Wicca

山本レイチェル

ダチュラとレオナール

「ラブレターの概念が近年変容しつつある件について、アンタはどう思う?」


「それは、時代と一緒に変わると思うよ」


 紅茶のティーバッグのパッケージに掲載されていた『レンジで簡単!ロイヤルミルクティー』を客に差し出し、赤い髪をした少女は小さくため息をついた。彼女が一人で切り盛りをしているこの雑貨店に普段、客はほとんど現れない。なので、久しぶりの来客に心を躍らせ扉を開いたものの、戸口に立っていたのはこの古い知り合いだった。


────まぁ、いいか。話が長いけれど、一応お得意さんだし。


 少女は気を取り直して、戸棚からお菓子の瓶を取り出し、客の長話に対峙する準備をした。


「だからさー、やっぱ気持ちを伝えるのは肉筆と、血と汗が染み込んだ紙でないといけないと思うんだよね。アタシ……ずず〜」


 話し終わる前に、音を立ててミルクティーを啜り、口の端を舐める。粗野な仕草でも可愛らしく見えてしまうのは、客人の容姿の良さのせいだろう。透き通るような白い肌に絹のような艶やかな白い髪。その隙間からは飾りなのか、本物なのか、大きな羊のツノが生えている。歳の頃は、ローティーンと言ったところだろうか真っ白のブラウスにハーフパンツ、ニットのニーソックスがよく似合っている。そんな客人の姿を繁々と見つめながら、店主の少女ことダチュラは、自分用として丁寧に淹れた紅茶に口をつけ客の意見にコメントをした。


「血と汗が染み込んだラブレターは気持ちが悪いなぁ」


「え?そう?気持ちと一緒に匂いも届けられるし効率いいじゃん」


「効率……」


 ダチュラはいろいろな考え方があるなぁ。と、理解ある風を装い、深く考えないことにした。そもそもこの客人は、羊のツノと揃いで瞳もそれと同じ、四角い形をしていた。それでも、人の形をして店に来るので、それとして対応をしているが、きっと人ではない。いつも『ラブレター』を書くと言って便箋や封筒を買っていくので、ラブレターさんと呼んでいるが、名前すら知らなかった。


「で、ラブレターさんは、今日はどんなものをお探しですか?」


「んー特にこんなのが欲しいって訳じゃないんだけどぉ……」


 ラブレターさんは、勧めてもいないのにクッキーを手に取り、頬張りながら小首を傾げた。


「強いて言うなら……そこそこ年齢が言っていて、モテないわけでもない男の心を鷲掴みにするようなレターセットかなぁ。アンタ、魔女でしょ?もうさ、媚薬を練り込んだ紙とかさぁ、もう文面なんて読まなくても、開封した瞬間にギュンってくるようなのがいいかなぁ」


 ラブレターさんはニヤッと口角をあげ、“ギュン”に合わせて股間付近で拳を握った。


「めちゃめちゃ具体的に決まってるじゃないの……少し時間もらってもいい?」


「作れる?今夜にでも使いたいから、なる早で。でもその前にミルクティーおかわりちょうだい」


 ラブレターさんは豪快にミルクティーがたっぷり入っているマグカップを煽り、ドンと音を立てて机に置く。すかさずダチュラが、牛乳のパックと紅茶のティーバッグが入った缶をその横に置いた。





 ダチュラの店は、表向きはアンティーク小物を中心に品揃えをした、こぢんまりとした雑貨店である。しかし、彼女の職業は『魔女』だ。特に毒の調合が得意で、その毒をうまく使えるように小物と合わせて細工をし、販売している。なので、開封した瞬間に媚薬が香るレターセットなんて、得意中の得意だった。

 得意なオーダーに気をよくしたダチュラは、鼻歌まじりにオーダーの商品を作り始める。ラブレターさんは並々と牛乳が注がれたマグカップを両手で包むように持ち、ダチュラの背中に話しかけた。


「ねぇねぇ、ラブレターのさ、使い道。知りたい?」


「え?うん」


 別に知りたくもないけれど。ダチュラは内心でツッコみつつ、調子を合わせた。そんなダチュラの様子に構いもせずに、ラブレターさんは調子良く語り始める。どうやら時間を持て余しているようだ。


「失恋をね、したばかりの人って、弱ってるじゃない。だからアタシね、それを狙ってこう、バクバクーって頂くんだよ」


「ん?」


「だからこう。性的な意味でバクバクーって。だから、お邪魔する前にラブレターを出してぇ、まあ一応?恋人になるポーズをとっておくんだー」


「へえ」


 作業をしながらなので、生返事を返すダチュラに気を悪くしたのか、ラブレターさんは声のボリュームを上げて続ける。


「こぉーんなかわいい姿だけど、アタシ。悪魔なんだよー」


「あー」


「意外だった?真っ白でかわいいもんね。失恋悪魔って呼んでね」


「あーうん。そうだね。てことはサキュバスとかそんな感じ?」


 やっとまともに帰ってきた返答に、ラブレターさんは嬉しそうに身を乗り出す。


「悪魔って呼び方もだけど、人間が勝手に作った呼び名だからなぁ。あえて言うと、そう呼ばれる時もあるしぃ?インキュバスと呼ばれる時もあるかなぁ。アタシは、どっちもあり。隙のある人間に取り入って、色々いただくことで存在していられるっていうか?だからラブレターは、私なりの流儀っていうか、仕事道具って言うかぁ?まぁ、そんな感じで結構大事に──」


「はい」


 ラブレターさんの話の途中だったが、ダチュラは完成した媚薬の香るレターセットを鼻先に突き出した。


「ふんふん。いいね。いい匂い。いくら払えば良い?」


 その出来栄えに、ラブレターさんは満足そうだ。


「悪魔ならお代はいらないよ。仲良くしよう。僕は魔女のダチュラ」


 にこやかに握手を求めるダチュラに、ラブレターさんはしばらく、思案するように視線を這わせた後、改めて笑顔を作った。


「よろしく。アタシの名前はレオナール。会いたくなったら、名前を呼んでくれればいいよ。気が向いたら来てあげる。あと呼ばれなくとも遊びにくるね。アンタとは、牛乳の趣味が合うから」


 そういってラブレターさんことレオナールは、ダチュラの手の甲にキスをした。



 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る