間章

とある川の底、「それ」は在った。

何時の頃からか、ただただ「それ」は在った。


「それ」は動かない。

「それ」は感じない。

「それ」は思考しない。


時折、何かが「それ」にぶつかってきて、「それ」を少しだけ、削り取って行く。


それでも、「それ」は動かない。

「それ」は感じない。

「それ」は思考しない。

ただただ、そこに存在するのみ。


雨が降ろうが、風が吹こうが、時には川の水が干上がろうとも、ただただ、そこに在った。


春から夏になり、夏が去り秋が来て、秋が暮れて冬になり、冬が明けて春になろうとも、ただただ、そこに在った。


「それ」は動かない。

「それ」は感じない。

「それ」は思考しない。

ただただ、そこに存在するのみ。


存在する事、それだけが真実であるかの様に。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料