「銀河鉄道の夜」の「版」について

作者 清瀬 六朗