地獄の夜勤三連チャンは、彼氏の慰めなしでは乗り切り不可能。

おつかれーしゅ🍻


地獄の夜勤三連チャンに挑戦中に更新している酒カス介護士・みずきちです。


以前やった時にまじで体調崩したけど、今回はどうなるんだろうと怖々してます。でも今月中旬には実家に帰省する予定があるのでそれを楽しみに頑張ります。


今回は珍しく、単身赴任中の父上とともに帰省する予定です。お酒、買ってもらおーっと🍺企んでいる厭な娘です。




さてそんなわけで夜勤一晩目。乗り切れたので、安定の同期を引き摺ってマクドナルドを襲撃する。

 ポテトフライって、どうしてこうもいとおしいのだろう。なんか、空気みたいな感じですよね。当たり前のようにそこにいてくれる。Mサイズがなくなってた一時期は喪失感がありました。復活した時に、「あなたのことが大切だってやっと気づいたの」とMサイズ🍟に告白してOKをもらえた時の喜びは、今も鮮明に思い出すことができます。


残念ながら朝マックは終了してた。でも月見バーガーはじまってるのでオーダーしました。


個人的には月見バーガーよりエグチとかが好きなんだけど(ピクルスやばない?うますぎ)、季節を愛でる心を大切にしたいので。



ある程度お腹いっぱいになったところで、今度は酒雄さんに会いたい気持ちが抑えられなくなってきた。



「酒ええええええええ」



吠え始めた私を哀れんだのでしょう。あるいは、周囲の生ぬるい視線に耐えきれなくなったのやもしれません。同期がサイゼに連れてきてくれました。


サイゼはとにかくボトルが安い。これで1100円とか優勝ですよね。

安定のビールも頼んだせいで、店員さん、同期の前にワインを置いて行かれました。残念ながらどっちも私の恋人よ! と抱き抱える。もう同期の目がどんどん冷たくなるけど、とりあえずグラタンでも食べなよ、とオーダーさせながら、私はラム肉を齧る。同期はおしゃれにレモンシャーベット食べてました。私は追加オーダーでピザを食らう。今日もみずきちは元気ですね🐢


 美味しいお酒には美味しいお料理がなくてはならないのです。



私がボトルを抱えてヘラヘラにたにたする間、同期はずーっと奇妙なものを見つめていました。何が見えてたんだろう?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

独身女と酒彼氏の同棲日記 水城 真以 @mizukichi1565

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ