎ヨ。『大魔王』ニコソ相応シイダロ?」と左足が続ける。


 なんだか……。

 自分の足の裏が中二病みたいな発言をしてやがる……。


 とにかく、足の裏たちの話は相変わらずくだらないものだった。


「んっ? 冬市郎くん、足の裏さんたちがしゃべっているッスか?」


 道に転がっている動物のフンでも眺めるかのように、僕が自分の足下に冷ややかな視線を向けていると、キーナがそう尋ねてきた。


「ああ、うん。まあ、聞く必要のない話だけどね」

「そうなんスか?」

「そうだなぁ、動物のフンが人間の言葉を覚えたら、もしかしたらこんな話をするのかなって感じかな」


「ナッ!? ナンダト!」と右足が怒った。

「大魔王様ノ話ダゾ! チャント聞ケヨナ……」と左足は不満を口にする。


 異世界で『魔王』と『大魔王』だった――という足の裏たちの記憶。

 キーナが持つ異能の力のおかげで、少し前に足たちは、そのぼんやりとした記憶を思い出していた。


 けれど――。

 自分たちがそれぞれ、どんな『魔王』と『大魔王』だったのか?

 どんな名前だったのか?

 それらは一切思い出せていないようである。


 好きだった色や食べ物も思い出せない。

 自分が右利きだったのか左利きだったのか、そもそも利き腕があったのかすらも思い出せないそうだ。


 それと、どういう理由で今現在、僕の足の裏になっているのかもわからないとのことだった。


「いやー、冬市郎くんの足の裏さんたちの声を、一度でいいから聞いてみたいもんッスね」


 微笑みながらキーナがそう言った。

 彼女は、僕の足の裏の存在を知っている唯一の人物だ。

 けれどやはり、声を聞くことはできないようである。


「コノ美声ヲ、キーナニ、聞カセテヤリタイゼ」と右足が言った。

「アア。イツカ、キーナト楽シク話セル日ガ、来ルトイイナ」と左足が続ける。


 足の裏たちはいつも、キーナに好意的だった。

 足たちは、宿主やどぬしである僕なんかよりも、キーナと気が合いそうである。


 まあ、そりゃそうだろう。

 僕だって、足の裏に生まれ変わることがあったら、僕の足の裏なんかよりもキーナの足の裏になりたい。


「キーナさあ、足の裏の声なんて、そんなにいいもんじゃないよ?」


 僕がそう言うと、キーナは眉間みけんに小さなシワを寄せながら言った。


「うーん……。それでも、『親友の足の裏の声』を聞けないっていうのは、なんだか少しくやしいじゃないスか」

「そうなの?」


 僕が小首をかしげると、彼女はにっこりと笑う。


「ふふっ。だって、冬市郎くん本人の声だって、こんなに素敵なんスよ?」

「へっ?」

「だから、冬市郎くんの足の裏さんたちだって、きっと素敵な美声に決まっているッスよ!」

「い、いやぁ……」


 と、僕は苦笑いを浮かべる。


「いつか足の裏さんたちと、楽しくおしゃべりできる日が来るといいッスね!」


 僕がどれだけ足の裏たちの悪口を言っても、キーナは足の裏たちに対していつも好意的だった。

 彼女と僕の足の裏たちは、けっこう両想いな感じなのである。




 やがて、僕たち二人は来客用の玄関にたどり着いた。

 この女子校に来たときに、ピエロといっしょに通過したあの豪華な玄関である。


「ああ、えっと。ごめん、キーナ。僕、ちょっと――」

「いいッスよ。許してあげるッス」

「いや、まだ何も言っていないんだけど……」

「じゃあ、言ってくださいッス。許してあげるッスから」


 キーナは微笑みながら僕の肩をぽんぽんと叩く。


「そのぉ……玄関から出る前に、トイレに寄ってもいいかな?」

「トイレっすか」

「実はさっきから行きたかったんだけど、女子校だから男子トイレが全然見当たらなくて」


 来客用の玄関近くには、この校舎では珍しく男子トイレがある。

 男性の訪問者や職員用に設けられているのだろう。


「いいッスよ。自分もいっしょについていった方がいいッスか?」

「えっ?」

「ふふっ、冗談ッス。その辺で待っているッスね」


 それから僕は、キーナを残して男子トイレに入った。

 予想はしていたのだが、この女子校の男子トイレは清潔かつ豪華なものだった。


 足を踏み入れると照明が自動点灯し、やわらかな光で空間を照らす。

 床も壁も天井も、白を基調とした清潔な印象だ。

 さりげなく観葉植物なんかも置いてある。

 

 ここは本当に高校のトイレか?

 リゾートホテルにでも来たのかと勘違いしそうだった。


 用を済ませると、僕は手洗い場に移動する。

 そこには、大きくて立派な鏡が取り付けられていた。

 手をかざせば自動で泡が出るソープディスペンサーだって、当然のように設置されている。


 しかし、ここまで清潔で豪華なトイレにいると――。

 なんだか自分のことまで少し清潔にしたくなってくる。


 そんなわけで、いつもより時間をかけ入念な手洗いを行ったのだが、その直後のことだった。

 僕は背後から声をかけられたのだ。


「ンー。終わったのかしらネ? もう声をかけてもよろしいデスますか?」


 少女の声だった。

 やや特殊とくしゅなまりがある。


 僕はゆっくり顔を上げると――。

 振り返らずに、目の前にある鏡を利用して背後を確認した。


 僕の背後には、金髪の女の子が立っていた。

 その姿が正面の鏡に、ばっちりと映り込んでいるのだ。


 金髪の少女は、女子高等部のセーラー服を身につけていた。

 けれど、ヴァンピール団長でもないし、もちろん妹のピエロでもない。

 見た目や雰囲気なんかは、二人とずいぶん似ているがやはり違う。

 別人だ。


『第三の金髪の美少女』だった……。


 少女は僕の背後に立ったまま話を続けた。


「オー。貴様きさまが一人きりになルときを、ワガ輩様はいさまは、ずっと待っていたんデスます」


 やはり、ずいぶんとクセのあるインチキ外国人のようなしゃべり方だ。

 それに、どこか偉そうな言葉遣ことばづかい――。

 確実に変な女の子だろう。


「あのぉ……。ここ男子トイレですよね……?」


 僕は振り返らずにそう尋ねた。


「ンー。そうデスわネ」

「男子トイレの中で、僕のことをずっと待っていたんですか?」


 鏡に映った少女は、両目をそっと閉じて答える。


「ノン。違うデスます。ワガ輩様は、トイレに入る前から貴様のことを、ずーっと尾行びこうしていたデスわネ」

「尾行っ!?」


 さすがに驚き僕が振り返ると、金髪の少女はうなずいた。


「ウィ。そうデスます」


 光沢のある美しいロングヘアーが、ゆったりと揺れる。

 まっすぐにこちらを見つめる少女の瞳は青い。

 やはりピエロや団長と雰囲気がよく似ていた。


 それにしても……。

 またまた金髪碧眼きんぱつへきがんの美少女である。

 一日に三人もの『金髪碧眼美少女』と出会うなんて……。


 まあ、ピエロとは以前から知り合いだったわけだが、『金髪碧眼モードのピエロ』とは、今日がはじめての出会いである。

 そしてピエロの姉に加えて、目の前にいる女の子――。


 どうやら今日は、僕の人生で初の『金髪碧眼祭きんぱつへきがんまつり』が開催されているようだった。

 わっしょい! 金髪! わっしょい! 碧眼!

 まあ……この先の僕の人生で、この祭の第二回が開催されるかどうかは知らないけれど……。


 とにかく僕は、目の前の奇妙な少女に質問を続けた。


「あのぉ……。トイレに入る前から僕を尾行していて、そのままトイレの中までついてきちゃったってことですか?」

「ウィ。そうデスます」

「じゃあ、用を足している間もずっと僕のことを?」


 少女はこくりとうなずく。


「ウィ。貴様が用を足す姿を、ワガ輩様は背後から、じーっと見ていまシたデスわヨ」

「えーっ……」

「気持ち良さそうに鼻歌を歌いナがら、貴様は用を足していたデスます」


 僕は喉の奥で「うっ……」と声を漏らす。

 こんな金髪碧眼の美少女に、用を足す姿をじっくりと観察されていたなんて……。


 人によっては喜ぶシチュエーションかもしれない。

 けれど、どうやら僕は見られて喜ぶ側の人間ではなかったようだ。


 謎の少女は、金髪のロングヘアーを静かに揺らしながら話を続けた。


「先ほども告げマシたが、ワガ輩様は貴様が一人きりになルのを、ずっと待っていたデスます」

「はあ……」

「そして、ようやく男子トイレで、貴様が一人きりになったノで、こうして声をかけまシタかしら?」


 いやいや……。

 何か用事があるにしたって、男子トイレの中にまで入ってくるなんて……。


 とりあえず僕は、相手の非常識を指摘してきしてやろうと考えた。

 そして、軽めの皮肉ひにくを込めて、できるだけマイルドな雰囲気でこう言ってやった。


「それにしても僕は、『男子トイレ』で女の子と知り合いになったのは、生まれてはじめての経験ですね!」

「オー! 貴様、初体験デスますか?」

「ええ。普通でしたら『常識のある女の子』は、男子トイレに入って来ません。ですからこの先も、きっとこんな経験はできないんじゃないでしょうか」

「ウィ。貴重きちょうな経験がデきて、貴様、よかったデスわネ!」


 駄目だ……微笑んでやがる。

 どうやら、軽めの皮肉なんかはまったく通じない相手のようだ。


「そうですね。一生忘れられない初体験になるかもしれません。僕は日記を書いていませんが、もし書いていたら、たぶん記録していたなあ」

「オー。貴様、それナら今日から日記を書くといいデスます。ワガ輩様のことも、書いておくといいデスわネ!」


 僕は頭をポリポリと掻きながらこう言う。


「いやぁ、日記に書けと言われましても。僕は、よく知らない人のことは上手く書けないかもしれないなあ」

「ウィ。確かに、貴様の言う通りかしらネ?」

「ええ。だから教えてください。あなたはいったい誰なんです?」


 流れるような自然な会話で、僕は相手の正体を聞き出そうとこころみた。

 男子トイレの中にまで尾行してきちゃうような相手だ。

 加えて、このインチキ外国人のようなしゃべり方。

 その正体は、きっと普通ではないだろう。


 謎の少女は、僕の質問にさらりと答える。


「ワガ輩様が誰デスますか? ワガ輩様は『吸血鬼の幽霊』デスます」


 流れるような会話で、流れるように返ってきた答えは、それはそれはふざけたものだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます