最強チートのヒトバシラ

作者 独郎

77

34人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

言語や食文化といった様々な独自の概念を取り入れているにも関わらず、齟齬が見受けられないのは素晴らしいです。
またキャラクターの造形が非常に深く、個性的な多くのキャラは物語に躍動感を与えています。
作者の知識量と文章量には舌を巻くばかりです。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

重たい……かなり、重たい……
導入部の重たさはまず見ない始まりです。
けど、だからこそ主人公の前向きな人間性は尊いと言い切れる。
生きざまか格好いい!というか、格好いいの一言ですませて良いのか悩むとこです。

なるほど、序盤はあとから読んだほうが良いかもとは、この事なんですね。
いや、でも面白かったです。
また、読みに来ます!

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

冒頭からこれでもかという程の理不尽が続き、その時点でかなり人を選ぶ作品だと思います。
ただそれが『才能と努力』というテーマに根差したものであり、作品そのもののテーマ性をハッキリと提示しています。古来から人々の頭を悩ませるテーマであるため、そこもまた読む人にとっては敬遠してしまう材料になるかもしれません。
しかしだからこそ、この物語で描く意味があり、主人公とリンクして共感や感情移入できる一因になると思います。
物語の結末、主人公の旅の行く末次第では、読んだ人に深い感動や勇気を与えることのできる作品になると感じました。
『努力が常人の2割しか報われない、ならば五倍努力すれば常人になれるのだ』という主人公の精神性は本当に好きです。
他作品より一味も二味も違う魅力に溢れているので、今後も独創性のある展開に期待したいです。

★★★ Excellent!!!

――

 地球○衛軍を初期HP・初期装備でInfernoクリアしろと、無理難題を言ってる感じか?
 それか、○ンハンなら初代リオ○ウスを初期装備で倒せって感じか?


 もう、常にマゾくてニューゲームみたいな感じです。
 個人的な感想ですが、近年のチートを使ってさらに攻略本片手にゲームしているようなテンプレファンタジー物よりよっぽど面白い。

 導入部があまりにハードなため、たぶん心折れる読者は多いと思いますが、それ以降はそこまでハードでは無い展開で、子供が苦労と努力をして成長するストーリーを楽しめます。

 ちょこちょこと挟まれる言葉遊び的な部分も面白い。○闘将とかね、オイラみたいな○○コ好きにはたまらんです(笑)

 まあ、とにかく読んでみて下さい。文字量は多めですが、驚くほどすらすらと読めます。
 何だったら、ハードなプロローグぶっ飛ばして『軍事帝国バウ編』から読み、そのあとにプロローグ読んでも良いかもしれません。
 そう言いたくなるほどに、まずこの物語を読んで頂きたいです。

 あ、レビュー書いたんでフォロー外しますが、常にストーリー追わせて頂きます(笑)

 またストーリーが進んだ頃、レビューさせて頂きますね!

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

非常に高い文章力で異世界を色鮮やかに描き出してくれている。キャラクターが生きているかのように、その世界がまるでそこにあるかのように。
その反面、苦しみの風景では本当に報われない痛みを感じさせられて、自分まで苦しくなるくらいだった。
最初の二話は暗くて取っ付きにくいかもしれないが、三話目から楽しくなるので、ぜひそこまで読んでもらいたい。

★★ Very Good!!

――

非テンプレ異世界転生もの。

あまりネタバレになるようなことは書けないが、神によって理不尽に人生を狂わされた男のお話。その現実世界での悲惨な出来事の数々は、読んでいて心が痛んでくるものばかりでゾッとしました。他の方のレビューやあらすじにもありますが、序盤はとにかく重たい展開が続きます。ですがそれでも読み続けたいと思えるほどの魅力がこの作品にはありました。

そして異世界編。子供からやり直す展開は斬新でした。それでいて成長のため展開が遅くなることもなく、テンポよく物語が進んでいくところがよかったです。ある程度成長したとこからは、どことなく戦記ものの雰囲気がプラスされ、物語の緊張感が増した印象。今後の展開が気になります。


一風変わった異世界ものを探している方、是非ともこの作品を読んでみてください! 気に入るはずです。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

第0話と第1話が「…え(絶句)」という程、重めです。初見切りしてしまう方がいらっしゃるのではないか?と思う程です…。ですが、転生後からは明るめですごく面白いです。そちらも読んだ方が良いです。
※飯テロ注意。お腹が空きます。

主人公の外見は意外性があっていい。
さくさくと進みますが、所々に油断できない雰囲気が漂っています。
主人公の生死感が独特で、「どうかな?」「ちょっと待って…!?全然よくない!」「ひぃぃ…こわい!!」と思う時もありますが、主人公の転生前などを含め、完結後にまめて読んだら『すっげぇ話だった…!!なんだこれ超面白い!』となるかも…と思いました。

連載中につき、☆2つです。
(勝手にですが…エッセイ「今週のカクヨム2」で各話の感想を書かせて頂きました。感想削除希望の場合はお手数ですがエッセイに削除希望レビューお願いします…!)
※異世界転生物をまともに読んだ事が無いので、的外れな事を言っていたら申し訳ありません…!

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

他の異世界転生とは違う作品。
この作品はイジメや虐待を受けた主人公が、何もしてないニートな主人公が、目が覚めたら、不慮の事故で死ぬ、何かを見つけたら等で。神からチート能力を授かるといった、王道テンプレではない。
主人公は一生懸命努力をした。どんな事が起きようと他人に迷惑をかけまいと努力を続ける。それを嘲笑うかのごとく起きる不幸。主人公がいくら頑張っても報われない。死ぬ努力さえも。しかし、ある日。

面白いと思ったのは着眼点。チートはどこから生まれるのか。誰も何も気にしないご都合主義の裏側。
長々と続く一人称型地の文が主人公の悲惨な日々を、苦悩を上手く表現している。すぐに主人公の世界にどっぷりはまれた。
しかし、シリアス展開のみの為、集中する時間も長い。
現段階2話まで少し疲れる人もいるかもしれないが、その疲労も価値ある物だと思う。