デブでいじめられっ子の俺、美人女優とお近づきになるために痩せて俳優目指します。〜ところで美少女アイドルや売れっ子女優と仲良くなれたんですが、距離が近すぎませんか?

作者 和橋

自己評価最低の男子が『あるスキル』で女優ヒロインと幸せになる物語?

  • ★★★ Excellent!!!

自己評価最低の主人公が隠していた力を発揮し、モテモテになる話・・・のハズ(完結してないため予想)

ちょっと肥満気味の主人公は、周りから底辺男子扱いで、暴言を浴びせられたり殴られたり。

そんな彼は自己評価が極端に低いが、無自覚の俳優の才能とスキルを秘めていた。その力を発揮させると、本物思考で向上心の高い周りの俳優のスイッチが入り、みんなが最高のパフォーマンスを発揮する。

一方で中途半端な人は、主人公との才能の差に絶望し去っていきたくなる。

周りを巻き込む大きな影響力をもっている。これこそ、主人公の最も素晴らしい人間力だと思う。

その魅力にヒロインたちが、次々に気づき堕ちていくかもしれない物語。

「あの俳優、自分みたいだ。ちょっとカッコ悪いかも。このままじゃまずいな」と自覚する瞬間がやってくるかも?

この小説を読むと、自分を鍛え直したくなる読者も多そう。向上心が高い人ほど、この小説にはまると思う。

とはいえそんな話ばかりではなく、無自覚の主人公がおそらく、ヒロインたちを引き寄せる才能を発揮させて、騒動を引き起こし、いずれ修羅場になる予想も。

イチャイチャも期待できるかも?

イチオシ!
★3個じゃ足りない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

新川世紀さんの他のおすすめレビュー 226