「これ椅子じゃないんですか?」「角川武蔵野ミュージアムですけど」「?????」

作者 萌木野めい

128

45人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 でも、座れちゃう。そう、彼女ならね!

 動画共有サイトで、それなりの人気を博すガイでしたが、もっとこの道を極めてみたいと、動画制作の協力者を募集してきたところ、フックしたのがツカサちゃんという女の子…。

 もうこれは読んでびっくりしてもらうしかないのです。結構ぶっとんだ設定でして。コメディテイストの雰囲気のせいで、まじかーー!? とは思いつつ受け入れてしまう自分が。

 見た目も好み、アイデアも知識も豊富。こんな子がアシスタントならどんなに制作が捗るかというスペックなのに、ひとつだけの大きな(色んな意味での)問題点のせいで、彼は散々頭を捻る事になります。

 でもこれも有名になるための挑戦のひとつ!
 ツカサちゃんのアイデアを取り込みつつ、ぜひ人気の動画を制作して、進路を確実なものにしていただきたいと、彼と彼女を応援したくもなる、ラブコメの香りも感じるお話です。

★★★ Excellent!!!

豊かな自然が様々な物語の題材となり、有名になった武蔵野。かつて緑豊かだったこの地は、時代の流れと共に発展し、今や巨大な“椅子”まで建築したという。その椅子が似合うのは、奇しくも武蔵野に生きる大きな女の子だった。

コミカルに描かれた崖と丘のやり取り。
武蔵野の朝を呼び覚ました丘の一声に、何事かと思えば彼女は何と!その正体は是非本編にて。

YouTuberである崖とファンの丘。二人で制作する動画は一体どんなものになるのか、恋愛にもコメディにもなりうる物語の愉快な冒頭でした。