教室リバーシ ――双子姉妹にはさまれ生活

作者 玩具堂

66

22人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

それはたとえば1話「姉と妹」の中における、「雨恵の指の動きに合わせて、きゅっと体の奥の方を締め上げられた気がした。」というフレーズだったり、9話「背比べ」における背比べの含意であったり、11話「黒猫」における「猫の本能」に籠められた質感であったり、つまりは三人の間に交わされる感情と情感の機微です。
ある意味では見た事がある筈の、ある種の「型」が、この作品の中では全く別のものへとブラッシュアップされている。
この、機微の解像度の高さがこの作品の魅力なんだと思いました。

★★★ Excellent!!!

昔の作品(子ひつじなど)からとにかく玩具堂氏が書かれる男女キャラの距離感の塩梅がとても好きなのですが、今回の作品でも素晴らしいキャラの距離感が書かれていて、読んでいて思わずニヤけてしまいました。今回は連作掌編集ということで謎解きの要素が無く少し残念でしたが、逆にこれからの謎解きのある作品がもっと楽しみになりました(笑)。これからも玩具堂氏の作品を楽しみにしていますので、沢山玩具堂氏の本が読みたいです!応援しています!
(それと子ひつじの新作のようなものをどうしても見たいです。よろしくおねがいします。笑)