034 例のアレ

 この先も、『女子中等部で起きた事故』を話題にすれば……。

 僕はきっと、魂を削られ続けることだろう。

 そんな気がしたので、とにかく話題を変えようと、僕はキーナに尋ねる。


「そ、それよりもキーナ」

「なんスか」

「どうしてわざわざ、顔を隠して店に来たんだよ。マスクと帽子で、見た目が完全に不審者だったぜ?」


 キーナは、ゆっくりと首を横に振った。

 それからポニーテールを左右に踊らせながら、こう答える。


「そりゃあ、自分は瀬戸灰音と知り合いになんかなりたくないからッスよ。彼女に顔を見られたくなかったんス」

「はっ?」

「だって、あの人と関わると、何か色々と面倒臭そうじゃないスか」


 彼女のその答えに、僕は納得がいかなかった。


「それなら、そもそも店に来なけりゃいいじゃないか。今日、中等部での用事が終わった後、僕が灰音を店につれていくってことは、キーナにも事前に話しておいたはずだぜ?」

「それはまあ、そうなんスけど……」

「じゃあ、どうして?」

「そのぉ……冬市郎くんが瀬戸灰音と会うときに、『例のアレ』を持っていた方がいいかなあって思ったんスよ」

「んっ? 例のアレ?」


 例のアレとは、なんだろうか?

 心当たりがなくて、僕は首をかしげた。


 一方でキーナは、テーブルから少しずつ後ずさりしながらこう言った。


「はい、例のアレっすよ。お忘れッスか? 今、ちょっと持ってくるッスね」


 キーナはそう言うと、僕にくるりと背中を向ける。

 それから窓際にある自分のテーブルへ引き返すと、入店時に手にしていた黒革のトランクを抱えて再び戻ってきた。


「なあ、キーナ。どうしてトランク?」

「特に深い意味はないッスよ」

「そうなんだ」

「はい。ただ、どこかの誰かさんがトランクを目にしたら、ちょっとぐらい動揺してくれるんじゃないかな、と思って持ってきただけッス」


 そしてキーナは、イタズラっぽく微笑んだ。

 僕はビクッと身体を震わせる。


「うっ……。ただ僕を少し動揺させるためだけに、わざわざトランクを用意してくるとは……」


 そうつぶやくと僕は、続いてキーナに尋ねた。


「そ……それで、キーナ。例のアレって?」

「これッスよ。せっかくだから、冬市郎くんに渡しておこうと思ったッス」


 キーナは、テーブルの上にトランクを乗せて開く。

 中にはオレンジ色の小箱が入っていた。小箱のサイズは、僕の握りこぶしよりも、ひと回りほど小さいだろうか。

 そんな小さな箱が六つ、トランクに入っていたのである。

 そして、すべての小箱の上部には、『赤い三日月』マークが四つずつ描かれていた。


 四つの赤い三日月が描かれたそんな箱を目にして、すぐに僕はスマホで見たあの画像を思い出す。

 灰音から送られてきた『アイメイボックス』と呼ばれる箱の画像である。

 目の前の小箱たちは、「余力があれば集めるように」と、銀髪の少女から言われていた箱と同じもののように思えた。


「キーナ……これ、アイメイボックスってやつじゃないか!? いったいどうして?」

「ふふーん。冬市郎くんが委員長さんと一緒に『クソブログ』を読んでいる間に、中等部の校舎をウロウロしながら見つけておいたッス」

「ええっ!? こんな小さな箱を、あの短時間で六つも見つけたのか!?」


 キーナは微笑みながら、こくりとうなずく。

 先ほどまではずっと、イライラした気持ちを全身からかもし出していたキーナ。

 だが今は――。

 なんだかんだ言っても、唯一の友人であるこの僕の役に立てたことが、やはり嬉しいといった雰囲気である。

 優しげな表情を浮かべながら、キーナは話を続けた。


「その箱なら、見つけるのは簡単だったッスよ」

「えっ……?」

「うーん……。どうやら自分には、この箱を探す才能があるみたいッスね」


 キーナは胸の前で両腕を組んで、こくりこくりとうなずいた。

 彼女の背後では、黒髪のポニーテールが「そうだそうだ」といった感じで弾んで揺れている。

 少女のそんな様子に、僕は苦笑いを浮かべた。


「いやいや、才能って……」

「んっ? ひょっとして冬市郎くん……信じていないんスか?」


 キーナは両目を細め、非難するような視線をやんわりと僕に浴びせてきた。

 すでに心が縮み上がっていた僕は、もうこれ以上彼女から責められてはたまらないなと思い、無理やり微笑む。


「あ、あはは……。ま、まあ、とにかく箱を集めてくれてありがとう、キーナ。このアイメイボックスは、後で灰音に渡しておくよ」

「いいってことッスよ。自分と冬市郎くんは、なんだかんだ言っても『高校で唯一の友人同士』なんスからね。お互い、他に友人は一人もいないんスから」

「ああ……うん」

「うんうん。友人同士、時には色々と腹が立ってギスギスすることだってあるッスよ。けれどやっぱり、お互い助け合うことを忘れてはいけないッス」


 キーナは、うなずきながらそう言うと、僕の肩をポンポンと叩いた。

 それから彼女は、さらに話を続ける。


「いいですか、冬市郎くん。自分たちのこの関係は、何があっても大切にしていかなくてはいけないものッスよ」


 僕との『友人関係』を、妙に強調するポニーテールの少女。

 もちろん僕も、彼女のその主張には同意する。

 僕だってキーナと同様、高校に彼女以外の友人はいないのだ。だから当然、キーナとのこの友人関係を、何よりも大切にしている。


「ああ、うん。わかっているよ。僕とキーナは、高校で唯一の友人同士なんだから。この先もずっと二人で助け合っていかなくちゃ……」


 そう口にしながら僕は、ふと一年前のことを思い出した。


 高校でキーナと友人になれたこと。

 それは僕にとって、愛名高校に入学して唯一良かったと思えることだ。


 けれどもしも……。

 一年前のあの日――。


 あんなトラブルに巻き込まれていなければ、僕たちが友人同士になるようなことはなかったのかもしれない。

 僕もキーナもきっと今頃は、もっと違った感じの高校生活を送っていたのではないだろうか……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます