第二十話 白魔道士 前編




一、


『ジェネラル・アンチスペルが、元々は、解呪用呪術式アンチスペルとしては開発されたものではない』


 という、僕の根拠のない推測は伏せたまま、松田教授にこれまでの改変呪術式の結果を報告する。相談していなかった実験の数々に少しだけ眉をしかめたものの、先生は結果を喜んでくれていた。報告を終えて、6階小会議室の灯りが点くと、「ところで」と松田先生が話しはじめる。


「おめでとう。昨日の深夜に、論文の採録アクセプトのメールが来たよ。これで、博士号取得までに残るハードルは、博士論文と公聴会の二つとなったわけだ」


 にやっと笑いながら、教授が手を叩く。突然の報告でしばらく呆気にとられた後で、ようやく嬉しさがこみ上げる。

「あ、ありがとうございます!」

 照れ隠しで右手で軽く頭をかくと、「おめでとう」と教授が繰り返す。

 ふと、田中さんと目が合うと、心なしか少し痩せたような気のする顔で、にこっと口元を動かす。ここしばらくは、お互い、何も声をかけれずにいた。

 その様子を見ていた松田先生は、ふーと口から長めの息を吐き、「じゃぁ、片付けて今日は終わろう」と僕と田中さんに声をかける。


 片付けが終わると、先に田中さんが研究室に戻ったため、僕と教授が一緒に階段を登って行く。

「……そういえば、君の初の筆頭著者ファースト論文なんだし、ちょっと呑みに行こうか。今日は空いてるかい?」

 突然の誘いに少しびっくりしつつも、「大丈夫です」と返すと、「じゃぁ7時に。店は任せるよ」と軽く肩を叩いて、松田先生は教授室に戻っていった。



二、


 カウンター席と小上がり席、それにテーブル席が2つだけの、はるか昔の戦国武将の名前がついたいつもの小さな店で、松田教授と向き合って座っている。いつも通り、客の喧騒と、有線から流れる懐メロ、そしてテレビの声が溢れかえっている。

 テーブルには、やはりいつもの八海山が注がれた御猪口が二つ。お通しの小皿には、からし菜としらすの和物が入っている。無口なマスターに料理の注文を伝え、それからしばらく沈黙が続いている。


「……八海山、か。私は普段あまり酒は呑まないんだけど、いいお酒だよな」


 ええ、と頷く。松田先生は右手で御猪口をゆっくりと回すようにしてから、口元に運ぶ。

「この酒を呑むと思い出すことがあってね。少し昔話をしようと思って、君を誘ったというわけだ――そして、おそらく君が気になっていることや、ことについてもね」

 きっと僕はこの時、わかりやすい顔をしていたに違いない。松田先生は、そんな僕の顔を見て、少しだけ笑うと、残りの杯を一気に呷り、ゆっくりと話出した。


「そうだな…………"彼"はどことなく、君と雰囲気が似ていたよ」




■僕の博士課程論文提出期限まで、あと――6ヶ月

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!