挿話拾/不覚を取った男

ちょうど一年程前の事であった。


もう幾らもしない内に夏を迎える、そんなある日の事である。


源太郎げんたろうは知人の祝い事を早々に切り上げて、のんびりと自宅へ向かっていた。


すでに日は沈んでいたが、酔って火照った体には夜風が心地好いくらいである。


少しだけ欠けた月が夜空から源太郎を見下ろしていた。


知人達はまだ宴会をしている事だろう。


源太郎は武道を歩む者として、日々の鍛練を欠かす訳にはいかなかった。


だから一人で宴会を早々に切り上げてきたのである。


子供達はすでに日課の鍛練を済ませている事だろう。


先に済ませておく様に申し付けておいたからだ。


後は源太郎自身の鍛練を済ませるだけである。


これから自宅の道場に帰って、日課の鍛練をするつもりでいた。


しかしまだ酔いが醒めずにいる。


少し酒を飲み過ぎた様だった。


これまで、こんなにも酔いが回った事は無い。


夜風に当たれば、すぐにでも酔いは醒めると思っていたが、歳の所為もあるのか、まだ完全には、酔いから醒める事は出来ていなかった。


少し不覚を取ったかな、と自省しながら歩を進めて行く。


すると左手に持った提灯の灯りの先に人影が現れる。


この時代に夜道で他人と出くわす事は滅多に無い。


余程の事が無い限り、わざわざ夜道を歩く物好きは、そうそう居ないのだ。


だから源太郎は一応の用心をする。


今、京の町は尊皇攘夷で揺れていた。


しかし源太郎は政治的な活動をしている訳ではなかった。


単なる剣術道場の道場主にしか過ぎない。


自分の息子達を含め、門下生を何人も新撰組へ送り出してはいるが、政争に巻き込まれる事は考え難い立場ではあった。


それでも一応の用心はしながら歩を進めて行く。


相手の顔を確認して、吃驚すると共に安堵する。


虎士郎こしろうじゃないか。こんな時間に、どうしたんだ?」


源太郎の方から虎士郎に声を掛けた。


虎士郎からの返事は無い。


「私に何か用件があるのか?」


源太郎が虎士郎に再び問う。


虎士郎は源太郎の問いには構わずに、刀を抜いて源太郎に斬り掛かる。


源太郎は何の抵抗も出来ないまま、虎士郎の刀に喉を貫かれた。


完全に油断だった。


まさか自分の息子に襲われるとは思いも寄らなかっただろう。


更に酒に酔っていた事が本当の不覚だった。


酔ってさえいなければ斬られる前に、虎士郎の狂気を察知する事が出来たのかもしれなかった。


曲がりなりにも隠岐流剣術を極めた源太郎なのだ。


その源太郎が酒による不覚と身内に対する油断が重なる事で、呆気なく葬られてしまう。


それも実の息子の一人に。


誰に知られる事も無く、一つの悲劇が此処で演じられていた。


虎士郎は源太郎の喉から刀を引き抜くと、刀を空で一振りして、刀に付いた血を振り払い、ゆっくりと刀を鞘に収める。


同時に源太郎の体は地面に倒れ込んでいた。


傷口から血が流れ出て、地面に血溜まりが拡がっていく。


すでに源太郎は絶命していた。


そして虎士郎は何事も無かったかの様に、その場から立ち去って行く。


その場には源太郎の屍だけが残された。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!