第5話 オーク

 「我が妹、グェンラーナである」


 ディクスドゥは、寝床に横たわるオークの傍らに、膝をついて宣言した。


 ――でかい。


 それが、エイダンの率直な感想である。

 ディクスドゥの身長は、目算でざっと二ケイドル半だが、妹のグェンラーナは、彼より頭一つ分は大きく見えた。


 男性のオーク達と比べると、下顎から突き出した牙はごく短い。鼻筋もやや細く通っていて、人間の感覚からすると、『整った顔立ち』に近く思える。

 ただし、筋肉量は男性と遜色ないか、もっと逞しい。両胸が大きく張り出しているが、胸筋なのか、人間の女性と同じ特徴なのか、よく分からない。


 その胸から右肩にかけて、包帯が巻かれていた。

 呼吸音は聞こえるが、瞼は閉ざされ、意識がないようだ。


「この、右肩ん所を怪我しとるんですね?」

「そうだ。これが凶器だったと、テレンスめは言っていたが」


 布にくるまれた細長い何かを、兵卒のオークが掲げてみせ、ディクスドゥがそれを受け取る。

 取り払われた布の中から現れたのは、ずっしりとした、丸太に近い木製の棒だった。一応、削って加工されたような痕跡があるが、ごく原始的な技術によるものと思われる。


「……テレンスさんが?」

「数日前、ぐったりとしたグェンラーナと、あのテレンスと名乗る人間が、村の近くで見つかったのだ」


 ディクスドゥは、苦々しげに語った。


「グェンラーナは、いずれ我が一族のおさとなる、最も武勇に優れた女。より武芸を磨き、他のオークの村の長達に、次期族長として顔を通すべく、ここ一年は一人旅に出ていた」

「ごっ……ごうげな話ですね」

「うむ。今は亡き、我が母も長であった。オークの女は平時であれば、どんな敵にも遅れを取りはせん」


 オークの族長には、通常女性が就任するものらしい。

 女性が稀少で、しかも母体から生まれるオークには特別な力が備わっているとなると、母へのある種の崇拝や信仰が生まれ、母系社会が形成されるというのは、なるほど、ありそうな話だ。


 社会科目全般が好きなエイダンは、自分の置かれた状況を忘れて、異種族ならではの文化形態に、興味深く感心した。


「……そのたけきグェンラーナが、このような不覚を! 一体、いかなる卑劣な行いがあったのか! 我らはテレンスから聞き出そうとしたが、奴は逃げ出してしまった!」


 どん、と辺りを揺るがす勢いで、ディクスドゥは拳を床に叩きつけた。エイダンは危うく転びそうになって、我に返る。


「申し開きもなく逃げたという事は、すなわち……テレンスこそが、グェンラーナのかたきであるという証!」

「そうとは限らんですが……」


 何の関係もないエイダンでも、今すぐここから逃げ出したいとは思っている。どうにか冷静さを保っていられるのは、この場に自分の診るべき怪我人がいるからだ。


「とにかく、ちょい、診断させて貰います。新しい包帯と、消毒に使えるような……強めの蒸留酒とかがあれば、用意をお願いします」


 グェンラーナの傍ら、デクスドゥのすぐ隣にひざまずいて、エイダンは言った。


「それと、風呂も。患者さんがゆったり入れるくらいの、湯船があるとええです」

「風呂?」

「治癒術に使うけん」


 眉をひそめるデクスドゥの前で、打って変わっててきぱきと、エイダンは水鉢で手を洗い、グェンラーナの包帯をほどきにかかった。



   ◇



 「えっ!?」


 思わず、エイダンは声を上げた。

 包帯を解いた下、グェンラーナの右の肩口には、ごく浅い傷があった。

 治癒術を使わなくとも、清潔と安静を保っていれば、じきに塞がりそうな程度の切り傷だ。


 ただし、その傷の周囲には、薄く氷が貼りつき、霜を伴って、肩の皮膚を凍てつかせている。

 呼吸もしているし、脈拍も確認出来るのだが、まるで胸から上だけが、凍死体となったようだ。


「これは、呪術……『呪魂凍結フリージング』ちゅう、水属性の呪いに近いもんが、かけられとりますね」


「我々オークには、魔術は分からん。オークの『癒やし手』というのも、もっぱら薬草の知識や、縫合技術を持った者の事を指す。生憎と、この村には今いないのだが」


 エイダンの言葉に、ディクスドゥは仏頂面で首を振る。


「こういう卑怯な力を使うのは、人間であろう」


「いんや、どうでしょう……さっきの、木の棒が凶器っちゅう事でしたよね? あんなんで刺しても、こんな傷にはならんですよ。先端は丸いし、魔道具マジックアイテムでもなさそうじゃったし」


「あの棒の先端は、鋭く凍てつき、刃となっていたのだ」


 ディクスドゥが、グェンラーナの肩口の患部を指した。


「丁度、槍の穂先のように。氷の刃自体は、数日で溶け消えてしまったが、突き刺さった断片は取り除けず、ああして未だ皮膚に貼りつき、呪いを広げている」

「消えた?」


 エイダンは驚いてき返した。

 つまり、金属や木に呪術を封じ、魔道具マジックアイテム加護剣アミュレットソードにしたのではなく、呪術によって具現化したを、数日間維持させていた、という事になる。

 それは、膨大な魔力を必要とする力技だ。


 しかも、それほどの強力な魔術を使いこなしながら、魔術をまとわせた武器は、妙に原始的な棒と来ている。

 最初に見た時は、何か分からなかったが、恐らくあれは、投擲槍ジャベリンの一種だ。

 ただし、普通の人間が投げられる重量ではない。少なくとも、エイダンには無理だろう。


 ……どうも、話がちぐはぐではないか。


「ほんまに人間技かいなぁ……」


 首を傾げつつも、エイダンはグェンラーナの容態を、引き続き診断しようとした。


「失礼します」


 と断って、胸から下に掛けられた毛布をめくり、手首でも脈を取る。それから、胴体の体温を確かめた。


「あ、これって……」


 ひとつ呟くと、注意深く、腹部に触れる。ややあって、彼は安堵の息を吐いた。


「どうなのだ。治せそうか?」


 横で、じりじりと様子を伺っていたディクスドゥが、牙を剥いて問い質す。怖い。


「うん……多分。『呪魂凍結フリージング』の解呪は、前にも一度、やった事ありますけん。風呂さえあれば、出来ると思います」

「ほう。それでお前達、ユブネとかいう物は、用意出来そうか?」


 ディクスドゥは、テントの入口で待機する兵卒達の方を振り向いた。

 先程から、彼らは手洗い用の水を用意したり、包帯や消毒用の酒を持ってきたりと、入れ代わり立ち代わり、忙しく働いている。


「戦士長、グェンラーナ様の浸かれるような容れ物は、なかなか難しいがいちゃ。そんだけの大量の水も、すぐには……」

「『とむらい手』に、今から急いで、棺桶かんおけを一つ作って貰うんはどうけ?」


 困り顔の兵卒の横から、ノッバが口を挟み、


「グェンラーナ様を墓に入れる気け!?」

「ふざけんなま!」


 と、頭をはたかれる。


 エイダンは、目を瞬かせた。

 シルヴァミスト人は無類の入浴好きだから、どんな小さな村落にも、湯船の一つ二つはあるものだ。この国にいる限り、どこでもそうだと思っていたが――まさか。


「あの、ひょっとしてこの村には、湯に浸かるっちゅう習慣がなぁですか?」

「ない」


 至極端的に、ディクスドゥは答えた。


「風呂ならあるぞ。岩屋の中を暖め、蒸気で満たして、汗と垢を出した上で冷水をかぶって流すものだ。疲れが取れる」

「ああ、蒸し風呂」

「その形の風呂では、お前の治癒術とやらは使えんのか」

「……出来なくはなぁかもしれんですが、どの程度の効き目になるか……それと、蒸し風呂には他の心配事が」

「いや、あい分かった」


 言い募るエイダンを、ディクスドゥが押しとどめる。

 そして、やにわに彼は立ち上がり、兵卒達へと告げた。


「湯船なら、ある。『母なる樹』の泉へ向かうぞ。グェンラーナと癒やし手を連れて!」


 その場に集まったオーク達に、動揺が広がり、皆が顔を見合わせる。


「戦士長! 『母なる樹』のもとに、人間を連れてくんけ!?」

「しかも、あの泉で魔術を使わせると!?」


「次期族長の危機なのだ。大いなる祖先の霊も、許して下さる!」


 ディクスドゥの決意は、固い様子だった。

 エイダンは遠慮がちに挙手をして、質問を試みる。


「ええと……どこへ……? 俺が行ったら、なんか、やれん所ですか?」

「気にするな。別に、人間を踏み入らせてはならん、という掟はない。勝手に踏み荒らした人間は、大体首をねじ切ってきたが」


 気にするなという方が無茶な物言いだったが、一先ずエイダンは、「そがぁですか」と小声で相槌を打つ。

 ディクスドゥは何事か、オーク達に指示を飛ばしてから、今一度エイダンを振り返った。


「少し山を登るぞ、癒やし手。『母なる樹』の泉は、この村の水源だ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る