ネトラレ国王の童貞力は砕けない

作者 梅雨ノ木馬

無茶苦茶濃いキャラと展開がまとまっていないはずなのにまとまっている

  • ★★★ Excellent!!!

まずキャラクターが全員凄く濃いです。
最新話まで読んでもキャラの概観がわからないくらい濃いです。
ストーリーも官能小説をしていたと思ったら日常系男友達展開が挟まって形容し難い展開になったと思ったらまた官能小説に戻ります。
これが1話で5回も6回も目まぐるしく交代していてとても濃いです。
さらにそれだけでは無く、エロシーンと我が強すぎるキャラの無茶苦茶なシーンで読者の目を混乱させつつ、その合間を縫うように最低限の説明で惜しみなく設定と世界観が推し進められて行きます。
そしてこれらの読んでいるだけでも纏まりそうにない要素がなぜか綺麗に一直線に纏まっているのです。
ジェットコースターみたいな作品なのですが、そこも相棒キャラとの軽口がきちんと心を休めてくれます。
設定的にはハードめのNTR作品ではありますが、勢いが良すぎるので個人的には序盤以降は余り気になりませんでしたし、先に語った通りそこに留まらない魅力もたくさんある作品です。
本当に面白くて、読んでいて楽しい作品なのでぜひ読んでみてください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー