えー、中学ではBSS部に所属し、脳を破壊されまくっていました

作者 あたし黒髪のようにとけそうな気がする

43

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

BSS(ぼくのほうがさきにすきだったのに)という用語を説明するのは野暮かも知れないが――というよりも、字面を見たらだいたい解ることかもしれないが、一応話そう。


ぼくの方が先に好きだった相手に恋人が出来て、一人苦しむそういうジャンル。それがBSSだ。

物語の主人公は、このBSSを極めており、自分がBSSする相手が解る。
……つまりは自分が失恋未満の大ダメージを受けることが解っていながら、運命にしたがっているのである。

俗人には解らない修行僧のような境地だが、これが彼にとっては心地よいモノなのだ。
たまにめちゃくちゃしんどい物語を読みたくなる感覚に近いといえば、識者諸氏にもおわかりいただけるだろうか。


とかく、そんな不毛で地獄のような生活を送る彼は、BSSを繰り返す。
なんと悲劇的で恋多き青年だろうと思うかもしれないが、これにだってきちんと理由がある。
打ちひしがれ、達観し、脳を破壊され続ける彼が辿る末路とは?


是非ともその目で、物語の結末を見届けて欲しい。

文句なし! 星三つである!