048 改造和服

 紅叢雲べにむらくもの戦闘服に身を包んだ灰音が言った。


「うむ。この格好を目にすれば、冬市郎も前世のことを少しは思い出すかも――と、淡い期待を抱いていたのだが……まあ仕方ない」


 銀髪の少女は長いまつ毛を揺らしながらパチパチとまばたきをすると、一度だけ「コホン」と咳払いをした。

 それから彼女は、やや緊張した様子で僕にこう言う。


「――で、どうだ?」

「んっ?」


 僕は首をかしげる。

 すると、少女の黒目が、クワッと大きく見開いた。


「むぅ……冬市郎よ。昔の記憶がないのだろう?」

「あっ、ああ……」

「ならば、戦闘服を身につけたわらわのこの姿を目にするのは、今日がはじめても同然ではないのか?」

「う、うん……」

「だったら、はじめてこの姿を目にして、もう少し何か言うことがあるのではないか? 先ほどはは聞いたがのぉ。さらに付け加えて言うことがあると思うのだが? んっ? んんっ?」

「えっ……付け加えて言うこと?」

「ほれ! ほれほれ!」


 灰音は、赤い改造和服を揺らしながら、その場で再びくるっと回った。

 例のごとく、ミニスカートがふわりと踊る。――だが、ギリギリのところで、僕の瞳に下着は映らない。

 僕は黙って眉間にシワを寄せた。



 やっぱり本当に、はいていないのではないか?



 そして男としての本能が、視線を何度も何度も少女の下半身へと向かわせる。

 僕の目は、灰音の顔とスカートの間を行ったり来たりと彷徨さまよう。


 灰音の方は、怒っているのか、それとも恥ずかしがっているのか、徐々に頬を赤らめていった。


 少女の下半身をチラチラと盗み見る僕。

 露出度の高い服を身につけて赤面する灰音。


 そんな僕たちに、しばし奇妙な沈黙が訪れる――。


 やがてしびれを切らしたのか、銀髪の少女はバンバンと地団駄じだんだを踏む。


「……ま、まったくっ! おぬしは、どうしてピンとこんのかのぉっ!」


 おかっぱ頭が弾み、赤いころもに包まれた豊かな胸が、荒ぶり踊った。

 地団駄にあわせてミニスカート部分が激しく運動する。――が、やはり下着は姿を現さない。


「冬市郎よ! 先ほどおぬしは『すばらしい戦闘服』だと服のことは褒めたがのぉ、あの言い方では服だけしか褒められておらんではないか! 着ている人間の方には、何かないのかのぉ!」

「えっ?」

「要するにわらわは、『このすばらしい戦闘服が、わらわにちゃんと似合っておるか?』と尋ねておるのだろうが! 言わせるな、このバカ者がっ!」


 言われて僕は、「あっ……」と声を漏らした。

 灰音と神社ではじめて接触したときも、これと似たようなやり取りをした気がする――と思い出しながらである。


 僕は、少女の下半身から目を離す。

 そして、彼女の黒い瞳をまっすぐ見つめると、当時とまったく同じセリフを口にした。



「うん。もちろん、よく似合ってるよ」



 その一言で、地団駄を踏んでいた少女の動きがピタリと止まった。


「む……むぅ……。そ、それでよい」


 灰音は、そう口にしながらミニスカートのすそを両手でキュッと握る。

 明らかに照れている様子。


 握られたスカートがほんの少しだけ上がる。

 ――だが、やはり当然のように下着は見えない。


 僕はもうひとつ感想を付け加えた。


「まあ、着ているその服がすばらしく見えるのは、やっぱり着ている人間が素敵だからってのもあるんだろうな」


 ピクッと身体を震わせる灰音。喜んでいる様子だ。

 彼女の両手にさらに力が加わる。握りしめられていたスカートが、もう一段階キュッと上がった。

 しかし、下着はやはり姿を現さない。


 でも……これは……。

 もしかして、褒めたらスカートが少しずつ上がるシステムなのか?

 もう一回褒めたらどうなる?


 好奇心を抑えきれず僕は、もうひとつ褒めてみた。


「とにかく、その服は誰が着ても似合うって感じではないよね。魅力的な灰音が着るからこそ、その服も魅力的なものになるんだろうよ」

「む……むぅ……。わらわが魅力的……」


 顔も耳も真っ赤にしながら灰音は、自身の口元を両手で押さえた。スカートから手を放してしまったのだ。

 褒めたらスカートが少しずつ上がるシステムなんて、どうやらここには存在しなかった。幻想だ。


 灰音はモジモジした様子でこう言った。


「ふ、ふむ……その、なんだ。と、とにかくわらわは、何かあったときにいつでも戦闘が出来るよう、おぬしが『似・合・う』とめてくれたこの赤い戦闘服を、常にトランクに詰めて持ち歩いておったわけだ……」


 少女は、「コホン」と小さく咳払いをする。

 そして彼女は、頬を薄っすらと染めたまま凛々りりしく胸を張り、話を続けた。


「まあ、冬市郎の姉様にこの姿を見てもらうことが出来たのも、普段からこの服を持ち歩いておった成果かのぉ」

「お、おう……」

「うむ。そしてこの衣装のおかげもあってか、わらわは先ほど無事に『中二病』とやらに認定してもらえたようだぞ。えっへん」


 得意げな表情を浮かべる灰音。



 無事に中二病に認定って何だよ!

 中二病に認定された時点で、もう無事じゃねえんだよっ!



 心の中でそう叫びながら僕は、


「灰音……よ、よかったね……」


 と言って、ひっそりと顔をひきつらせた。

 銀髪の少女は楽しそうに話を続ける。


「それと、わらわは『中二病認定テスト』に合格したことで、同時にこの喫茶店の『アルバイト採用テスト』にも合格したとのことだ」

「そ、そうか……。しかし、アルバイト採用テストはともかく、中二病認定テストって……姉ちゃんは、いったい何をしているんだ……?」


 中二病喫茶『ブラックエリクサー』

 その店長である僕の姉・印場美冬。


 はたして……彼女が灰音に実施した謎の『中二病認定テスト』とは……?


 この潰れそうな喫茶店の奥で、いったいどのようなテストが行われていたのか……。

 それは、実の弟である僕にすら、まったく知らされていないやみのテストだった。




 やがて、店の奥から姉がやってくる。

 左腕を包帯でグルグル巻きにし、ゴスロリ風の衣装を身につけた二十五歳の女性だ。

 眼帯で右目を隠しているのだが、その目には『本当の愛を知ると割れてしまうルビー』が埋め込まれている――という設定。


 とにかく、そんな設定を背負って生きている彼女は、



『わたしは、この右目のルビーを割らないために、けっして恋人はつくらないわ――』



 と、昨年のクリスマスイブから公言している人でもある。

 その公言通り、僕の姉に恋人はおらず、募集もしていない。


「いやはや、本物の中二病の女の子って、やっぱりすごいわねっ! 身にまとっている空気がなんか違うわ! うんうんっ」


 大声でそんなひとり言を口にする喫茶店の店長。

 彼女は何やらご機嫌な様子で、客が一人も見あたらない店内を闊歩かっぽする。

 人気ひとけのないガラガラの店内など彼女にとっては日常であり、もはや何も気にならないといった感じだ。

 毎日毎日、こんな厳しい現実を突きつけられているせいで、姉の心はすでに麻痺している。


 そうして僕の前にたどりついた姉は、茶色い巻き髪をふわりと揺らしながら言った。


「ねえ聞いてよ、冬市郎。灰音ちゃん、定休日の月曜以外は、放課後毎日うちの店でアルバイトしてくれるんだって」

「そ、そうなんだ……」

「それに土曜日と日曜日も、シフトをガンガン入れちゃっていいんだってさ。いやー、本当に助かるわー。うちの店、こんな美少女ウェイトレスが加わったら、簡単に息を吹き返すんじゃない?」


 ゴスロリ姿の巨乳店長は、とても満足げな様子だった。

 現状では、灰音がアルバイトに加わっただけで、潰れそうなこの店の危機を回避できたわけでもない。

 それなのに彼女は、もう勝ったも同然といった表情。

 大きな胸の下で両腕を組み、仁王立ちなのである。



『本物の中二病の女の子を雇う』



 そんな対策を打ち出して、それを実行した――。

 姉・美冬はその事実だけで、すでに大満足なのだ。


「ふふふっ……それにね、冬市郎。灰音ちゃんは、衣装もこの通り自前のものがあるから、わたしが用意しなくてもいいのよ。本当にラッキーよね!」


 そう言って姉は、赤い改造和服を身につけた灰音の肩をポンポンと叩く。


「姉様……」


 と、少し恥ずかしそうに顔を赤らめる灰音。

 姉はそんな銀髪少女の全身を、さっと眺めてから僕にこう尋ねてくる。


「冬市郎……それでさぁ」

「んっ?」

「灰音ちゃんのこれって…………『和風中二病?』っていうのかなあ……?」


 姉はそう言って、小首をかしげた。

 僕は、「和風中二病……」と姉の言葉を、ぼそりっと繰り返す。


 やがて、黙ったまま見つめ合う僕と姉。



(和風中二病……たぶん、それでいいんだよなぁ……)



 なんだか、お互いの心の声が聞こえてきそうな沈黙――。

 そんなものが訪れた後、姉が口を開いた。


「あはは。まあとにかく灰音ちゃんは、うちのスタッフの誰とも、キャラも見た目も被っていないから、すごくありがたいわよね」


 些細ささいなことなど気にしない。そんな雰囲気で姉は、満面の笑みを浮かべた。

 灰音のことも、そして衣装のことも、とにかくかなり気に入った様子だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます