049 接客の練習

 それから灰音が、僕に向かってぺこりと頭を下げてくる。


「――というわけで、これからここで働かせてもらうからのぉ。よろしく頼むぞ、冬市郎」


 僕も深々と頭を下げた。


「こちらこそ。灰音、この店のことを本当によろしくお願いします」


 姉は、僕と銀髪少女のそんなやり取りを目にすると、両手をパンパンと打ち鳴らしながらこう言った。


「さあ、これで新しいアルバイトさんも見つかったわね。まあ、しばらく仕事に慣れるまでは研修期間中のお安い時給でもオッケーってことだし、灰音ちゃんは物分りがよくて本当に助かるわぁ……クククッ」


 僕は姉の様子を目にして、顔を引きつらせる。

 姉のこの『クククッ』笑い――。それが、中二病を装った演技としての笑い声ではなく、なにか悪巧わるだくみをしているために発せられた笑い声だとわかっているからだ。


 一方で灰音は、給料のことなどたいして気にもしていない様子だった。

 銀髪おかっぱ頭を揺らしながら、彼女は僕の方をまっすぐ向いて微笑む。


「ふふっ、冬市郎よ。これでまた昔の――時雨風月しぐれふうげつ紅叢雲べにむらくものときのように、いっしょに過ごせる時間が増えるのぉ」


 少女の優しい笑顔が、僕にはまぶしかった。

 光り輝く銀色の髪と黒々とした大きく美しい瞳は、どこか神々しさすら感じさせる。

 そんなものを前にして僕は、緊張しながら「お、おう……」と少し情けない声を出す。


 灰音は、僕といっしょに過ごせる時間が増えることを、心の底から喜んでいる様子だった。

 純粋な笑顔を浮かべる彼女。

 その隣では、灰音の物分かりの良さを利用して、少しでも安い賃金で働かせようとしている姉が、イヤらしい笑みを浮かべている。


 僕の目の前で対照的な笑顔を浮かべる二人。

 彼女たちを見比べていると……。

 僕は、自分の身内がどこか薄汚れた心の持ち主のように思えてきて、思わず顔を両手で覆いたくなった。


 やがて、薄汚れた心を持つゴスロリ店長が口を開く。


「クククッ……。真面目に働いてくれそうな子が見つかって本当に満足だわ。人材を見つけるのにこれ以上手間取っていたら、疲労の蓄積ちくせきで、右目の眼帯の下に隠されているサファイアが割れちゃうところだったわね」


 姉のその発言を、僕はすぐに訂正する。


「いや、姉ちゃん。右目のそれはサファイアじゃなくてルビーって設定だし……。そのルビーは疲れたら割れるんじゃなくて、本当の愛を知ると割れるって設定だし……」

「そうだったっけ?」


 と首をかしげる姉。


「そうだよっ! 姉ちゃんが自分で決めた設定だろ? それなのに設定が、ぐらぐらだよ……」


 ため息をつきながら僕は頭を抱えた。

 灰音の方は、姉と僕を眺めながら「仲の良いきょうだいだのぉ」とつぶやき、両目を細めてクスクスと笑う。


 それから姉が、何かを思い出したかのように、「あっ、そうだ!」と声をあげた。

 彼女は僕の両肩に手を置いてこう言う。


「……ねえ、冬市郎。お願いがあるんだけど」

「なっ、なんだよ……」

「灰音ちゃんの接客練習の相手をしてくれない?」

「接客の?」


 僕がそう聞き返すと、姉は茶色い巻き髪を揺らしながら、うんうんと二度うなずいて話を続ける。


「冬市郎。灰音ちゃんには、この店の接客方法を一応わたしの方で、ひと通り説明しておいたからさ」

「そうなんだ」

「うんうん。だから、彼女がその説明をちゃんと理解できているかどうか、あんたがテストしておいてくれる?」

「僕がテストを?」

「そうよ、接客のテストをするの。あんた、時々嫌味なぐらい細かいことに気がついたりするじゃない? だから、きっと適任よ」


 そう言うと姉は、僕に向かって軽くウインクした。

 僕は苦笑いを浮かべながら言い返す。


「……僕が細かいことに気がつくんじゃなくて、姉ちゃんが色々とおおざっぱ過ぎるんだよ」

「あはは。まあ、そんなの今はどっちでもいいわ。とにかくお願いね、冬市郎」


 そう言い残すと姉は、鼻歌を歌いながら店の奥へと消えていく。


「ちょっ……姉ちゃん……」


 黒いゴスロリ風の衣装を軽やかに揺らしながら、姉は振り返りもせずに遠ざかっていった。

 僕の隣では、赤い改造和服を身につけた銀髪の少女が、ペコリと頭を下げる。


「ふむ。では、冬市郎よ、よろしく頼む」

「お、おう……」


 そう返事をしながら僕は、OFGをはめた右手で首のチョーカーをいじった。

 銀髪の少女は、どこか楽しそうな様子でこう言う。


「うむうむ、いっしょに訓練か。悪くない。二人でたくさん修行をした、あの頃を思い出すのぉ」


 もちろん僕にそんな記憶はない。

 そこでとりあえず、「はははぁ……」と愛想笑いを浮かべると、僕は彼女に向かって言った。


「じゃあ、灰音。さっそく接客の練習をしようか?」

「ふむ」


 そして僕たち二人は、接客の練習をはじめるのだった。




 まず僕は、灰音を連れて喫茶店の入り口へと戻る。


「じゃあ、灰音。僕がお客さん役で、扉を開けて店の中に入るところからスタート――ということでいいかな?」

「ふむ。かしこまりだ、冬市郎よ」


 赤い改造和服を身につけた少女は、真剣な表情を浮かべて、こくりとうなずく。


「よし。じゃあ、接客テストをはじめよう」

「それでは、わらわは姉様に教えてもらった通りに接客してみるかのぉ」

「うん、とりあえずそれで頼むよ。じゃあ僕、一度店の外に出るからね」


 カランコロンとノーテンキなドアベルの音を響かせながら、僕がガラス扉を開けて店の外に出る。

 すると、銀髪の少女がすかさず扉の鍵を内側から閉めた。


 カチャリと響く鍵の音――。


 僕はすぐそれに気がつき、店の外側から扉を開けようとする。

 だが、扉はゴンゴンと重い音を立てた。

 鍵がかかっているので、開くことはないのだ。


 店の外から僕は、店内にいる灰音に尋ねる。


「あ、あの……灰音……。どうして内側から鍵をかけて、僕を閉め出すの?」


 ガラス扉の向こうから銀髪少女の、ややくぐもった声が届いた。


《ふむ。姉様が、『この喫茶店では、お客様の予想できない行動をすると喜ばれることが多い』と教えてくれたからのぉ。とりあえず先手を打ってみたのだが……どうだ、冬市郎よ》


 ガラス扉越しに僕は、少女の質問に答える。


「いや……さすがにこれは予想していなかったよ……。今から接客のテストをしようと思っていたのに、試験官の僕が、こんなカタチで店を閉め出されるなんて……」


 再びガラス扉の向こうから、灰音のくぐもった声が聞こえてくる。


《うむ。このような行動、普段の自分であれば、どうかしておると思うところだがのぉ。しかし、中二病喫茶のウェイトレスとして姉様の教えに従えば、わらわのこの行動はあながち間違ってはおるまい?》


 そう言われて僕は、苦笑いを浮かべながら話を続けた。


「あは、あははぁ……。いやぁ、灰音は間違っていないよな。うんうん、灰音は悪くない。僕の姉ちゃんの教えに、素直に従っているだけだもんなぁ。だから、間違っているとしたら、姉ちゃんの教え方だなぁ……あははぁ」


 前途多難ぜんとたなん――そんな言葉が僕の頭の中には浮かんでいた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます