間章

無い、何も無い。

「そこ」には何も無かった。


最初から何も無かったのか、それとも何かを理由に何も無くなってしまったのか。

とにかく「そこ」には何も無かった。


色も無い。

音も無い。

臭いも無い。

味も無い。

感触も無い。

更には過ぎ行く時間すら無い。

そして何故、無いのかを考える、思考すらも無いのだ。

ただただ有りと有らゆる、何もかもが無いのである。


ひょっとしたら「そこ」そのものすら無いのかもしれない。

だから「そこ」としか表わす事が出来ないのであって、「そこ」を的確に表わす言葉すら無いのだ。


もし「そこ」に何かを持ち込んだとしても、その様な事実すら無くなってしまうのではなかろうか。


無い、何も無い。

「そこ」には何も無かった。


とにかく「そこ」には何も無かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます