積み重ねを裏切るような振られ方をしても意外とこれくらいで割り切れた。僕の方は

作者 赤茄子橄

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 最終話 結構簡単に割り切れた。僕の方は…へのコメント

    よく勝手に去っていって好きだったけど仕方なく…みたいなパターン見ると何だがモヤモヤしてましたが、涼矛君の「なるほど、そうなんだ。それは可哀想だね」からのくだりで激しく同意しました(笑)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    共感していただけたようであれば、何よりですw
    まぁ実際自分がその立場に立ったら、他人事扱いになりますよねw

    2022年5月16日 06:56

  • 最終話 結構簡単に割り切れた。僕の方は…へのコメント

    一気読みさせていただきました
    意外と妃依瑠嫌いじゃありませんね
    選択肢は間違えたけど、主人公に対して悪意を以て行動した訳ではないので同情の余地があるというか
    主人公には幸せになってほしいけど、彼女もちょっとだけ失恋の痛みを感じつつ誰か違う人と結ばれて穏やかに過ごす未来があればいいな
    面白かったです、ありがとうございました

    作者からの返信

    コメントありがとうござます!

    妃依瑠への温かいお言葉も、感謝です!
    そういう未来があることを、自分も願います!

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    2022年4月24日 01:08

  • 最終話 結構簡単に割り切れた。僕の方は…へのコメント

    完結お疲れ様でした。

    妃依瑠は主人公と付き合いを明陽恋に見せて諦めを促しつつ幸せな時間を過ごして来たのに家を捨てる事が唯一の間違いで主人公との関係を壊してしまった事、子供を産み家を捨て主人公のもとに来てもそれは自己中心的な考えでしかないのだが最後迄それは理解できない状態だったのは残念でした。家を捨てる覚悟があったのなら主人公と付き合っている時に状況を説明し相談していればこの様な結末は無かっただろうに1つの選択ミスでこれ迄の行いも主人公との絆も全て不意にしてしまった女性だった。この話では悲劇のヒロインとは全く言えないので。

    明陽恋は幼い頃主人公に告白していればもしかしたら妃依瑠と主人公の仲を学生時代見せつけられず初めても主人公だったかもしれないが結局苦しんだ分最後は主人公と添い遂げられて良かったと思う。
    2人の視点からの感想ですが明陽恋が独身で良かったし幸せになって欲しい。
    最後にこの話の1番の被害者は妃依瑠が産んだ子供だろう。死別なら兎も角捨てられた事を考えると言葉にならない。

    次回作も楽しみにしています。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    妃依瑠は本作の中では、因果応報、というのがピッタリな子、って感じですよね。

    明陽恋も落ち着くところに落ち着いてよかった!

    妃依瑠の子どもは、ほんとにものすごい被害者で可哀相ですよね。願わくば幸せな人生を歩んでほしいものです......。

    応援ありがとうございます!

    2022年4月21日 03:24

  • 最終話 結構簡単に割り切れた。僕の方は…へのコメント

    完結お疲れ様です!

    面白い内容で、一気読みしました!

    妃依瑠は、自分の事が好きなメンヘラで
    主人公の事が一番好きと言う訳では無かった。
    主人公もそれに気づいたから、心が完全に離れた。

    もし、ヨリを戻しても、
    以前より目減りした愛に物足りず、
    また主人公を捨てていた。
    だから、愛する人を隣で見守る事すら出来なかった。

    なぜならば、妃依瑠は愛したいのではなくて
    愛されたいだけだから。

    そんな感じがしますね。
    色々考えさせられます。

    作者からの返信

    コメント、一気読み、ともにありがとうございます!

    確かにそんな感じもあるかもですねぇ〜!
    見守るだけしかできないことに耐えられなかったのは、そういう部分あるかもです。

    最後までご覧いただき、ありがとうございました!

    2022年4月21日 03:13

  • 最終話 結構簡単に割り切れた。僕の方は…へのコメント

    完結お疲れさまでした。
    別の世界線では最期まで添い遂げた世界もあるでしょう、、、ってことで。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    自分もそうであることを切に願います......。

    最後まで見ていただきありがとうございました!

    2022年4月19日 16:52

  • 最終話 結構簡単に割り切れた。僕の方は…へのコメント

    うん、元カノは確かに可哀想ではあるが、上等民だから、庶民だからという考えだけは、やめて頂きたいですね。
    楽に生きられる人間って、どれほどいますか?庶民だって、苦労して生きるのは色々ありますね。
    友人は父が事故で体の不自由の人間になって、障害者雇用の給料だけでは生活に足りないので、母親が風俗で家計の不足分を稼げていたのです。友人が長男で、大学を断念して就職して、弟たちの学費を稼げにいきました。
    理不尽なことは誰ったってにも起こるから、そこに閉じこもることだけは元カノにやめてほしいところですね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    確かにそうですねぇ。
    誰しも望まぬ不自由は、大なり小なりあるものですしね......。

    2022年4月19日 16:52

  • 最終話 結構簡単に割り切れた。僕の方は…へのコメント

    完結お疲れ様です!!



    うーーーん妃依瑠嫌いになれないなぁ...やっぱり可哀想🥲 どこかでいい旦那さんみつけて幸せになってほしい...

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    最後まで妃依瑠にもそのように感じてくださる方がいてくださって、嬉しいです!
    彼女の未来に、わずかでも光があったら、いいですね......。

    最後までお付き合いいただいてありがとうございました!

    2022年4月19日 15:26

  • 最終話 結構簡単に割り切れた。僕の方は…へのコメント

    凄く難しい題材に挑戦されてお疲れ様でした。
    なんとなく後味の悪さを感じてしまうのは、私がまだまだ青いからなのでしょうかね。
    幼馴染の3人がもの凄く仲が良かったら、シェアハウスみたいに3人で生活してるなんてエンディングもあったかもしれないですね。(私、結婚って形に拘らないから、そう考えちゃう)

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    途中のコメントも大変参考になりました!

    僕自身もこのラストは決して後味はよくないと思っています。(自分も青いだけなのかもしれませんが......)このお話の範囲では妃依瑠がとても可哀想なままなので......。

    おっしゃるような結末を迎える世界線もあったかもしれませんねぇ。それこそ、妃依瑠が過去に明陽恋が嫌がるようなことをしてなかったりしていれば、3人が仲良く過ごすこともできたかも!

    お付き合いいただき、ありがとうございました。

    2022年4月18日 19:50

  • 最終話 結構簡単に割り切れた。僕の方は…へのコメント

    まぁ、仕方ないことだ
    来世で庶民として生まれるならいいな

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    ですねぇ。ぜひとも彼女が周りに左右されないで済む人生に当たりますように......。

    最後までお付き合いいただきありがとうございました!

    2022年4月18日 18:56

  • 最終話 結構簡単に割り切れた。僕の方は…へのコメント

    >「そんなコトできるなら、あのときにしてたらよかったんじゃないのか?」

    >「ここまでの覚悟を、あのとき・・・・に見せられてたら、今とは違う今があったのかもしれない。」

    ほんこれすぎる

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    ですよねぇ。
    まぁいろいろ事情があったり変わったりしたりもあるでしょうし、今更言っても何か変わるわけではないので考えるだけリソースの無駄でしかないんですが......。

    人間決断するのはタイミングを逃さないことが大事だと思う今日このごろです。

    最後までありがとうございました!

    2022年4月18日 18:55

  • 最終話 結構簡単に割り切れた。僕の方は…へのコメント

    これで結局実家はダメでしたオチあると…、追い討ちヤバそう。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    そうなってきたらいよいよ妃依瑠はただただ可哀想ですね......。

    最後までご覧いただき、ありがとうございました!

    2022年4月18日 18:52

  • 最終話 結構簡単に割り切れた。僕の方は…へのコメント

    主人公に情報が行かない場所でお亡くなりになってると想像

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    妃依瑠のその後については、読者の皆様のご想像にお任せします!

    ですが設定としては一応決まっていて、まぁなんというか、人生いろいろあるけど......って感じです。

    最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

    2022年4月18日 18:27

  • 最終話 結構簡単に割り切れた。僕の方は…へのコメント

    実家も実家だよね。かなりタチが悪いわ。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    最悪ですよね。まじで。
    個人的には、本作で一番悪いA級戦犯は両親じゃないかなーと思ってます。

    最終話までお付き合いいただき、ありがとうございました!

    2022年4月18日 18:24

  • 第9話 結構簡単に割り切れた。僕の方は…へのコメント

    >「でもね。スズくんとあなたの家族を天秤にかけて、結局家族の方を選んだのは、妃依瑠ちゃん、あなた自身だよね」

    この言い方はちょっと酷い
    確か涼矛と17年半間に積み重ねがあるけど、妃依瑠も両親から23年間に育ての恩がある
    家族を捨てるのはそれほど簡単ではありません

    それに、もし前話で龍淳燐さんの言う通り、駆け落ちは危険、話し合うも許さないなら、
    これは文字通りの「不可抗力」、妃依瑠自身のせいではない
    上級国民は何かひどい事をするのは予測できません

    ずっと前から身分違いの恋愛は常に悲劇で終わりです
    現代ドラマだから例外ではない、「世は無常なり」しか言えないね

    後半の恋の争いを評論しません、よくあることです


    別の話ですが、別れる前の涼矛と妃依瑠はどこまでの関係だったんですか?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    ですね。明陽恋の言葉は、それを実行するのが容易ではない内容になってます。
    庶民には想像できない縛りもあって、妃依瑠自身、可哀想な立場ですよね。

    今回はただ明陽恋はそんなことは知ったことではなく、今すべてを捨てる覚悟ができてるなら、当時してればよかったのではないか。そういう気持ちだけが発させた言葉だったのだと思います!

    おっしゃる通り、妃依瑠視点では、ただのよくある悲恋の一幕でしかなかった。悲しいことです......。

    強いて言うなら作者の僕が一番ひどいことをしているのかも......。


    > 別の話ですが、別れる前の涼矛と妃依瑠はどこまでの関係だったんですか?

    まぁ何年も一緒にいる20歳を超えた男女が同棲までしてたわけですから、当然いくところまで行った関係でした。
    ヤることはヤってましたね。無論避妊はしっかりしてましたけど。
    婚約こそしてませんでしたけど、涼矛はフられるまではそのつもりでいた、っていうくらいの関係でした。

    2022年4月18日 15:22

  • 第9話 結構簡単に割り切れた。僕の方は…へのコメント

    ヒールはメイコをライバル視し、強烈に意識してたはずなのに1年半もの間取られる心配っていうか諦め?が無かった事が謎。
    単純に残念な子、といえばそれまでだけど、ヒールは二人をナメてる感が如実に出てて腹立ちますね笑

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    妃依瑠的には、明陽恋はすでに脱落したものだと思っていました。自分からの精神攻撃によって明陽恋は別の男性と付き合ったりしてましたし、端的に言えばノーマークだった、って感じですね。

    おっしゃる通り、心の中でナメてる部分があったんでしょうね〜。

    2022年4月18日 15:12

  • 第9話 結構簡単に割り切れた。僕の方は…へのコメント

    良かったですね。まだ他人のために怒り、自分のために怒る人の気持ちも理解する姿勢を持っていますね。
    いくら割り切っても、自分のために感情を動かす人の気持ちを無下にしない方がいいですね。達観し過ぎるのも、破局と絶縁の理由になりますよね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    > 達観し過ぎるのも、破局と絶縁の理由になりますよね。
    これ、本当にそうだと思います。

    彼らのやり取りには、せめて自分は人の気持ちを推察しようと意識して、できるだけ無下にしないように心がけたいなって思わせられる反面教師的な部分がありますよね。

    2022年4月18日 15:09

  • 第9話 結構簡単に割り切れた。僕の方は…へのコメント

    自分勝手なんだな~
    結局ちゃんと相談して泣く泣く別れる感じだったらまだ復縁もあったろうにね

    ヤンデレ化しそうでこわいw

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    勝手ですねぇ。

    ラストの次話も、よろしくお願いいたします!

    2022年4月18日 15:04

  • 第9話 結構簡単に割り切れた。僕の方は…へのコメント

    女怖い((((;゚Д゚))))

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    女性コミュニティで起こってる腹芸の応酬は怖いですよねぇ。
    知らないんですけどw

    2022年4月18日 07:13

  • 第8話 今更な真実へのコメント

    なんともまぁ気の毒な話で、生まれた子に罪はないと言いますが、嫌うというか捨てたくなる理由は分かりますし、これから大変そうだ

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    ですよねぇ。彼女の気持ちにも、わからないではない部分もあるだけに......。

    2022年4月17日 22:35

  • 第8話 今更な真実へのコメント

    うん、別に主人公が結婚しなくても、幼馴染が彼女にならなくても、多分、この元カノなら、事情が知ったとしても、やり直しがないと思います。
    別に元カノの理不尽な事情を無視してるわけではないですね。単に、元カノには、もはや性的な魅力がないだけです。男女の付き合いは性的な魅力から始まり、その後は必ず家族愛に昇華するのです。この二人は既に一回昇華したにも関わらず、元カノ自身がそれを破壊した上棄てたのです。既に情もないし、今更取り戻しをしたくても、こんな浅はかな元カノには、異性として感じるのも無理な話です。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    おっしゃる通りだと思います!
    あると思っていた信頼が否定された経験は、2人の関係を修復困難にしてしまいますよね。

    2022年4月15日 14:07

  • 第8話 今更な真実へのコメント

    妃依瑠少しだけかわいそうって思えちゃう...😞 話し合いはしてないけど浮気とかではないからなぁ...

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    いやはや、実際めっちゃ可哀想だと思います。一般家庭に生まれてたら、こんな悲劇はなかったかもしれませんからね…。

    2022年4月14日 18:41

  • 第8話 今更な真実へのコメント

    不動産業界ならよくある話。
    信用調査機関ともつながりが持てるので、妃依瑠が戻ってこなければ、妃依瑠と涼矛の信用を傷付けることも可能。(この場合、賃貸契約や銀行からの借り入れも不可能になるし、クレジットカードも使えなくなる可能性もあり、駆け落ちなんてそんな甘いことできませんよ。)
    『連絡をとれば、涼矛の人生滅茶滅茶にするぞ』といえば連絡も取れなくなる。
    提携話にしても、提携先にすれば両家の血を引く『子供』さえいれば、妃依瑠の実家の事業に口が出せるメリットがあるので行く行くは妃依瑠の実家の事業を乗っ取って追い出せばいいだけ。
    妃依瑠の実家が、娘に頼った段階でお先真っ暗。
    妃依瑠の嫁ぎ先も妃依瑠はいらない。
    同じようなことをこの先もするのであれば、嫁は不要。
    独身の息子がいればOKなのだから。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    自分は実際のところはよく存じ上げないのですが、そういう、国やらとガップリの業界にはあるイメージですね。

    彼らも本気だったらクレジットに傷がついたり表の世界に居づらい程度は跳ね除けて駆け落ちする手段なんていくらでもあったんです!もちろん険しいでしょうが。

    主人公くんは全編通してのキャラの通り、割と淡白です。俗世を捨てることにもほとんど抵抗はありませんが、元カノは違ったようです。

    その当たり含めて、いろんなものを捨てる覚悟ができず、相談も何もせずに無難な悪い道を取っただけの、そういう話なのです。

    詳しくは書かないかもしれませんが、設定としても嫁ぎ先の方はそれに近い考えを持っています。
    だからこそ今回、元カノは家を捨てて出てこれたのです!

    2022年4月14日 15:58 編集済

  • 第8話 今更な真実へのコメント

    相手の同意なしで行動して事後承諾を拒否られる。
    普通の話ですね。

    そして闇から這い上がってくる女の戦いの記録。
    男には知られちゃ駄目な奴だ。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    ですね、とても当たり前の話です!

    2022年4月14日 15:49

  • 第8話 今更な真実へのコメント

    気の毒といえば気の毒だけど、子供の幸せは考えてほしかった。生まれた子には何の罪もないし。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    ですよねぇ。

    2022年4月14日 12:03

  • 第8話 今更な真実へのコメント

    例え別れる結果になるとしても素直な気持ちで話し合うのって大事だよな
    ヒールちゃんは実家に土下座して戻れると良いね
    一回勢いで捨てたみたいだから肩身すごく狭いと思うけど

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    ですよね。中途半端ってのが一番苦痛を長引かせる癌になりますよね。

    頑張って戻れたとして、この現代に、好きでもない男性と一度捨てた子と一緒にこれからを生きていくことは彼女にとって幸せなのか......。すべてを失うよりはマシなんですかね......?

    引き続きお付き合いいただけますと幸いです!

    2022年4月14日 11:06

  • 第8話 今更な真実へのコメント

    因果応報って事になりそうだね(呆れ

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    可哀想な境遇では、あるんですけどねぇ......。

    2022年4月14日 11:04

  • 第8話 今更な真実へのコメント

    丁寧なざまあへの描写で非常に楽しめました。
    次回がざまあ本番だと思うので楽しみです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    楽しんでいただけたようであれば何よりです!
    次回......本番と言えるほどのざまぁになっているかはわかりませんが、引き続きお付き合いいただけますと幸いです。

    2022年4月14日 11:03

  • 第8話 今更な真実へのコメント

    「脅迫系ー不可抗力」の被害者だな、だかこれは家庭の事
    「話し合う」のは大事です、可哀想だけどもう遅い

    でもこれは「裏切り」とは言えませんよね
    ちゃんと別れるを言ったし、ただ原因を言えないだけ

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    おっしゃる通りですよねぇ。

    > でもこれは「裏切り」とは言えませんよね
    これもその通りだと思います!
    確かに妃依瑠は「主人公を裏切って」はいません。

    もともと自分が本作のタイトルに込めた意図は「積み重ねを裏切る」というところなんです!
    10年以上の時間をかけて信頼関係を築いてきたと思っていたところに、妃依瑠は一切の相談もなしに大きな決定をした。
    僕としてはこの行為自体が「(主人公そのものではなく2人の)積み重ねを裏切った」ことになるんじゃないか、というポイントが大事かな、と。

    2022年4月14日 11:02

  • 第8話 今更な真実へのコメント

    ヒール…、狙ったな?(普通になるほどとか思ったわ)

    子供捨てる親は流石にダメだろ

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    妃依瑠の名前だけは、どうしてもこのネタが使いたくてつけましたw

    > 子供捨てる親は流石にダメだろ
    ですねぇ。彼女の気持ちもわからないではありませんが、なかなか認めようという気持ちにはなりにくいですよね。

    2022年4月14日 10:57

  • 第8話 今更な真実へのコメント

    同情はするけど、前回も今回もちゃんと話せば良かったのに
    仮によりを戻してもこの調子で勝手な考えで動いて浮気とかしそう

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    ですね。
    問題の根本には、そもそも主人公を信頼してなくて独り善がりに動くその性格がありますから。実家に対しても強く当たれないあたりもその性格の現れかもしれません。
    ですから、浮気......はわかりませんが、上手くは行きづらいでしょうねぇ。

    2022年4月14日 09:36

  • 第7話 しゃーなしの対応へのコメント

    なんで正月からこんな話聞かされないといけないのか……主人公前世でどんな悪行を。
    彼女側の事情で情報公開解禁が1/1の12:00からだったりしたんですかね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    まったくもって不遇ですよね......。

    2022年4月14日 09:14

  • 第7話 しゃーなしの対応へのコメント

    子連れでないってのは彼にはバレて無いと思っているんかな?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    どうでしょう!

    2022年4月14日 09:08

  • 第7話 しゃーなしの対応へのコメント

    まぁどんな事情でも何も言ってなかったんだからホント今更感半端ないよなぁ

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    ほんそれ中のほんそれです。

    2022年4月14日 05:51

  • 第7話 しゃーなしの対応へのコメント

    当時一切相談もしなかったくせに今更言うなとしか思わないよねぇ~

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    まじでそれです。
    いっぺん言わずに去るって決めたんならせめて貫いてほしいですしねぇ。

    2022年4月14日 05:49

  • 第6話 今更なプロポーズへのコメント

    みんな大好き修羅場だな

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    みなさんに悦んで(?)いただける修羅場になるかはわかりませんが、愉しんでいただけますと幸いです〜

    2022年4月11日 16:30

  • 第6話 今更なプロポーズへのコメント

    元カノの方に結婚式の招待状送りつけるのかと思ってましたよ、突然向こうから来るとは。
    この時点で約2年くらい経ってるんだっけ?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    主人公くんにとってもヒロインちゃんにとっても元カノは目の上のタンコブでしかありませんから、復讐のためとはいえ、幸せな場である結婚式にわざわざ不穏分子を招くようなマネはしたくないと彼らは考えてる感じです!
    そもそもすでに主人公くんは復讐したいと思うほどの感情を元カノに抱いていないというのもあります。

    フられた時点からおよそ1年半が経過していますね!

    2022年4月11日 16:28

  • 第6話 今更なプロポーズへのコメント

    ついに来たか
    望まない政略結婚強要だとしてもそもそも主人公と別れる別れないの前に全部話すのが筋だよな話さず一方的に消えたら嫌われてもしょうがない
    ましてや子供まで作ったならもう主人公の事は忘れて覚悟決めるべきだよ

    ただそれだけじゃ正直まだ彼女にも同情の余地が大きくてすっきりとしたざまぁな気分にならないから、ここは作者様に期待してます!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    本当にそれですよねぇ。

    1話冒頭にもあります通り、完結後もすっきりしていただけるかは微妙なところがありますが、元彼女は残念ながら(?)ハッピーな未来は訪れないことだけは確定です!
    引き続きお付き合いいだけだけますと幸いです。

    2022年4月11日 16:20

  • 第6話 今更なプロポーズへのコメント

    住所どうやって知ったんだろ🤔?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    ぜひ次話、見届けてやってください!

    2022年4月11日 16:16

  • 第5話 同棲と目撃へのコメント

    元カノは恋人(主人公)の存在を親に伝えていれば政略結婚する必要なかったとしたら大後悔だろね。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    そのあたりの話は続く話で!
    引き続きよろしくお願いいたします

    2022年4月9日 23:26 編集済

  • 第4話 まずは足元からドアの中に作戦へのコメント

    監視アプリ入れられたか?

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    どうでしょう!
    引き続きよろしくお願いします。

    2022年4月6日 23:13

  • 第3話 朝と昨晩へのコメント

    >うーん、可愛いですねぇ。
    手のひら返し早すぎワラタw

    作者からの返信

    コメントありがとございます!

    実際こんな感じになっちゃうことありますよねw

    2022年4月6日 23:11

  • 第2話 始まりへのコメント

    付き合っていた事を知っている中高大学生時代の共通の知人友人は、今の状況を知ったら離れて行くんだろうな。

    だが、長く付き合ってきたのに主人公の彼女との関係も関心も薄すぎるわ。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    振る舞いは人によって違うでしょうが、今までのままではいられない人は少なくないでしょうねぇ。

    薄いですよね〜。このあと続くお話を通じて、人によっては更に「薄い」と思うかもしれません!

    2022年4月3日 04:00

  • 第1話 終わりへのコメント

    振られた後のこの淡白さ。かなりリアルっぽくて良いです。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    お気に召していただけたならなによりです!

    2022年3月30日 14:18