第8章 『本物の中二病?』の少女たち

085 第8章 『本物の中二病?』の少女たち

   ≪ ≪ ≪



《ボクが考えた未確認生物なラジオタイム》


DJ こんばんは。『土曜の夜はあっちこっちでサタデーナイトっ!』――DJのアッチコッチ原山はらやまです。


アシ こんばんは。臨時アシスタントのキャサリン桜島です。


DJ あのさあ、みんな。先週予告していた通り、今日はいつもアシスタントをしてくれているジェーンが、親戚の法事でハワイに帰っちゃっているんだ。

 そこで、代理アシスタントとしてキャサリンに来てもらっているんだよ。


アシ よろしくお願いします。


DJ よろしく。

 キャサリンは長崎県出身だったっけ?


アシ 鹿児島です。


DJ オッケー! 鹿児島! オッケー! じゃあ、まずはさっそく、一枚目のおハガキの紹介だあ!


アシ こちらは愛知県にお住まいのラジオネーム、『裏山に三羽ニワトリがいた気がする過去を持つ……』さん――。

 四十六歳、主婦の方です。


《こんばんは、原山さん、ジェーンさん。そして日本全国のリスナーのみなさん》


DJ こんばんは。


アシ じゃあ、ジェーンさんの代わりに、こんばんは。

 うふふ。今日は私ですみません。


DJ さっきも言ったんだけど、ジェーンは親戚の法事でハワイなんだよねえ。ごめんよー。


アシ うふふ。続きを読みますね。


《この間、他のリスナーさんからのハガキの中で、朝食前に歯を磨くって話があったと思います》


DJ ああ、あったあった。確かにそんなハガキ、あったよねぇ。

 寝起きは口の中の細菌が繁殖していてね、汚いから朝食前に歯を磨くってやつ。

 うんうん、覚えてるよ。


アシ 《そのハガキへの反論です――》


DJ なんだい、なんだい、穏やかじゃないねえ♪


アシ 《私は歯を磨くのはやっぱり朝食後だと思うんですよ。だって歯磨き粉の味が残っている口のままで、朝食は楽しめないでしょ?

 朝食前の口の中が汚いってことが、どうしても気になるのなら、念入りにうがいをすればいいと個人的には思っています。

 それと昨日までの五日間で、同じような内容のハガキを二十三枚も送ってしまいました。

 スタッフの皆さんにはきっと、粘着質で嫌な女だと思われていることでしょう。

 けれど、どうしても我慢できずに、今日もまたハガキを書いてご意見させていただきました。

 ――というか読んでもらえるまで、同じ内容のハガキを送り続けるつもりです。

 もしオンエアでハガキを読んでいただき、スタジオ内が変な雰囲気になったら、すみません。あとステッカー下さい》


 というおハガキなんですけど――。

 全然、変な雰囲気になんかなっていないですよねえ、原山さん。


DJ うんうん。オッケー♪ スタジオ内は変な雰囲気にはなっていないですよぉお♪

 そして、言いたいことはよーくわかった。

 そういうことなら我慢していないで、ラジオを使ってどんどん吐き出した方がいいね。


アシ そうですね。


DJ はい。じゃあ、愛知県の『裏山に三羽ニワトリがいた気がする過去を持つ……』さんには、ちゃんと番組のステッカーを送っておきまーす。

 毎週毎週、一人でたくさんのおハガキ、本当にありがとうね。


アシ というわけでこの後は、『大提案! 朝食前に歯を磨こうのコーナー』です!



 ―― ♪ ジングル ――  CM


(中略)


 ―― ♪ ジングル ――  CM明け



DJ はい。四時間半に渡ってお送りしてきました、『土曜の夜はあっちこっちでサタデーナイトっ!』ですが、本日はこれにて終了です。


アシ お相手は、臨時アシスタントのキャサリン桜島と。


父親 そのキャサリン桜島の実の父親であるトイプードル桜島と。


DJ 来月で三十八歳になる、アッチコッチ原山でした。

 また来週! バイバーイ。


 エンディング



   * * *



スタッフA はーい、オッケー。あざーっす。

 どもども、二人ともホント、お疲れしたー。


DJ お疲れー。

 キャサリンも今日はホントありがとネ! ナイス代打。5打数3安打って感じ。猛打賞。


アシ えー、2安打足りなくないですかあ。

 もう、原山さんったらー、5打数5安打でしたよぉ、うふふ。

 またいつでも代打に駆けつけますから、何かあったら呼んでくださいね。


DJ トイプードルさんも本当にありがとうございました。

 また今度、オランダ製のサブウーファーの置き場所で、義理の弟と右往左往うおうさおうしたって話の続き、ぜひ聞かせてくださいよ。


父親 ええ、いいですとも。


スタッフB ナカジマさーん、ナカジマさーん、すいやせ~ん。


スタッフA うん? どしたー?


スタッフB あのー、今日の放送中に読んだリスナーからのハガキ、全部紛失しました。


スタッフA なっ? なっ?


スタッフB すいやせ~ん。


スッタフA バーカーヤーロー。なに笑顔でそんなこと報告してくれてんだよ!

 お前、とんでもないよぉ! どうすんだよ……?


スタッフB どうしやしょう。




 ――そして深夜。

 ラジオ局の非常階段で、何者かがハガキをむしゃむしゃ食べる音がする。


〈おしまい〉

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます