当選後…新聞

首都新聞、7148年10月4日の記事

_________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________


___________________________________________________________________________

エネルティア・ジキオノス…72世紀における最高級の政治家、大統領

___________________________________________________________________________

14人の候補者の中から選ばれたのは、協同党総裁エネルティア・ジキオノス、この時31歳、期待の新星である。

得票率31.6パーセント、支持率78.2パーセント。

同時に行われた国民議会総選挙の結果は、協同党121、革新党68、民主党54、立憲自由党38、平和党17、労働連合党9、平等党9、国民会8、復古党6、統一会5、独立議員連合3、太陽会2、新行動党1、神聖会1、無所属8となった。

この政治家、つまりエネルティア・ジキオノスは、72世紀における最高級の政治家、大統領であると言ってよいと思われる。

まず、主義主張。この新進気鋭の政治家の公約は、失地回復、平和外交、重工主義。

この三つに絞られる、と言えるだろう。

次に評判だが、首都ホーティアスでは、「新しいことをやってくれそう」、「格好良くて鋭い考え方の人物だ」、「人柄もよく、様々なことに造詣が深いと聞いた」などとおおむね好評である。

最後に、今後の予想についてであるが、協同党は、立憲自由党や労働連合党、国民会などと連立政権を組む可能性が高い。

新大統領は、今のところ4年の任期を全うし、再選される可能性も期待されている。

(記事デルイア・ノイック)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー