ハルキストの憂鬱な宴

作者 卍丸

この文章を好きであることを誇りたい、そんな小説

  • ★★★ Excellent!!!

文章が面白い。
そして、出て来る偉人たちも、コミカルで、でも彼ららしさがある、と私は共感を覚えました。

ストーリーは在って、無いようなもの、なのではないでしょうか? 違ったら申し訳ないです。
それに、SFであることは確かですが、その世界観や設定、現実世界の改変の表し方は、さほど重要ではない、とされていると受け取りました。

重要なのは、SF的なディストピアの雰囲気の中で、均質的で退屈な生活の中で、小説が色づき、文字だけが本当の意味を持ち、媒体を通してかつての偉人、文豪と繋がる疑似体験、だったのではないでしょうか。

私はそのように読んだのですが、そのように、というのは読んで感じたものを、どうにか形にしたまでで、私の読後感が果たしてそのようなものだったのか自信が持てません。

だから皆さんにも読んで頂き、何を感じ取ったのか、お話ししてみたい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

杜松の実さんの他のおすすめレビュー 228