015 忠犬キナ公

「まあ、僕も今日のところは、これ以上ブログを読み進めるのは止めておくか」

「うんうん。それがいいッスよ、心にも身体にも――」


 キーナは、しみじみそう思うといった様子で、両目を閉じて何度もうなずいた。

 黒髪のポニーテールも、「んだ、んだ」と、彼女の意見に同意しているかのように上下に揺れる。


「それで、とにかく冬市郎くんは、このを書いていると接触して、年下の少女にをしたいんスよね?」

「いや……最後だけ違いますけど……」


 僕は非難の気持ちを込めて、じっとりとした視線をキーナに向けた。

 それから、彼女のおふざけ発言を掻き消すかのように、「ごほんっ!」とわざと大きめの咳払いをしてから、気を取り直して話を続ける。


「でもどうやって、このブログの作者に接触しようかと思ってさ。彼女、愛名女子の中等部に通っているらしいんだ」

「愛名女子の中等部なら、校舎もお隣ですし、すぐそこッスね」

「ああ。まあ、だけはすごく近いよな。でも……」

「はいッス。姉妹校の生徒とはいえ、男子は女子中等部の敷地内に、簡単には入れないッスよ」

「そうなんだよな。うーん……」


 困ってしまい僕が黙り込むと、キーナの栗色の両目がキラリと輝く。

 彼女は、薄っすらと笑みを浮かべ、明らかに何かを思いついたといった様子だった。


「ふふーん。あのぉ、冬市郎くん」

「んっ?」

「そのぉ、思い切って女装してみるってのはどうスか?」

「うっ……」


 僕は両肩をピクっと震わせた。

 それからアゴの下に手を当てて、「うーん」と唸りながら両目を細める。

 キーナの方はなんだかノリノリで、女装することをさらに勧めてきた。


「冬市郎くん、女装して女子校に潜入するッスよ! この栄町樹衣菜の制服を貸してあげるッス。冬市郎くん、可愛い顔をしているから女装してもきっと通用するッスよ!」


 僕の足下から、すぐに疑問の声が上がった。


「冬市郎ガ、可愛イ顔ダッテ? キーナノ目ハ、相変ワラズ節穴フシアナダナ」と右足が言った。

「冬市郎ノ女装ガ通用スル? 冗談キツイゼ、キーナ」と左足が続ける。


『女装作戦』に批判的な足の裏たちの声。

 僕はそんな声を聞き流すと、真剣な顔をして口を開いた。


「なあ、キーナ……」

「んっ?」

「女装するって方法は、僕も一度は考えたさ」

「そうなんスか?」

「――ああ。正直、通用する気もする」



「「通用シネエヨ!」」



 両足が僕の意見に同時にツッコミを入れた。

 その後、足の裏たちは女装した僕の姿でも想像したのだろうか。



「「オエーー!!」」



 と、一斉に甲高い声をあげた。


 本当に失礼な足の裏たちだ。

 僕はそんな足の裏たちの声を再び無視しながら、話を続けた。


「でも、キーナ……。落ち着いて考え直してみたら、さすがに女装はないな……と」

「んっ? どうしてスか? 女装した冬市郎くん、きっと可愛いのに」

「いや、自信がなくはないんだ……」

「自信はあるんスね」

「ああ……」


 特にこれといった根拠こんきょはなかった。

 けれど僕は、自分の女装に、なぜだか少しだけ自信があったのだ。


 僕のそんな根拠のない自信が伝わったのか、キーナがまた女装を勧めてきた。


「じゃあ、冬市郎くん。やっぱり女装して――」

「いや、キーナよ……それは駄目だ」

「どうしてスか?」

「女子校に女装して潜入したなんてことが万が一、バレたら? その時に受ける社会的ダメージは計り知れないだろう。ここはとにかく、リスクはなるべく避けるべきだと思うんだ」


 そんな弱腰な僕の意見を聞いて、キーナは心底残念そうにうつむいた。


「そうスか……。まあ、もし親友の女装がバレて社会的に死んだとしても、自分は『忠犬ちゅうけんキナ公』と自ら名乗り、犬のおおよその平均寿命である十五年くらいは冬市郎くん…………いえ、『女装して女子校に潜入しようとした勇者』のかたわらに、付き従う覚悟は出来ていたんスけどね……」

「えっ?」

「それで、人生ナイトメアモードと化した世界に、二人で立ち向かうんスよ」


 そう言い終わるとキーナは、自身のポニーテールを右手でつまむ。

 そして、その髪を犬の尻尾のようにパタパタと振りながら、「わんわん」と鳴いた。



 どうしよう……可愛い……。



 これが『忠犬キナ公』なのか、と僕は犬の真似まねをするキーナに一瞬で魅了されてしまったのだ。


「えっ……どうしよう……。キーナが、『忠犬キナ公』として、十五年も僕の傍らにいてくれるの?」

「そのつもりッス」

「――ってことは、三十代の前半くらいまでは、『忠犬キナ公』は僕と一緒に、社会の荒波と戦ってくれるの?」

「もちろんッスよ」


 キーナが真剣な表情で、こくりとうなずいた。

 僕にはわかった――これは本気のときのキーナの顔だ。

 冗談ではない。


 さて――。

 もし、『女装作戦』を決行すれば?


 変装するためにとりあえず、『キーナの制服』が手に入る。

 これはトンデモないことである。

 そして、もし作戦が失敗して社会的に死んでも、『忠犬キナ公』となったキーナが、三十代前半くらいまでは僕の傍らに付き従ってくれる――彼女はそう約束してくれたのだ。


 どうしよう……。

 本当に迷うな……。

 失敗しても、メリットがあるのかぁ……。


 胸の前で腕組みをしながら、僕は「うーん……」と唸って本気で考えた。

 社会的に死んでも、キーナといっしょに十五年もいられるのなら、それは『試合に負けて、勝負に勝ったような人生』なのかもしれない――。


 だが、しばらく考えて、僕は正気に戻った。

 本当にあぶないところだった。


「ふふっ。キーナ……ずいぶんとまどわせやがって。まあ、キーナがどこまで本気なのかわからないけど、僕は『忠犬キナ公』との珍妙な未来を、望んじゃいないみたいだ……。親友のキーナとは、もっともっと楽しい未来をいっしょに歩いていきたい。だから女装して潜入する作戦は、やっぱりなしだよ」


 やや後ろ髪を引かれる思いだった。

 しかし僕は、ゆっくりと首を横に振って、『女装作戦』を切り捨てたのだ。


 キーナは右手でつまんだポニーテールをパタパタさせながら言った。


「わんわん。うーん……残念ッスね。この機会に、唯一の親友が女装した姿を、一度でいいから見てみたかったんスけど。でも、冬市郎くんとの楽しい未来のためなら仕方ないッス。あきらめて、他の方法を考えるッスよ」


 右手でつまんだポニーテールをくるくると回しながら、キーナは天井を見上げた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます