それは非売品です!~残念イケメン兄弟と不思議な店~

作者 白井銀歌

62

24人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

『残念イケメン兄弟』という言葉が入っているとおり、『残念イケメン兄弟』のお話なのですが。
悪い方の「残念」ではなくて、時に可愛らしく、時に大ボケな、といった具合の「残念」なイケメン兄弟のお話です。
どのお話も楽しく読めて、時にお腹を抱えて笑ってしまう時もあるくらいですので、澄ました顔で笑いをこらえる事ができない方へは、公共の場で読む事がお勧めできないくらいです(笑)
楽しいお話が読みたいな~、と思われている方は、是非!
ものすごく、お勧めです!

★★★ Excellent!!!

美形で天才錬金術師だけど、欲深くて残念な弟のジェルマン。
イケメンで運動神経抜群だけど、幼稚で残念な兄のアレクサンドル。

二人が経営するアンティークショップ「蜃気楼」には、古今東西の珍しい品物が並べられています。めったにお客は来ないけど、来るのは神様や魔人など豪華な者たちばかり。

愉快な仲間がそろって、なんでもありの楽しい物語が展開されます。
どうなっちゃうのとハラハラする事件あり、思わず笑ってしまう珍事件あり。そして、性格は違えど仲の良い兄弟の姿に、微笑ましく思うこともあり。

さまざまな騒動に巻き込まれる残念イケメン兄弟の賑やかコメディ。
楽しい物語を読んで、笑って癒やされたい方にオススメしたい作品です!

★★★ Excellent!!!

「もし永遠に生きられるなら何がしたい?」
 そんな問いかけから始まる物語。
 ひょんなことから不老不死になった錬金術師の兄弟たちのお話です。

 兄のアレクは、いつも世界中を旅しています。
 行動力も戦闘力もあり、まさに頼れるお兄ちゃん。しかもモデルだってできそうなイケメンなのです。
 それなのに、なぜか残念な行動がちらほら。いつまでも少年の心を忘れない、自由奔放な人です。

 弟のジェルは、そんな兄を支えるしっかり者。
 魔術・錬金術の知識が豊富で、とても頼りになる弟。そして女性もびっくりするほどの美青年なのです。
 それなのに、お金に目がくらんだり、なんとな~く残念な一面が見えることも。やはりアレクと血のつながった兄弟ということなのでしょう。
 (´艸` )

 そんな兄弟が営む不思議なお店『蜃気楼』。
 アレクが世界中から仕入れた品物を並べ、ジェルが店主としてそれらを売ります。
 ところが、このお店には誰でも入れるわけではありません。
 普段は外から見えないようになっており、商品にゆかりのある人物が訪れたときだけ中に入ることができる仕掛けになっているのです。

 そんなお店にやってくるのは個性的豊かでクセの強いお客さんばかり!
 次から次へと騒動が起き、どんどん予想外の展開へと突き進んでゆきます。
 しかも、神話や伝説や歴史に絡んだ話も多く、作者様の知識量とアイディアの豊富さに驚かされます。

 そしてこの作品の最大の特徴は「コメディ」であること。
 どこを読んでもユーモアたっぷりで、エピソードが進むにつれてギャグの切れ味が鋭くなってゆき、笑わずにはいられません!
 中にはタイトルだけで笑わせてくる回も!
 ((´∀`*))ワハハ

 この作品を読むたびに、何度も元気をもらっています。
 ときには兄弟の仲の良さにほのぼのすることも。
 とくに冒頭の二人の会話がとても… 続きを読む