倫々爛々《りんりんらんらん 》 親友の夫と不倫している女に幸せなんて来るはずがない

作者 本間舜久

58

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

「不倫」という刺激的なテーマを掲げた恋愛小説、であるにもかかわらず、むしろ社会の荒波に揉まれて生きる一人の大人としての主人公に共感しました。
人間の描写、会社生活の描写が圧倒的にリアルです。まるですぐ隣に実在しているかのように。

主人公が「女」というより「社会人」としてきちんと描かれていること、恋愛小説なのに恋愛描写があっさりしていることに好感が持てました。

主人公と同僚の眞弓とのやり取りが面白かったので読み始めたのですが。まさか眞弓があんな風になるとは想像もしませんでした。。。

★★★ Excellent!!!

不倫は悪いことだけど、この物語の主人公には幸せになってほしい、という気持ちでいっぱいになりました。
社会的にも、心理的にも不倫とはいけないことだとされています。
ですが、彼女の姿を見ていると不倫をするのはしょうがない、といわないまでも、不倫をした人間にも、平等に幸せになる権利はあるのではないかという気になってきました。
もちろん、それ相応のペナルティは受けるべきですが、ちゃんと罪の重さの分のペナルティを受けたらそれ以上の追及はされるべきではないと思います。
人間だれしも間違いを起こすことはあるのですから。

不倫について、真剣に考えるきっかけになりました。
ドラマのように、きらきら、そしてどろどろしすぎる不倫ではないところや、妙に現実に近いところが印象的でした。

素敵な作品をありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

この作品は、3人の女性達の物語が丁寧に紡がれています。
子育て・離婚調停・不正経理等、『不倫』を軸に様々な問題も描かれ、彼女達が悩みや葛藤等、『感情』部分を会話でほとんど表現せずに、文章で読者に語りかける……そんな作品です。

テレビドラマでは描かれるような『綺麗』さ、ではなく『現実味』を帯びた作品になっていると感じました。

現在、私が読み終えているのは第9話までですが、彼女達がどんな結末を迎えるのか、ゆっくり更新を待っています。

◆◆◆

最終話、10話を読みました☆
彼女の心情が文章にぎゅっと詰まっている最終話!
終わり方も納得、というか……彼女の中で何かが動き始めた感じがして良かったです!!


最後に……
作品の完結、おめでとうございます!!

★★★ Excellent!!!

正直、不倫の話やドラマは忌避してきたので、他の話はどうなのかよくわかりません。
ただ、この作品に関して言えば、やり切れなさ、虚無感などを覚えてしまうものでした。

社会一般的に不倫は道徳にもとるという言葉のはず。
作者も、それは理解していらっしゃいます。

でも、人の理性と感情、体と心が常に合致しているものでもありません。

この作品は、不倫を通して人間の不完全さを伝えようとしているのではないかと感じました。

諸手をあげてのハッピーエンドとはいかない気がしますが、結末が気になる話です。