未確認な「やま田」とかいう存在のせいで平凡な人生終わりました。とりあえずコーヒー飲ませてください。

作者 南方 華