間章

無い、何も無い。

「そこ」には何も無かった。


最初から何も無かったのか、それとも何かを理由に何も無くなってしまったのか。

とにかく「そこ」には何も無かった。


色も無い。

音も無い。

臭いも無い。

味も無い。

感触も無い。

更には過ぎ行く時間すら無い。

そして何故、無いのかを考える、思考すらも無いのだ。

ただただ有りと有らゆる、何もかもが無いのである。


ひょっとしたら「そこ」そのものすら無いのかもしれない。

だから「そこ」としか表わす事が出来ないのであって、「そこ」を的確に表わす言葉すら無いのだ。


もし「そこ」に何かを持ち込んだとしても、その様な事実すら無くなってしまうのではなかろうか。


無い、何も無い。

「そこ」には何も無かった。


とにかく「そこ」には何も無かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!