060 狂えるピエロ

 ピエロ顔の少女は、僕ひとりにターゲットをしぼって話しはじめた。


「俺様、メイクは、ばっちりだピエ。ただし衣装に関しては、さすがにまだ完全には用意できていないピエよ」

「衣装はそれで、完全ではないんですか?」


 僕がそう尋ねると、ピエロ顔の少女は「ピエ」と言いながら、こくりとうなずく。

 この場合の「ピエ」は、「イエス」や「はい」と同じく肯定の意味で使われているのだろう――と、僕は察する。


 白塗り顔の少女は、赤い鼻を揺らしながら説明を続けた。


「俺様、本当はカッコいいマントを巻きたかったピエよ。でも、マントの準備は間に合わなかったピエ」

「では、今身につけているそのマントは?」

「ピエ。これは、視聴覚室にあった黒いカーテンを、マントみたいに巻いてきたんだピエ」


 足の裏たちが、ふざけた調子で声を出す。


「視聴覚室ノ、カーテン、ヲ」と右足が言った。

「マント、ミタイニ」と左足が続ける。

「「巻イテ、キタンダピエ~!」」と、両足は同時に声を合わせて言った。


 足の裏たちの声を耳にした刹那せつな――。

 僕は再び、


「ふ~~ん!!」


 という奇妙な声と共に鼻息を荒げた。


 だが、笑い出すことはけっしてない。

 僕はまた、ギリギリのところでなんとか耐えきったのだった。


 手早く呼吸を調える。

 そして笑いかけていた事実などまるで無かったかのように、僕はキリリと真面目な表情を浮かべると、ピエロ顔の少女に尋ねた。


「では、その身体に巻いている黒いマントは、本来はマントではなく、視聴覚室のカーテンなんですか?」

「ピエ」


 肯定の「ピエ」を口にしながらうなずくと、少女は話を続ける。


「これは、視聴覚室のカーテンだピエ。実は、このバンドを結成したときも、俺様はマントが用意できなくて、視聴覚室の黒いカーテンをマント代わりに巻いて、はじめてのステージに挑んだんだピエ」

「もしかして……だから、このバンドの名前は『スクールカーテン』っていうのですか?」

「ピエ。バンド名の由来は、その通りだピエ」


 ピエロ顔の少女はそう口にしてうなずくと、さらに自分の衣装について語った。


「ちなみに俺様がしているこの首輪は、親父の不用になった革のベルトを、ハサミで切って作製したんだピエ」


 僕は、「ほう」と感心したフリをしてうなずくと尋ねる。


「では、その首輪はもともと、お父さんピエロのベルトなんですね?」

「親父はピエロじゃないピエ」

「失礼しました。やっぱり、世襲のピエロってわけじゃないんですね?」


 ピエロ顔の少女は、「ピエ」と言ってうなずくと首輪の話を続けた。


「それと、首輪から伸びているこのジャラジャラした鎖ピエが……」

「ええ。その鎖、ずっと気になっていました」

「ピエ。これは、手ごろな鎖が見つからなかったピエから、昔飼っていた犬の鎖を再利用したんだピエ」

「犬の鎖を?」

「ピエ。俺様、『コロ』って名前の犬を飼っていたんだピエ。けど、もう老衰ろうすいで死んでしまったピエ」


 それを聞いて僕は、少し間を置いてから静かな声でこう言った。


「そうなんですか……。そのコロちゃんって名前の犬も亡くなった後でまさか、自分をつないでいた鎖で、今度はご主人様がつながれるようになるなんて……考えてもいなかったでしょうね……」


 僕のその言葉を聞いて、ピエロ顔の少女は感慨かんがい深げな様子でこくりこくりとうなずきながら「ピエ、ピエ」と小さな声を漏らす。

 それから、彼女は話を続けた。


「一応、先に説明しておくピエが、俺様がこのバンドの『ベース担当』兼『リーダー』なんだけどピエな――」

「ああ、えっと……すみません」

「ピエ?」


 ピエロ顔の少女は、頭上の三角帽子を揺らしながら首をかしげる。

 僕は謝罪しながら尋ねた。


「お話を途中でさえぎってしまい大変申し訳ないのですが……こ、このバンドのリーダーなんですか?」

「そうピエよ」


 当然といった雰囲気で、そう答えたピエロ顔の少女。

 たまらず、足の裏たちがしゃべりだす。


「ピエロガ、リーダー」と右足が言った。

「リーダーガ、ピエロ」と左足が続ける。


 僕は一度、「コホン」と咳払いをするとピエロ顔の少女に言う。


「――ああ、えっと、ピエロリーダー、すみませんでした。話を続けてください」


 ピエロ顔の少女は「ピエ」と言ってうなずくと話を続けた。


「まあ、俺様がリーダーなんだピエが、リーダーとはいえ、隣で常に微笑んでいるドラム担当の『ペット』って設定も同時にあるピエよ。俺様はこいつに飼われているペットなんだピエ」

「ペット……なるほど。だからそうやってピエロリーダーは、リーダーなのに鎖でつながれているわけですね?」


 ピエロ顔の少女は、自身の首から伸びた鎖をジャラリと手で握りながら答えた。


「ピエ。まあそういうわけピエ。俺様もこの通りペットだから、亡くなったコロは俺様にとっては『ペットの先輩』ってわけピエよ」


 そんなピエロの隣では、桃色のゆるふわロングヘアーの少女が、あいかわらず微笑み続けている。


「うふふふふっ。うふふふふっ」


 部屋に入って来たときから、一度として微笑みを絶やさない少女。

 彼女の手には、ピエロの首輪から伸びた鎖がしっかりと握られている。


 すると、ピエロの向かい側のソファーから笑い声が聞こえてきた。

 そこに座っていたそばかすのある少女が、茶色い髪を踊らせながら話に加わってきたのだ。


「あははっ! 変態ピエロと変態飼い主様だっ! あははっ。絶対に友達にはなりたくねえなあ、あははははっ!」


 それから茶色い髪の少女は、いつの間にか手に持っていた金属製の定規じょうぎを、なぜか舌で舐めはじめた。

 アイスキャンディーでも舐めているかのように銀色の定規を舐める少女。

 その姿を目にして僕は、たまらず質問する。


「あ、あの……すみません。どうして定規なんて舐めているんですか?」

「ああ? この金属製の定規だけどよぉ、銀色だろ?」

「はい」

「だから、どことなくナイフと似ていると思わないか?」

「んっ? ナイフ……ですか?」


 僕が小首をかしげると、茶色い髪の少女は話を続ける。


「映画なんかでよぉ、悪党の集団の中にナイフを舐めている奴ってよくいるよなぁ」

「はい」

「だから、アタシはその役さ」

「ナイフを舐めている悪党の役……なんですか?」


 こくりとうなずく茶色い髪の少女。


「ああ、そうだ。さすがに本物のナイフを持ち歩くわけにはいかねえからな。それでアタシは、金属製の定規で代用しているってわけ。あはは」

「そ、そうでしたか……」


 僕は苦笑いを浮かべる。

 すると、チャリチャリという小さな音が聞こえてきた。


 小さな金属同士が、ぶつかり合っているような音。

 しかしそれは、ピエロの首輪から伸びた鎖の音ではない。


 定規を舐めている少女から視線を外し、僕は彼女の隣を見やった。

 そこには、黒髪ショートカットのボーイッシュな少女が座っている。

 彼女はソファーに座りながら、手の中でコインをチャラチャラと遊ばせていた。


「あ、あの……」


 と僕が声を掛けると、ボーイッシュな少女は顔を上げて答える。


「はい」

「先ほどから、どうして小銭を手の中で遊ばせているのですか? ジュースか何か買いに行きたいとか?」


 ボーイッシュな少女は、黒髪ショートを揺らしながら首を横に振る。


「わたし、『ボーカル』で『窃盗犯役』なの」

「……ボーカルで窃盗犯役?」


 今度は首を縦に振る少女。


「うん。だからわたし、小銭を手で遊ばせて、窃盗犯っぽさを演出してるつもり。ほら、このバンドは、悪党の集まりってコンセプトだから……」

「な、なるほど……」


 僕は納得してうなずく。

 ボーイッシュな少女が、今度は逆に質問をしてくる。


「ねえ、ジャリ研のお兄さん」

「はい」

「これから、インタビューをはじめるんでしょ?」

「ええ、まあ」

「インタビュー中に手で遊ばせとく小銭なんだけどさ、このまま三〇〇円でいいと思う?」

「はっ?」

「それとも念のため、もう一枚増やして四〇〇円?」


 相談された僕は一応、「うーん」と考えるようなそぶりをしてから答える。


「それなら、四〇〇円がいいですね」

「オッケー、ありがとう。わかったよ」


 ボーイッシュな少女は、ネコの顔が描かれた可愛らしい財布を取り出した。

 そして、一〇〇円玉を一枚増やす。

 少女の手の中で遊ぶコインは四枚となる。


 再び少女の手から、チャラチャラという音が鳴りはじめると、僕はキーナを見やった。

 先ほどまで、ピエロのせいで笑いをこらえるのに必死だったキーナ。

 そんな彼女も、今ではすっかり落ち着いた様子である。


 僕とキーナは、無言のまま目を合わせると小さくうなずいた。

 お互い心の準備が出来たのだ。


 そして、女子中学生四人組ガールズバンド『スクールカーテン』のメンバーたちの緊張もそれなりにほぐれてきたところで、僕たちは本格的にインタビューをはじめたのである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます