014 南米の牧場に現れた二人組の宇宙人③

   ≪ ≪ ≪



 ゴムホースを鼻に近づけた途端、背の低い方の宇宙人は地面に倒れた。

 その様子を物陰から眺めていた牧場主。彼は、すっかり干上ひあがっていた自身ののどに、ゴクリとつばを送り込む。


『ああ……背の高い方の宇宙人が股に挟んだせいで、ゴムホースが臭くなっていたんだな。そのせいで倒れたんだ……』


 やがて倒れていた背の低い方の宇宙人が、むくっと立ち上がった。

 背の高い方の宇宙人は、そんな彼の肩を軽く叩く。


 肩を叩かれた背の低い方の宇宙人は、どことなく照れ臭そうな様子だった。

 彼は自分の頭のアンテナを右手で握ると、落ちていたゴムホースを左手で拾い上げ、そして股で挟んだ。


 それから宇宙人たちは交互に、ゴムホースを股で挟みはじめる。

 彼らは相変わらず、酔っぱらったビクーニャのような奇妙な声を発していたが、その声はまるで、幼い頃からの親友同士が、ふざけ合って笑っているかのようだった。


 そんな二人を目にして牧場主は、一人つぶやく。


「あーあ、仲が良くてうらやましいな。ボクには友達がいないから、ああいうの、すごくうらやましい。ボクも、あんなふうに友達とゴムホースを股で挟み合って遊びたい。いっしょに馬鹿ができる友達がいるってのは、本当にうらやましいな。友達とワイワイ騒ぎながら、あんな意味のない行為をしてみたい。友達のいない女子校で、親や教師に決められたレールの上を進んでいって、お行儀よく生きていたって、あんまり楽しくないなぁ……」


 そして数分後。

 宇宙人たちは、家畜小屋のゴムホースをさんざん股で挟んで温めると、UFOの中へと戻っていった。


 やがてUFOは、やって来たときと同じように、青白い閃光を放ちながら山の向こうへと飛び去っていく。

 物陰に隠れていた牧場主はそれを見届けると、先ほどまで宇宙人たちが立っていた場所へと急いで駆けだした。


 そして彼は、そこにぽつんと残されていたゴムホースを拾い上げ、股で挟む。


「まだ……温かい……」


 牧場主は一人そうつぶやいた。


 東の空に朝陽あさひが昇った。

 いつもと同じ朝が、何食わぬ顔をして今日も牧場主を迎え入れるのだ。


 やがて、太陽が大地を照らしはじめ、周囲がすっかり明るくなると、牧場主はある異変に気がついた。

 驚いたことにUFOが着陸していた部分は、草がすっかりれていたのである。



 ――以後三年間、そこには草がまったく生えなかったという。



 また、牧場主は自分が体験したこの出来事を、町の方々ほうぼうで話した。

 すると彼には、その宇宙人の目撃談をきっかけにして、友達が二人できたようだった。


〈おしまい〉



   ≫ ≫ ≫



「ぁぁああー!? ああああっ!?」


 けものの叫び声?

 いやそれは、椅子から立ち上がったキーナの咆哮ほうこうだ。


 栗色の両目が、カッと見開いた。

 死にかけの黒蛇くろへびが飛び跳ねて、のた打ち回るかのごとく、ポニーテールが激しく暴れる。


「どっ、どうしたキーナ!?」

「冬市郎くんっ! これ、相当なクソブログっすよぉー!」

「く、クソブログ!?」


 キーナは全力でうなずき、どこか叫ぶように話を続けた。


「はいッス! 背の低い方の宇宙人が臭くなったゴムホースのせいで倒れて、そのことについて牧場主の感想がはじまったッス! かと思うと、倒れた宇宙人自身も股でゴムホースを挟んだッス! そして結局、牧場主もゴムホースを股で挟んだッス! よって、クソブログっす!」


 彼女の発言に、僕は顔を引きつらせた。


「……ま、まあ、ゴムホースを中心に内容をまとめると、そうなるよな」

「はい! ゴムホースが中心のクソブログっす!」

「うっ……でも、僕が思うにキーナは『ホースを股で挟む』って部分をちょっと気にし過ぎなんだよ。そこはサラッと読み流そう」

「無理ッスよぉ……」


 キーナはとても不満そうに口をすぼめた。

 まるで、何か不味まずいものを誤って口に入れてしまったのに、出すことを許されず困っているときのような、とした表情だった。


「キーナよ。これはおそらく、ちょっと変わった女子中学生が書いたブログだろう。年上のお兄さんお姉さんである僕たちが、広い心で受け止めてやらないと」

「それも無理ッス。自分が広い心で受け止めてあげられるのは、この世界で冬市郎くんだけッスから!」

「お、おお……」


 おそらく僕の顔は、ポッと赤くともっていたのではなかろうか。

 自身の火照ほてった頬に、僕は両手を添えた。

『不意にプロポーズを受けたときの、若き乙女のようなリアクション』を思い浮かべてもらえば、わかりやすいと思う。


 ただし照れているのは乙女ではなく、自分の足の裏と会話をする暗い男だ。


 一方でキーナは、アゴの下に手を当てながら思案顔しあんがおで室内をウロウロしはじめた。

 顔つきだけは、女子高生探偵が難題にぶつかったときのような、そんな雰囲気をかもし出している。


 だが――。

 彼女が頭の中で転がしていたのは、難解な事件などではなく、とある女子中学生がしたためたクソブログの内容だ。


「うーん、冬市郎くん。そもそも、この二人組の宇宙人は、いったい何をしに牧場にやってきたんスかね?」

「さ、さあ……? ゴムホースを股で挟みにきたのでは?」

「『きたのでは?』じゃないッスよっ!」

「ああ、うん……」


 僕が力なくうなずくと、キーナは質問を続けてくる。


「それと、宇宙人が去った後、どうして牧場主もホースを股で挟んだんスか?」

「さあ? そこにホースがあったからじゃない?」

「『そこに山があるから』みたいな感じで、適当に言わないでくれッス!」


 ピシャリと言われ、僕は身震いしながら「お、おうぅ……」と声を漏らす。


「あと、冬市郎くん。牧場主のセリフの中で、明らかにブログの作者である女子中学生の感情が、顔を出している部分があるんスけど?」


 僕はお手上げだと言わんばかりに両手を上げ、力なく微笑んだ。


「あはは……それは僕も擁護ようごのしようがねえや。たぶんこの作者の中学生、女子校で息苦しい生活をしているのかもな。なんとなく友達もいないみたいだし」

「確かにそんな感じがするッスね。まあ、文章から受ける印象だけが、その人のすべてではないんでしょうけど……」

「うん、そうだな」


 その通りだと思い、僕はうなずいた。


「ところでキーナさあ」

「なんスか?」

「実はこのブログには、まだ続きがあってな……『ファイルナンバー2』もあるんだけど……」

「ひっ……!?」


 キーナの顔色がみるみる悪くなった。

 泥沼からようやくい出たのに、また泥沼に入るよう言われたときのような反応だ。

 栗色の瞳が、恐るおそるといった感じで、ノートパソコンを見つめる。


「と、冬市郎くん。今の自分には、正気を保ったまま、その画面に表示されている《次のページへ》をクリックする自信が、微塵みじんもないんスけど……。も、もう読まなくてもいいッスよね?」


 キーナのそんな反応に、これ以上は無理かと僕は苦笑いを浮かべた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます