挿話拾肆/彷徨える男

夏本番になって日は長くなったが、数刻前に日は落ちて辺りは闇に包まれている。


夜空には綺麗な満月が姿を現していた。


日中は少し雨が降ったりもしていたが、日が暮れる前には雨も上がって、今はもう晴れている様だ。


時折、雲が月を掠めていく。


そんな中、隠岐おき虎三郎こさぶろうは何かを求める様に、京の町中を彷徨っていた。


─────


先日の天竜てんりゅうが常宿している旅籠の一室での事である。


「一体、誰なんですか?」


虎三郎が天竜に訊いた。


天竜が話し出す。


「誰かどうかは、ともかくよ、」


「はい、」


虎三郎は相槌を打った。


ぶっきら棒に言う、天竜。


「そいつは夜な夜な人斬りに、京の町を彷徨っている様だぜ」


「そうなんですか?」


虎三郎は天竜に訊き返した。


自らの考えを天竜がきっぱり言い切る。


「恐らく此処しばらくの京の町における、人斬りの大半は奴が絡んでいると俺は考えている」


「はい」


虎三郎は短く応えた。


話を続ける、天竜。


「勿論、倒幕派の連中の仕業も何件かは考えられるが、」


「はい、」


虎三郎は再び相槌を打った。


天竜が虎三郎に同意を求める。


「斬られた奴等の大半は倒幕派の連中だろ!?」


「そうですね」


虎三郎は天竜に合わせた。


話を続ける、天竜。


「ちょっと考えたんだがよ、」


「はい、」


虎三郎は何度となく相槌を打っている。


強い口調で言い切る、天竜。


「奴は誰彼、構わずに出くわした相手を斬る」


「なるほど」


虎三郎は天竜の話に納得した。


天竜がいきなり衝撃的な私見を述べる。


「そして恐らく、源太郎げんたろうの件も奴の仕業なんじゃねぇのかな」


「えっ!?」


当然に虎三郎は吃驚した。


話を続ける、天竜。


「これは憶測にしか過ぎねぇけどよ、」


「はい、」


虎三郎は天竜の話の邪魔をしない様に、相槌を打ち続けている。


更に話を続ける、天竜。


「源太郎を斬れる奴なんか、そうは居ねぇだろうからな」


「はい、」


虎三郎が、再び相槌を打った。


自らの考えを次々と述べてく、天竜。


「とにかくよ、虎次郎こじろうと同じ様に、よ、」


「はい、」


相槌を打ち続ける、虎三郎。


天竜は自らの結論を述べる。


「夜、出歩いていりゃあ、その内に出くわすだろうよ」


─────


この様な天竜の話を聞いて、虎三郎は虎次郎の敵を討つべく毎夜の様に、こうして京の町中を一人で彷徨っているのである。


更に、そいつは虎三郎達の父親であった、源太郎の敵でもあるのかもしれない。


そう考えると、自分がなんとしてでも敵を取らなければならない、と強い気持ちを抱かずにはいられなかった。


虎次郎を斬った奴は、決して他の誰にも斬らせる訳にはいかない。


だから一人なのである。


本来、新撰組では単独行動が禁じられていた。


その禁を破ってでも、なのである。


新撰組は新撰組で、そんな隠岐家の事情を理解する様な形で静観していた。


例え咎めなければならなくなったとしても、全ての片が付いてからでいいという意味で、今すぐ口を出す必要は無かったのである。


そして虎三郎が兄の敵を探して、夜な夜な京の町を彷徨い始めて、一週間は過ぎたのだが、不審な人物に遭遇する事も無く、それどころか誰とも出会う事すら無かったのだ。


そして今日もまた、何事も無く過ぎていこうとした矢先に、一人の不審な者の姿が虎三郎の視線の先に捉えられた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!