共和国以前…帝国内乱

帝国は統一されたが、デロート32邦やジヴィロ王国のように独立した地域も多かった。

_________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

旧帝国東部辺境地域…ペシュラトフ帝国、レントノン騎士団

旧帝国中部地域…デロート32邦、エルキア共和国、サンピオーノ公国、アフェム王国、レグハルミア公国、エテロ王国

旧帝国西南部地域…ジヴィロ王国、クオイス王国、グイン公国

旧帝国対岸部地域…ギヴォノエリア都市連合

旧帝国東南部地域…リグレア王国、ハウィルカ王国

旧帝国北部地域…アリセル王国


デロート32邦、レグハルミア公国のように皇帝に忠誠を誓いつつも実際には独立している、という国もあった。

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________


内乱年表


6194年…フェルマン4世の死去後、選帝会議が紛糾し3人の皇帝候補が即位宣言をした。

    選帝会議はパルゲイ2世を皇帝と宣言した。

    三人の対立皇帝の中から正当な皇帝として認められたパルゲイ2世だが、在位2か月で、対    立皇帝の一人、フェルマン5世により暗殺。

    選帝会議は先帝の暗殺から二日後、フェルマン5世を正式な皇帝として発表。

    フェルマン5世は対立皇帝であるカート6世を討伐した。

6195年…フェルマン5世が、重税を課したことにより、民衆の不満が高まったため、帝国議会が皇帝     に退位を促すことを決定したが、皇帝が拒否したため何者かによって暗殺。

     フェルマン5世の暗殺後皇帝が不在になったため、選帝会議は カート6世〈対立皇帝〉の討     伐後、後継者として即位を宣言していたジェイン4世を皇帝として発表。

これにより、内乱は収束するかに見えたが、在位8か月で病死。

    ドーク2世が即位宣言をするも、帝国の混乱は広がる。

内乱の終息の見込みが無くなり各地で即位宣言や、独立宣言が相次いぐこととなる。

6197年…ギヴォノエリア都市連合の前身である、ギヴォノエリア共和国が誕生した。

    ドーク2世が選定会議を廃止。帝国議会が選定の責を負うこととなる。

6198年…イレスタ・レイヘルが帝国東部辺境地域で即位宣言、後のペシュラトフ帝国の前身誕生。

ドーク2世が暗殺され、パルゲイ3世即位を帝国議会が承認。

6211年…アリセル王国独立

6215年…帝国中部地域の支配権喪失、リグレア王国独立宣言

6218年…ハウィルカ王国独立宣言

6219年…帝国議会が解散

6347年…帝国再統一



____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

内乱は153年にわたり続くこととなり、最終的には、北方民族と皇帝の子孫の子が、多くの対立皇帝を滅ぼし、ついには帝国を統一させることになる。

大帝と呼ばれるこの皇帝の物語は、また後々の世まで語られる。

そして、大帝の従者11人は11公爵と呼ばれ語り継がれることとなったが、それはまた別の物語である。

そして、また、この内乱の影響により、様々な国家が誕生することになるが、それもまた別の話である。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー