033 怪しげなお客さん

 一方で怪しげなお客さんは、おびえる僕に向かって、こう言った。


「ふふっ、冗談ッスよ。顔をこちらに向けてくださいッス」


 どこかイタズラっぽい響きを含んだその声を耳にして、うつむいていた僕は、ゆっくりと顔を上げる。


「んっ……? この声としゃべり方は……」

「ふふっ。自分、冬市郎くんが一人になるのを、さっきからずっと待っていたんスよ」


 怪しげなお客さんは、そう口にすると、深々と被ったニット帽をおもむろに脱いだ。

 黒髪のポニーテールが、ほんのりと甘い香りを振りまきながら帽子の下から出てくると、彼女の背中に向かってさらりと流れる。


 明らかに、とある特定の人物を連想させる、そのつややかな黒髪の束――。

 それは、向けられた僕の視線をからめ取るかのように、ふらりふらりと左右に揺れた。


「そのポニーテール! やっぱりかっ!」


 黒髪ポニーテールの振り子運動を目で追いかけながら、僕はそんな声を上げる。


「ふふーん。瀬戸灰音が席を立ってくれたおかげで、ようやくこうして声をかけることができたッスね」


 そして、お客さんが大きなマスクを外す。

 案の定そこには、可愛らしいキーナの顔が現れたではないか。


 栗色の大きな瞳が、くりくりと僕を見つめてくる。

 そして薄桃色の唇は、元気よく動いてこう言った。


「冬市郎くん、どうもッス!」

「キーナ……」


 ひとまず、怪しげなお客さんの正体が判明した。

 そのことで僕は、ほっと胸をで下ろす。


 それにしたって、僕の唯一の友人は、実に心臓に悪いことをしてくれたものだ。

 僕はムスッと、ほっぺたを膨らませる。

 それから、キーナに向かって口をとがらせると、不満を声に込めてこう言った。


「おい、キーナ! どうして電話に出てくれなかったんだよ?」

「ムムっ? 電話スか?」

「ああ、そうだよ! キーナが中等部から出ていった後、僕は何度も連絡を入れたんだぜ?」


 少々強めの口調で、僕は彼女を責める。

 しかしキーナは、まったく動揺することもなくニコッと微笑みを浮かべた。

 それから彼女は、練習不足の素人役者が、まるで台本に書かれているセリフでも読んでいるかのような、そんな一本調子でこう答える。


「な、な、な、何度も電話をー!? あははー、そうなんスかぁー? 冬市郎くんからの電話にはー、自分まったく気がつかなかったッスねー。あははー、すまないッス。本当にまったく気がつかなかったスよー。あははははー、あははははー」


 明らかに抑揚よくようの少ない、そのわざとらしいしゃべり方。

 こう質問されたらこう返そう――と、あらかじめ用意していたかのごときキーナの受け答え。


 その『セリフ棒読み口調』は、素なのか……それとも狙ってやっているのか……。

 おそらく後者だと直感した僕は、心の中でこうつぶやく。


 ううっ……キーナめ。

 こりゃあ、電話に気がついていたのに、わざと出なかったんだな……。


 くやしくて僕は、OFGをはめた右手で自身の口元を押さえながら、「くっ……」と声を漏らした。

 足の裏たちがしゃべり出す。


「キーナ、ヤッパリ怒ッテイタンダナ……」と右足が言った。

「アノ女子中学生ト、イチャイチャシテイタカラ、嫉妬シタンダ」と左足が続ける。


 足の裏たちのそんな声を耳にすると、僕の脳内で中等部での出来事がよみがえった。


 密室で、小柄な女子中学生を押し倒したこと。

 大曽根みどり子の体温や、そのなめらかな肌の感触。

 恥ずかしそうに頬を染めたロリ少女の顔。緑髪から漂ってきた甘いミルクのような香り。

「はあ……はあ……」と漏れ聞こえてきた彼女の吐息。

 下腹部に押し付けられた、小さくて柔らかなお尻。そして左手でんだ、あのつつましやかな胸の、くにゃりとした手ごたえ――微少だが確実に柔らかかった感触。


 それらを次々と思い出すと、顔や耳が熱を帯びてくる。

 きっと僕は赤面していることだろう。


「な、なあ、キーナ……。僕、みどり子と別に変な事とかしてないからな? ご、ご、誤解してるぞ?」


 キーナの誤解を解こうと、僕はそう口にする。


「はあ? なんのことスかね? 別に自分は、冬市郎くんと委員長さんが密室の床で抱き合っていようと、特に何も気になんかしていないんスけど? んっ?」

「うぅっ……」


 何も言えず黙ってしまう僕。

 キーナはその栗色の瞳で、そんな僕の顔をのぞき込んでくる。


「それにしても、どうして冬市郎くんは、ほんのりと顔を赤くしているんスか? やっぱり女子中学生と、密室で何か楽しいことでもしてきたんスかね? んっ? んっ?」


 図星をつかれて僕は思わず、彼女から目をそむけた。

 そして気がつくと、首のチョーカーを、ほとんど無意識に指でいじりはじめていたのである。

 この行動は、少しショックだった。

 自然にそんな行動をするということは、もはやチョーカーは僕にとって『身につけていて当たり前のアクセサリー』となっているのかもしれない……。


 動揺する僕とは対照的に、キーナはケロッとした表情で話を続ける。

 僕がキーナから視線を外したところで、彼女の追及ついきゅうが止まるわけがないのだ。


「それよりも冬市郎くん。いつの間にか委員長さんを、『みどり子』なんて、ナチュラルに下の名前で呼んでいるみたいッスけど……。あの短時間でずいぶんと仲良くなったもんスね?」

「おっ……おぉ、まあな」

「うーん……おかしいッスねぇ。自分の知っている冬市郎くんは、そんなに『コミュりょく』の、高い人間ではなかったはずなんスけど……。ひょっとして、この冬市郎くんはニセモノっすかね?」


 そう言うとキーナは、形の良い鼻をツンっと上に向ける。

 それから、僕にゆっくり顔を近づけると両目を閉じ、ポニーテールを揺らしながら、くんくんと鼻を動かしはじめた。


「くんくん……くんくん……ムムっ! この匂いは、やはりニセモノ! 取材対象を床に押し倒すことを密着取材だと思っている、けしからん人間の匂いッスよ!」

「うっ……も、もうそれはいいだろ? 女子中等部のあの出来事は、とにかく事故だったんだよ」

「ほーほー。それはそれは素敵な事故ッスね」

「む、むうぅ……」


 この話題を続ける限り、常に防戦一方となる――。

 そのことを僕は、充分に悟ったのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます