死後の世界で生前譚、語られるのは謎解奇譚、理論破綻の推理譚、唖然失笑真相譚、悲嘆感嘆後日譚、ミステリーの超異譚

作者 静 寒寝具

102

36人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

現実においては死人に口なし、死者は語らない。だがこの作品は、死者が語る。謎を出す。
時間だけは無限にある暇を持て余した死者たちの謎解き、なんだかとても楽しそうだと思うのは私だけでしょうか。
章ごとに様々な謎のバリエーション、手軽さ、ミステリに馴染みがない人でも楽しく読めることでしょう。
また死者たちも個性的で、ぐいぐい読み進めさせてくれます。
ぜひともお気軽に手に取ってみてください。きっとこの死後の世界に引き込まれることでしょう。
一緒に謎を解きましょう、ご一読ください!

★★★ Excellent!!!

死後の世界なので死ななくて、ひたすら暇だから謎解きで時間を潰そう、という変わった切り口のお話。

死後の世界なので、謎の語り部が殺人の被害者だったりします。
死後の世界なので、古い時代の人が来たりもします。
見た目も若返ったりアバターだったり、個性豊かです。

死後の世界とは言いますが、悲惨さ凄惨さはなく全体的にゆるい感じ。
ゆるく謎解きを楽しめます。

★★★ Excellent!!!

舞台は死後の世界。時間が無限にある死者が、生前の謎を解き明かすために推理する。
こう書くとかなり重苦しく聞こえるかもしれませんが、至って軽快でコミカルで、読みやすいです。

徹子の部屋とか新婚さんいらっしゃいみたいにゲストが登場し、生前の謎を、退屈にもがき苦しんでいる古参の二人の死者たちに呈示して、推理合戦します。

謎もバリエーション豊か、ゲストもバラエティー豊かで、読者を飽きさせません。

また、随所につい人に話したくなる雑学が散りばめられております。作者様の博識さにも驚くばかりです。

(冷やし中華始めました殺人事件まで読了のレビュー)

★★★ Excellent!!!

あの世でただただ暇つぶししている、ずっとそこに居続けるしかない二人のところに、毎度毎度天寿を全うした方がやってきます。二人はこれ幸いと、生前どんなことがあったのかを新入りの死者さんに聞いてゆきます。
人の人生それぞれにいろんなエピソードもあり謎もあり。それを紐解いてゆくのが、この二人にとっての最大の暇つぶしで楽しみ。
中には考えてやったことではなく、結果的にそうなっちゃった謎もあって推理するのがとても楽しそうです。
あなたも、この二人と一緒に謎ときに興じてみませんか?