051 テストを開始します

 試験官の足の裏までもが、審査対象である灰音に思わず肩入れしてしまう。

 それほどまでに独特な空気が周囲に漂うと、僕は妙なプレッシャーを感じはじめた。


 もちろん僕だって左足が言う通り、


『灰音には、この中二病喫茶の救世主になってもらいたい』


 と考えている。


 野球で例えるなら灰音は、将来『不動の4番打者』になる可能性を秘めた貴重な逸材いつざいだ。

 そして、もし契約更改なんかあれば、提示された年俸におそらく文句のひとつも言わないだろう、経営者にとっては仏のような存在でもある。


 そんな灰音の心がこれ以上折れないよう、上手くテストをしなくてはならない。

 緊張感が僕の背中に冷たい汗を走らせる。


 首のチョーカーをいくらか指でいじった後、僕は前髪をかき上げた。両目を細め、奥歯をギリリっと噛みしめる。

 これから、いくぶん神経を使う作業に挑まなければいけないのだ。


『未来の救世主』をテストするという責任重大な役目。

 僕は『困惑』と『手探り感満載』といった気持ちで、胸がいっぱいだった。

「コホン」と小さく咳払いをすると、僕は覚悟を決めて灰音に言う。


「それでは、テストを開始します」


 銀髪の少女は、黙ったままこくりとうなずいた。

 心の準備は、もう出来ているといった様子である。


 僕は続けて口を開いた。


「じゃあ、いくよ……よーい、スタート!」


 言い終わると同時に僕は、開始の合図として両手をパンっと打ち鳴らした。


 その音を耳にした刹那――。

 灰音はすぐに、カチリとスイッチが入ったようだった。

 彼女の顔つきが、仮面でも付け替えたかのようにガラリと変わる――。


「クククッ……クククククッ……いらっしゃいませだ、お客様よ」


 先ほどまでのしおらしい表情は、余韻よいんも残さず一瞬で影を潜めた。

 銀髪の少女は、不敵な笑みを浮かべる。

 そして、お客様役の僕に向かって必要以上にゆったりと頭を下げた。

 たっぷりと時間をかけて。頭のつむじをわざと僕に見せつけているかのように、深々とこうべをれる――。


 それは、何か奥の手を二つも三つも隠し持っている人物がするような、どこか余裕と含みのある動作――。

 そんな中二病フレーバー漂う振る舞いだった。


 なかなかの雰囲気に僕は感心した。


 おおっ! なんだか……これは……。

 想像していた以上にいい感じだ!


 心の中でそう声を上げながら、僕は両目を大きく見開く。

 あきらかに『ただ者ではないウェイトレス』が、目の前に立っている。


 奇抜なデザインの衣装。

 美しい顔が浮かべる不敵な表情。

 そして、全身から放たれる痛々しい雰囲気――。


 どれをとっても、やはり普通の少女ではない。

 僕はごくりとツバを飲み込み思った。


 これは、間違いなく中二病の少女だ!

 今……僕の目の前で……本物の中二病の少女が、ニセモノの中二病の姉から教わった、中二病ウェイトレスの演技をしていやがる…………って、ややこしいなっ!


 僕のそんな心の声など、もちろん知ることもない灰音。

 彼女は、店長から簡単に手ほどきを受けただろう『中二病の演技』を続ける。


「お客様は、お一人様だな?」

「はい」

「クククッ……そう思ったぞ」

「えっ?」

「いや、なに……お客様よ。おぬしは誰かといっしょにいるよりも、その見た目から、一人でいる方がよく似合っておると思ってな……」

「なっ……」

「だからわらわは、おぬしを一目見たときから、きっとお一人様でこの店にやって来たのだろう、と思っておったのだよ……クククククッ」


 言われたことを落ち着いて分析すれば、孤独なのをなんだかバカにされているように思えなくもない。

 ただ、今はそれを、特に問題にすることもないだろうと判断する。

 僕は苦笑いを浮かべながらも、灰音の接客をこのままもう少し見守ってみようと決めたのだった。




 やがて灰音は、僕をテーブルへと案内しはじめた。

 そして、店内を二人で移動中のことだった。

 銀髪の少女は突然立ち止まり、何やら意味ありげな様子で視線を窓の外へと向けた。


「んっ?」と僕は首をかしげる。


 灰音が見つめた先に、僕も視線を向けた。

 だが――。

 特に変わったものは目に入らない。いつもの見慣れた景色が広がっているだけだ。


 気がつけば灰音は、何事もなかったかのように再びテーブルに向かって歩きはじめていた。

 不思議に思い、僕は尋ねる。


「あの……今の不自然な動きは何? 窓の外に何かあるの?」

「クククッ。お客様、窓の外には特に何もないかのぉ……クククッ」

「えっ?」


 テーブルに向かって歩きながら灰音は話を続ける。


「ふむ。実はわらわはのぉ、お客様の姉様から言われておったことを、たった今、実践してみたのだ」

「姉ちゃんから?」


 灰音は前を向いたまま、こくりとうなずく。


「うむ。『チャンスがあったら立ち止まって、とりあえず窓の外を五秒ほど眺めてみなさい』なんてことを言われておったからのぉ」

「はっ?」

「ふむ。まあ、その行動に何の意味があるのか、わらわにもわからぬ。だが、冬市郎のその様子を見る限り、何かしら意味があったのかもしれんのぉ」


 ――急に立ち止まり、意味もないのに意味ありげな様子で窓の外を眺める。

 確かにそれは、中二病っぽい行動のひとつかもしれない。


 実際に中二病の人物が、目の前でそんなことをしていたら?


 周囲の人間は、それを気にしてしまった時点で相手の思うつぼである。中二病であるその人物を喜ばせるだけだ。

 そして今。

 灰音のそんな行動を、僕は見事に気にしてしまったのである。


 普段であれば僕は、そんなことでいちいち心にダメージなど受けない。

 だが、今回は違った。

 その『中二病的な小技』を灰音に仕込んだのは、姉の美冬なのだ。


 僕としては、灰音越しに姉から『ジャブを綺麗に一発入れられた』ような気分になり、少しだけ心がモヤモヤするのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます